スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めての ビートルズ新作映画の封切り待ち

先月、近場の映画館で、『朝のロードショウ』と銘打った昔の映画がかかる時間に
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が1週間ごとにⅠ、Ⅱ、Ⅲと続けてかかったので
3週間通って楽しみました。

そのとき、2週目からはこの予告を観るのも楽しみで。
『エイト デイズ ア ウィーク』予告編

ビートルズの新作映画の封切りに立ち会えるなんて夢にも想っていなかったことです。
なんたって『LET IT BE』から46年ぶりというのですから、
『LET IT BE』もリバイバル上映を楽しみにするしかなかった年代のわたしからすれば
新作を楽しみに待てるなんて初めてのこと。

3回観た予告編だけでも、胸をグワッと掴まれたようになって
うゎ~どうしよ、ドキドキする、と毎回のたまっていたのですが、
そんなわたしを横目に、ダンナは「おれはいいや」と冷たいひとこと。
別に一人でもいいもんね、と22日の封切り前日、予約しようとHPを開くと
あら、切ない、近場の映画館では遅い夕方からとレイトショーの2回しかない。
それで他を調べてみると新宿では1日4回の上映があるのがわかりました。

新宿か~、A子を誘おうかな。
A子は高校時代からの友人で、今もポール・マッカートニーの大ファン。
アビーロードに誘ってくれたときのこと
一緒に行くんならA子だな~。

なんて思っていたらLINEにA子からメッセージ、「ビートルズの映画観に行かない?」  って!!
こういうの以心伝心っていうんだろうな~。
お互いの時間をすり合わせると、日曜の夜に都合がついたので
さっそく予約をいれて、当日は人混みのアルタ前で待ち合わせました。
わたしにはまたしても人生初の場所。


歌舞伎町の歓楽街を歩きながら、昔、コマ劇場の前で待ち合わせしたよね?
したした、そこって噴水あったよね?
などと思い出話しに花を咲かせながら到着すると、その場所こそ、まさにその跡地なのだ気づき、
知らないというのは幸せなことだねぇと、ゴジラさんに軽く挨拶を送り劇場内へ。
予約時は意外と空席があるな~と思ったけれど、
もしかすると、直接チケットを購入する方が多かったのかもしれず、おそらく満席だった。


映画が始まってからは、誰一人として喋る声が聞こえない。
そんな当たり前のことが守られないから、マナーを呼びかける映像を流す必要があるのだろうけど
今回ばかりは、全員が固唾を飲んだまま、あっという間に過ぎた2時間17分だったらしい。
それはスクリーンの中の大絶叫とは正反対の静けさだった。
今まで観て、聴いてきたビートルズと目の前のビートルズを重ねたり、比べたり、増やしたり
みなが自分の中に向いて自分のビートルズと対峙する時間だったのだろう。


高校生のときにビートルズ・シネクラブに入って何度も観た映画を始めとして、
さまざまなツールでビートルズを観てきたけれど、
この映画ほど「演奏するビートルズ」を芯に据えたものはなかったと思うし
4人があれほど演奏が好きだということ、そしてあんなに上手かったという事実に心を向けさせられたのは初めてだった。

それなのにコンサートツアーを辞めることを選択してゆく過程は、
今までも読んだり聞いたりしたことはもちろんあったけれど
頭で知っていたことがどれだけ薄っぺらかったのか思い知らされた。


アビーロードスタジオに籠った4人が、サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドという、
もうひとつの別のバンドとして、ロックの歴史に燦然と輝いていてもまったく不思議ではなかったんだな、とか
同じメンバーで二つの偉大な功績を遺したバンドなんて他にはいないよな、とか
そんな4人が揃うなんて本当に奇跡だなとか、
取り留めもなく思いながら見ていると、アップルレコードの屋上でのライブシーンになった。


巨大スタジアムでのライブの日から、たった数年でこの日がやってくるなんて、
大絶叫していた女の子たちは、どんな気持ちでこれを見たんだろうと思うとヒリヒリした。
ビートルズを生で見られた幸せの後の、飛び去る飛行機を見送る切なさには
自分はきっと耐えられなかっただろうから、後追いでよかったのかななんてぼんやり想像していた。


せっかく目の前で見られるのに聴いてないのもったいないよね
失神なんてありえないよね
でも、あの年齢であの場所にいれたらわからないね、わたしたちも

劇場から駅まで話しても話し足らず、
本当は飲みにでも行きたいねぇと言いながらJRのホームに向かうA子に手を振って
久しぶりに夜の電車に揺られている最中も、演奏シーンと大絶叫が頭の中でぐるぐる鳴り響いていた。









スポンサーサイト

この記事へのコメント

- TC - 2016年09月28日 09:31:36

こんにちは。

ビートルズにあまり馴染みはありませんが、中学生の頃に下手くそなバンドを組んでた頃に初期のビートルズの曲をコピーしていました。

そのうち後期の曲も知ったのですが、曲調と歌詞に共鳴できずに、ビートルズ離れをしてしまったのを思い出します。

どうでもあっても音楽界に多大な影響を与えた彼らはすごいと思います。

- 櫟コナラ - 2016年09月28日 17:21:24

TCさん

こんにちは。
中学生でビートルズの曲をコピーするなんて、すごいですね。
ビートルズ離れをしてしまったというTCさんのような方にも、思い出があるのですから
やっぱりビートルズはすごいな、と感じさせられました。

支離滅裂な文章のブログへコメントをいただいて、ありがとうございました(^^)

- TC - 2016年09月28日 23:30:19

おはようございます。

いえいえ、ビートルズの初期、3コードだけで弾けるような簡単な曲ばかりのコピーでしたから、全然すごくはありません。

確かに世界中で愛されたビートルズは偉大ですよね。
でも、歳を取ってからビートルズを聴くと、ちょっと違うぞ?と思うようになりました。
自分に取って耳触りが良いのはアメリカンクラシックロックなんだと思います。

- 櫟コナラ - 2016年09月29日 21:52:26

TCさん

こんばんは。
そうですね~。
映画を観ていて、少女たちがあんなに無我夢中になるのは、
今のように多種多様な音楽や、アイドルになり得るアーティストが少なかったところに
初めて現れたのがビートルズだったこと、
音楽だけでなく、関心が向く対象が少なかった分も
全部ビートルズに向かったのかもしれないな~と感じました。

トラックバック

URL :

プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (30)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (8)
音楽と一緒 (182)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (3)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。