永遠のあこがれ フリー・バード

IMG_5775.jpg


今週末は「FUJI ROCK FESTIVAL '16」が開催されているので
J-waveを聴いていると、苗場の様子や録りたての音源が流れてくる。
毎年、それを自宅で聞きながら、夏山の空気を感じたり、
例え天候が悪くても、悪いなりに楽しんでいる人たちを思い浮かべ、少し羨ましくもなっている。

毎年キャンプに出かけていたから、テントや雨具などなんでも揃っていたころに始まったこのフェスに
行こうと思えば行けたのかもしれないけれど、一度も出かけたことがない。

キャンプ自体、もう行きたくないと娘に言われて、
一泊はロッジに泊まるからと騙し騙し連れ出し始めた頃だったし
子供たちはまだロックに目覚める前だったから
それでも夏休みをここで過ごすとしたら、相当親のエゴを押し付けることになる。
そもそもダンナはまるで乗り気じゃなかったから、
そうなるとわたし一人のワガママを通してまで行こうという気には、とてもなれなかった。

それからほどなく娘はロック大好き少女になったけれど
息子のサッカーの試合や様々な行事がある中で、キャンプもフジロックも選択肢から漏れていった。

娘が何年か前に初めて出かけた(参戦というらしい)ときには、
既に我が家からは、BE-PAL御用達グッズはすっかりなくなっていたので
「山にそんな格好でくるな~」と先輩に叱られたと帰ってくる有様だった。
「今日がこれからの人生で一番若い日」と言うじゃない!だから、今のうちに一回行ってみようよ!
なんとかしてダンナを説得しようにも、そんな物の準備からか・・と考えると結局言えず終いのまま時が過ぎてゆく。


本当は、FUJI ROCK なんかよりうんと前から、屋外のコンサートに憧れていた。
高校生の時にテレビで見た、レーナード・スキナードのフリー・バードの映像が最高に気持ちよかった。
アメリカのどこか、呆れるほど広い会場で、後ろの方の客なんかただそこに居るだけ、
米粒ほどにもアーティストの姿は見えないだろうけど、
分厚いサザン・ロックが響き渡る森の中で、寝転んだり抱き合ったりして
みな思い思いに楽しんでいた。


いつか自分もあんなふうに、フリー・バードを聴いてみたい。
そう願った翌年、飛行機が墜落してメンバーが亡くなり解散してしまったレーナード・スキナード。(その後再結成)
あの憧れのシーンは永遠に体験出来なくなってしまった。


けれど今、ちゃんと曲の中に生きている彼らと再会。
やっぱり今見ても、憧れのフリー・バードだった。






*憧れの映像は1976年のものでしたが、共有出来ませんでしたので、こちらを。














スポンサーサイト

この記事へのコメント

- TC - 2016年07月24日 01:45:23

コナラさん、

おはようございます。

こちらは例年になく涼しい夏だったのですが、水曜日から全国的に熱波が襲ってきてます。やられました!って感じです。

広大な土地で行われる屋外のライブはアメリカ特有かもしれませんね。
アメリカは広大だから?いや、それだけではないのだと思います。
音楽に対する国民の考えがおおらかであり、やはり2016年になっても自由を求める人達によって国が形成されている、逆を言えば、自由を求めてアメリカにやってくる。
移民を受け入れるただ一つ?の国、アメリカ。昔程はそれほど簡単ではなく、出身国によっては規制が非常に厳しく、移民は不可能に近いケースは多々ありますが、日本からの移民の規制はとても理解があります。
また、一つには日本から移民する日本人人口はここ10年でめっきり減りました。

是非、音楽に触れにまたアメリカにいらして下さい。
コナラさんが過去にいらした頃に近い感覚はまだまだ残っていると思いますよ。

- 櫟コナラ - 2016年07月24日 16:50:56

TCさん

こんにちは。
ついに熱波が襲ってきましたか。
極端なのは勘弁して欲しいですね。

今日もこちらのラジオからは、FUJI ROCK会場からの放送があり、
20周年になるそのフェスの話しを聞いていると、「日本人の勤勉さ」のようなものが感じられ
それ自体は決して悪いことではないと思いつつも
自分がレーナード・スキナードのあのシーンに憧れたのは
画面から溢れ出るおおらかさかもしれないな~と考えていました。

ですから、TCさんからのコメントを拝見して
>音楽に対する国民の考えがおおらかであり・・と、まさにどんぴしゃりなことを書いてくださっていたので
あ、やっぱり~・・とひとり悦に入ってしまいました。

行ってみたい場所、世界中にたくさんあります。
アメリカにももう一度・・といっても、ほぼ初めてと変わらないですね(^^ゞ
実現が難しい分、音楽や映画で味わっているんでしょうね~、きっと。
明日はバック・トゥ・ザ・ヒューチャーを映画館のスクリーンで観て
‘80に浸る予定です。





- TC - 2016年07月25日 02:39:42

コナラさん、

おはようございます。
どうやら熱波は昨日の午前中で去ったと思われます。
午後から風が強くなり、大気中に澱んでいた熱い空気を内陸部に押しやった感じです。今朝も同じく強い風が吹いています。昨日の風よりも乾燥していて温度も低く思えます。

暑くなるのは夏だから致し方ないのですが、一気に温度があるのだけは勘弁してもらいたいと思うのです。寒くなる分には自分は平気なのですが、一日で温度が5度以上上がると疲れが一気に出ます。

FUJI ROCKとありますが、自分が日本に居た時にも、どこか山の方で大きなミュージックイベントが毎年開催されてたと記憶してます。(イベント名は忘れてしまいました)

音楽に関する考えのおおらかさー
おそらく人種の多さにも比例してるんではないでしょうか。。。と思ったりします。
簡単に分けても、白人、黒人、ラテン系、アジア系の人種が混在していて、もちろん文化の交わりはあると思いますが、やはり此処の人種が生み出した音楽や、出身国からの文化、食べ物、言語という壁みたいものがあると思うのです。

自分は白人のロック、黒人のファンク、陽気なラテン系の音楽と全て一通りは聴きますが、やはりクラシックロックと呼ばれていた70年代〜からのロック。ファンク、R&B、HIPHOPがメインとなっています。
ラテン系の音楽はかかっていれば聴く程度、自分から買った事はありません。
それを言うなら日本の音楽に関しても同じ事が言えます。
聴けば歌詞の意味も理解出来るし、これといって困ることもありません。
でも、幼少時代から勤しんでいた訳はないので、日本のアーチスト自体を知らないというのが理由で、自分から「どんなのがあるかな〜」と思ったことがありません。

過去に日本の友人がお土産で持ってきてくれたCDなんかが数枚コレクションに入っているだけなんです。最後に聴いたのがいつだったかも、アーチストが誰だったのかも覚えていないくらい日本の音楽には疎いです。

20代から30代の頃は黒人音楽の古いファンクやディスコ系の音楽ばかり聴いてましたが、その後HIPHOPと呼ばれるジャンルが確立され、それに移行。
40代に入ってからは、ハイスクール時代、もしくはそれ以前に流行っていた、ロックが好きになった次第です。

だから今は家でコンピューターのファイルから、クルマの中ではインターネットラジオからアメリカンロック、ウエストコーストロックと呼ばれる曲ばかり聴くミュージックライフとなりました。
アーチストの曲ばかり聴いています。

リプライ、どうもありがとうございました。

- rockyukima - 2016年07月25日 16:48:24

ご無沙汰です!
野外は・・・・2004年のロックオデッセイで焼け死にそうになって以来、行かないって決めちゃいました(笑)
夏はこの年齢には厳しいようでして(^^;
そしてフリーバード、良いっすね!
ちょっと色々探ってみます♬

- 櫟コナラ - 2016年07月25日 21:54:02

TCさん こんばんは。

TCさんの記憶されている「どこか山の方」のイベントは、
きっとFUJI ROCKのことではないかと思います。
今年が20回目ですが、1997年に始まった時の会場が富士天神山スキー場で
三回目からはずっと新潟県の苗場スキー場です。
今では他にもかなりたくさんのフェスがあって、わたしにはもうまるで把握できません 苦笑
そのへんの気持ちは「どんなのがあるかな~」と思わない点で、
TCさんとおなじかもしれません。

ところで、こちらも今日あたりからまた蒸し暑さが戻ってきました。
夏本番になればThe Doobie Brothersのレコードを引っ張り出そうと思います。

丁寧なコメントをありがとうございました。








- 櫟コナラ - 2016年07月25日 22:01:02

rockyukima さん こんばんは。
ロックオデッセイ行かれたんですか?
2004年? そんなに前でしたっけ~(軽くショックです)。

サマソニもそうですが、日陰が無さそうなのが怖いです笑
そこへいくと、FUJI ROCKは大自然の中というのが大変そうでもありますが、
惹かれる点でもあります。

フリー・バード、いいですよね。
レーナード・スキナード他にも良い曲たくさんありますが、
わたしはライブで聴くのがやっぱり好きです♪


トラックバック

URL :

プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (28)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (6)
音楽と一緒 (180)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (1)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad