フリーと養蜂

IMG_2848.jpg

 ネットで思わずニヤリとしてしまうニュースを見つけました。
レッド・ホット・チリ・ペッパーズのベーシスト、フリーが
養蜂に熱中しているそうなのです


 レッチリは名前を知ってかなり経ってから本格的に聴き始めたバンドでしたが、
リアルタイムで一番聴き込んだのが2枚組の「STADIUM ARCADIUM」。
買ったのはレッチリ担当だった娘で、わたしはMDウォークマンに入れて通勤のお供にしていました。
このタイトルツアーで来日が決まったときは、
映画「デス・ノート」の主題歌になった「DANI CALIFORNIA」がきっかけで息子も聴き始めていたので
2007年3月22日の東京ドームのチケットを4枚、何度目かの抽選でやっとゲットしました。

 ボーカルのアンソニーが急病になり延期に!と聞いたときは
もしやU2のラッキー再来?
と一瞬よからぬ妄想が浮かんだのですが、
延期が6月でチケットはそのまま使えることになり
巨大ダンスホールと化した東京ドームスタンド1階席で
チャドのドラムとフリーのベースだけで、みなさんずっと踊ってられるでしょ?と思ったほど
周囲の観客から伝わってくる楽しくて仕方がない雰囲気の中で、一緒に揺れていたのを思い出します。

ギターのジョン・フルシアンテがソロで披露したフリートウッド・マックの「ソングバード」に、
「この曲なに?」って点目になってる若い人たちに、
「知ってるもんね~」とちょっと自慢したい気分が半分と
選曲に驚きつつも、レッチリの日本人受けするメロディアスな部分はこういうところから出てくるのかなと納得半分。
おばさんの証拠ですから、もちろん無言でじっと聴き入っておりましたが。


 里山に関わり始めたのがあの翌年からで、それまで知らなかった「蜂群崩壊症候群」について教えてもらったり、
実際に仲間と蜂を飼ったり、地元の養蜂家さんにアドバイスをいただいくために何度もお会いしました。
結局うまくいかずに終わってしまった苦い思い出でもありますが、
フリーが養蜂に夢中というニュースはとても嬉しいニュースです。
意外な人が!とは思いませんでした。一芸に秀でる者は多芸に通ず。と言いますから。
記事にも書いてあるように、たくさんの人が関心を寄せるきっかけを作れるのは、
なんだかんだいって知名度のある人ですから、いいことをたくさんやって欲しいですね。


 さて、フリーが集めた(実際に集めるのは蜂ですが)蜂蜜はファンでも買えるのでしょうか。
気になるところです。
まさか、ライブの物販で?!
あの頃、ライブTシャツを買うことに目覚めたわたしは、「いらない」とそっぽを向く家族より先にドームへ行き
蒸し暑い中並んだのですが、あの光景を思い出すだけでクラ~っとくるのです。




スポンサーサイト

この記事へのコメント

- mikitaka08 - 2015年08月26日 00:15:24

こんばんは

 レッド・ホット・チリ・ペッパーズ、正直90年代ロックにはついていけません。でもこの楽曲はいいですね。とても露出チックで話題になったグループとは思えない良い曲で、youtubeで他の曲も聴き、プレイスタイルの変遷に驚いています。
 養蜂、いいですね。広大な土地を持つからできることで、うらやましい。
 確かに養蜂が危機的状況にあることは否めません。日本に関して言えば、外来種が入ってきていることと、農薬のせいですね。
 農薬に関して言うと、田園地帯の妻の実家では数年前まで夏、カエルの鳴き声がうるさかったのですが、今はほとんど聞こえません。養蜂も同様の事態にあると思います。
 ベーシスト、フリーが始めたことで、世界から注目を浴びると、農薬問題に関心が集まると思います。
 それにしてもレッド・ホット・チリ・ペッパーズのコンサートにも行かれ、今回のこのような小さな(失礼)ニュースを嗅ぎ付ける櫟コナラさんの情報入手力に驚きます。

- 櫟コナラ - 2015年08月26日 23:14:12

mikitaka08さん

こんばんは。
わたしが書ききれていない部分を補ってくださるコメントをいつもありがとうございます。

わたしも90年代は子育て中心の時期でしたし、流行ってるものが耳に入ってきても
「なんか気に食わない」「わたしには関係ない」と食わず嫌いしているようなところがありました。

ですが子供の成長は早いもので、あっという間に中学生になった娘が
レッチリの「BY THE WAY」を友達から借りて聴いていたのを小耳に挟むと
あらら、イメージとずいぶん違うなぁと気がついた次第でして
わたしに情報入手力があるわけではないのです、とほほ。

その頃だったか、知人から「きっと好きに決まってるよ」と勧められたオアシスも
そうはいっても、これからハマったら大変そう・・と封印したままです。


奥様のご実家の辺りも「沈黙の田圃」なんですね。
今や農薬を使う田畑のない都心の方が養蜂に向いているとかで銀座が有名になっていますが、
無邪気に喜ぶだけでいいのだろうかと、へそ曲がりは訝ってしまいます。
よその国では規制されている農薬を空中散布して育てた野菜やお米を食べているのに・・。と思ってしまうのです。


レッチリ、「露出」のイメージを取り払ってくれる曲がまだまだたくさんあります。
あ、それと野菜が元気になりそうな曲も!\(^^)/







- TC - 2015年09月06日 00:57:07

Red Hot Chili Peppersの90年代初めにリリースされたUnder the BridgeはLAのダウンタウンにある橋を歌っています。
歌詞からは読み取れませんが、実際のリリックスの意味はドラック中毒者達がその橋の下で・・・と言う内容なのです。
人によっては”橋の下”なんだから、ホームレスじゃないの?との意見もありましたが・・・

当時オルタネーティブロックの代表でもあったこのブループ、ロスアンジェルスでも大人気でしたが、メンバーの誰1人カリフォルニア出身が居ないのを知ってビックリしたのを思い出します。

ドラック中毒者が多く住むロスアンジェルス、当時も今も大きな社会問題の一つとなっています。この問題は解決はしないでしょうね。
変わって、以前程、ストリートギャングの抗争は耳にしなくなりました。
この大きな理由は、ロスアンジェルス近郊の不動産価値が上がっている(上がった)為に治安の悪いエリアや低所得者が住むエリアにも家賃等に影響があり、そのエリアの住人達がやむなく、ロスアンジェルスの東、リバーサイド(ロスアンジェルスからクルマで1時間プラス)及びロスアンジェルス北、パームデール(クルマで1時間プラス)エリアに引っ越したために、ロスアンジェルスの犯罪率は多少減り、それら数カ所のエリアでの犯罪率が非常に高くなっているのが現状です。

音楽とは全く関係な話になってしまいましたが、ロスアンジェルスはこんな感じです。
でも、アメリカは音楽のトレンドが実生活にも多大な影響を及ぼしている(特にHIPHOP>黒人文化)のが事実なので、そう言った意味では、一概に関係な話とも言い切れないかも知れません。

記事に対して適切なコメントではなくなってしまいましたが、お伝えしたくなってしまいました。

- 櫟コナラ - 2015年09月06日 23:33:32

TCさん

いえいえ、そちらに住んでいらっしゃるTCさんから教えていただけると
ロスアンジェルスの現状がとてもリアルに感じられます。ありがとうございます。
曲の出来た背景も知らず、歌詞の意味も分からず、映画やPVで見る映像だけで
勝手にイメージして「いい曲だな~」なんて言って聴いている事の方が、
不思議なことかもしれませんよね。

Under the Bridge を初めて意識して聴いたのは2000年代になってからでしたが、
レッチリ(ん? そちらではチリ・ペッパーズでしたか?) に気持ちを向けさせた1曲でした。
一度そうやって聞く耳が出来てしまうと、それまで聞き流していた曲まで
良い曲だと感じてくるんですよね。現金なものです。
とはいえ、今でも、長いキャリアのほんの一部分しかわかっていないですが・・。

話は変わりますが、テレビの「巨大災害」についての番組で
大干ばつに見舞われているさなかのサンフランシスコが
突然の大洪水に襲われた映像を見ました。
これもTCさんからうかがっている話なので、現実味が何倍にも増して迫るものがありました。
本当に地球上の様々なところで、極端な気候になっていて他人事ではないですね。

- TC - 2015年09月07日 01:38:44

おはようございます。
こちらは月曜日がレーバーデーの祝日で3連休の週末となっています。

ロスアンジェルスはエンターテイメントセントラルと言われる場所なので、映画、テレビ、音楽の中心地になっています。
よって、レコーディングスタジオも当たり前の様にたくさんありますし、ロスアンジェルスを舞台にする映画、テレビ番組、また歌詞などもロスアンジェルスを語る物が多いと思っています。
その曲のひとつがこの "Under the Bridge" でもあります。
特に自分の場合は学生時代にダウンタウンの物騒な場所で遊んでいたので、この曲で歌われている橋には非常に親しみを感じます。(4th Bridge and 7th Bridge)

水不足は毎年の様に世間で騒ぐので、当たり前の様になっているのが現状ですが、昨年と今年の雨量が極端に少ないので問題になっています。
メキシコにモンスーンがやってきて、南カリフォルニアの上空に生暖かい風が吹き込み、湿度が高くなるのも毎年恒例のことではないので、やはり異常なんだと思います。

最近気象観測では、今年の暮れから来年にかけて "El Niño" (エルニーニョ=スペイン語で息子)と呼ばれる大雨がやってくるのでは?とのことです。
最後にこのエルニーニョがきたのが、約20年前程で殆どの交通機関が麻痺しました。学校、会社は休みになり、たくさんの家屋が水浸し、もしくは浸水。
道路は水没、山合いではがけ崩れと。あれはすごかったです。
ひょっとすると過去最大のエルニーニョとも言われているので、用心しなければいけませんね。

前にも話題に上っていますが、自然現象は人間の力ではどうにもならないですし、自分で自分を守らないとなりませんよね。
普段温暖で快適な南カリフォルニア、そう言った意味では危機感を持たずに毎日を過ごしてしまってますので余計に事故が発生しやすいのだとも思っています。

また、いろいろ報告させて下さい。

トラックバック

URL :

プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (28)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (6)
音楽と一緒 (180)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (1)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad