FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジョージ・ハリソン アイ・ミー・マイン展 in 渋谷

IMG_6828.jpg



今日はジョージ・ハリソンの誕生日。
生きていれば75歳。
それを記念して開催中の、『ジョージ・ハリソン アイ・ミー・マイン展』を見に行ってきた余韻が残る
寒くてしずかな日曜日です。
(世の中的にはピョンチャン五輪の最終日だったり、東京マラソンだったり賑やかなようですが。)



この展示は、すでにロサンゼルス、ロンドンでも開催されて好評だったようですが、
それらの街では、どんな会場で開催されたんだろう? と、
やっとたどり着いた会場で、ふと頭をよぎりました。
昨年見たデビッド・ボウイの回顧展は、海の近くの大きな倉庫で開催され
底冷えに耐えて何時間もかけて鑑賞し、いよいよくたびれた~とネをあげ未練を残しつつも退散した、
そんな記憶がまだ新しかったのですが、
ジョージの会場は、正直言って、こんなに狭い場所で、と驚きました。


最近用事もなく、ご無沙汰しているとはいえ、渋谷は気が向きさえすればいつでも行ける街なので
気が向いた時にプラ~っと出かけようと思っていたのですが
ちょっと調べてみると、週末は日時指定の、平日でも日にち指定の前売り券を購入する必要があるようです。
おやおや大変だ。気まぐれに行くことも出来ないのかい。
それでも行く前に気がついてよかった、と当日チケットを受け取る方法で予約して出かけました。


大工事中の渋谷駅を抜け、ヒカリエ2階でエレベーターを待つ間からちょっとドキドキが始まります。
8階に付いたら目の前には大きな受付があって、人がたくさんいて・・・。
そんな賑やかな想像をしながら、上昇していくエレベーターに乗っているのはわたしひとりだけ。
8階に到着し、「チ~ン」とドアが開くと、あれ?
し~んとした廊下を、このビルのオフィスに勤める若い女性が業務的な話をしながら歩いてきて
あっという間に去って行きました。
左右に長い廊下を、さて、どっちへ行ったものか。


不案内だなぁ、慣れていない人だって来ちゃうんだからね~。
と思いつつ挙動不審にならないよう必死でがんばって、やっとこさ見慣れたジョージのポスターに胸をなでおろすと
会場の入口には、小さなテーブルがひとつ。
ノートPCで物静かな若者がわたしの番号と名前をチェックしてチケットを渡してくれました。
静かです。
ジョージらしいって言えば、そんな雰囲気です。
奥のスペースからはジョージの曲が聞こえてきますが、それでも静か。
人の話し声はいっさい聞こえません。


受付の後ろの壁に、初めて目にする写真があったので、まずそれをじっくり眺めてから、
「I ME MINE」の歌詞が書かれた額の前へ。




IMG_6829.jpg





「ここから先は撮影禁止」の張り紙を見つけたので、
受付のお兄さんに一応確認してから、記念に2枚撮影。



奥のスペースへ入っていっても想像をまったく超えない手狭さ。
それでも、壁に掲げられた手書きの歌詞を読みながら心の中で歌ってみたり、
それぞれの下にあるジョージの解説を、ひとりづつ独占しながら
ゆっくりと進むことができました。

歌詞やコードの書き直し、メモの書き方、手紙の宛名・・・
その方法はわたしたちとそんなに変わらないように思えます。
もちろん、その中身がまったく違うんですけど、ね。


近年になってオリビアさんが見つけたという、ジョージがリンゴのために作った曲
「Hey Ringo」の前に立ったときは、
映画『リビング イン ザ マテリアル ワールド』での、Ringoがジョージのことを話しながら涙ぐんだシーンを
思い出さずにはいられず、
この曲を聴いてみたかったと残念でもあり、今頃見つけさせるなんて、とジョージらしいとさえも思えてしまいました。


最後に、スペースの中央のガラスケースに気がつきました。
中には黒いコートが置かれています。
映画、『レット・イット・ビー』の最後にアップル・ビルの屋上でゲリラライブをした時に
ジョージが着ていた、あの黒いコートです。
見つめていると、初めて映像で見たときの感情が蘇りました。
もう何年経過したのかも思い出せないほどの昔ですが、
最近は、父や母の年老いた姿に触れるたびに昔のことを思うせいか、
あの頃が身近に感じるようなところがあって
ジョージの大ファンだった反抗期真っ只中の高校生の自分が
このコートを見たら喜ぶだろうなと考えると、込み上げてくるものがありました。


会場を出てエスカレーターで降りながら
『東急文化会館のDNAを引き継ぐクリエイティブスペース』と
ヒカリエのHPで読んだのを思い出し、そうか、今いるのは、あの文化会館と同じ場所なんだと思うと、
子供の頃に連れてきてもらったプラネタリウムに並んだこと、
300円で何度も同じ映画を見た名画座のこと、
大きなスクリーンのパンテオンでたくさんの友人と観た「E,T」、
なんだかいろいろ思い出します。
駅の汚い階段も、もう歩き納めになるかもしれないから
今日は渋谷に来られてよかった。
きっかけがジョージ展でよかった。










スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

コナラさん、

おはようございます。

この先週末からずっと肌寒い朝が続いています。
予報では今週も引続くとのこと。

ジョージハリソン展があったのですね。
こちらでもあったと書いておられますが、自分の耳には届かなかったようです。
比較すれば確かにデビットボウイの時は派手だったと思います。

亡くなる前に「Hey Ringo」という歌詞を綴ったとのことですが、彼が歌ったらどんな感じなのか気になります。

東急文化会館という文字に目が止まり、しばらく考えたのですが、何も頭に浮かばず。
それに続きプラネタリウムと文字を見つけて納得しました。

このプラネタリウムには親に何度も連れて行ってもらった記憶がはっきり残っています。五島プラネタリウムって呼んでいましたよね。

今調べてみたら建物ごと2003年に解体されたとの事。
渋谷駅(東横線や井の頭線のホームなど)が大きい工事をする事はインターネットを通じて知ってましたが、その他にも工事が始まり、町自体変わって言っているのですね。なぜか寂しく思えます。
おそらく自分が知っている風景がなくなってしまうからだと思います。
それはロスアンジェルスにも全く当てはまり、人生の中で相当の回数、切ない思いをしてきました。

今日はまた、コナラさんが書かれた小説を読んだように気になった日曜の朝となりました。
これで素敵な日曜が過ごせます。ありがとうございました。

TCさん

こんにちは。
まだそちらも肌寒い日々でしょうか。
こちらは、今週の予報を見ると、明日辺りから大荒れ模様で気温もぐっと上昇するようです。
そのまま春になるなんてことはないので、一旦温いのに慣れた後の寒さを耐え忍ばなけれななりません笑

渋谷がずいぶん大規模に生まれ変わるようなニュースは前から知っていたのですが、実際に歩くとなんとも言えない気持ちになりますね。
JRと東急と京王の乗り継ぎは、ほとんど迷路ですし、
最近は外人さんが大勢遊びに来ていらっしゃって
ハチ公の前やスクランブル交差点で写真を撮っているのを見かけましたが
どうやって来たのかな?乗り継ぎ大変だろうな~と
大きなお世話ながら思いました。
最も、よく調べられていて、わたしより詳しいかも知れないですけどね。

五島プラネタリウム、TCさんも何度も行かれたんですね。
夏休みに階段で相当並んだあとにやっと観たプラネタリウムは、本当にワクワクしたものでした。
映画館も何度も通った懐かしい場所です。

今では街を歩くビジネスマンを見かけても、自分の息子よりうんと若くて
渋谷でもどこの町でも、もうそういう方たちの活躍する場であり時代になっているんだなぁ・・なんてことを実感した今回の渋谷行きでした。


コナラさん、

こんばんは。

ふと昔のことを思い出して、ネットでサーチしたり、ロスアンジェルスの思い出の場所に向けて走ったりする自分、歳を取ったからそんなことをするのだろうなあと思います。

東京や横浜の古い地図を持っているのですが、たまにそれを眺めては、ネットでサーチをして、記憶を確かめたりして楽しんでいます。

昨夜遅く結構な雨が降りましたが、朝起きたら止んでました。
今日はそこそこ温暖で良い天気に恵まれましたよ。

TCさん

こんにちは。
今日の東京は早朝に大雨が降ったようで(寝ていたので(-_-;)、しっとりとした空気でしたが
午後になると強風の上、気温も上昇。
花粉が全世界を覆い尽くしていきそうで、恐怖におののいています。

古い地図ですか、楽しそうですね。
我が家でも、あっという間に古くなるなぁなんて思っていましたが
もっと古くなるまでとっておいて、比べてみるの良さそうですね。
いつかやってみます(^^)
プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
U2 (4)
NSP (1)
UK (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

Powered by FC2ブログ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。