横須賀線で

 武蔵小杉の長い長い乗り換え通路を歩きながら
本当に乗換検索通りの電車に間に合うのだろうかと心配になった。

 3人のガール・フレンズ、『ボーの一族』との待ち合わせは、
11時に東京駅の銀の鈴。

 やっとホームに出る階段を上っていると、
電車が侵入してくるアナウンスが聞こえてきた。
ちょっと駆け足、エアコンの効きすぎた車輌に乗り込み、
ドアにもたれてホッとしたのも束の間、
走り出した横須賀線は、速度をぐんぐん上げ、
激しい横揺れで、ガラスに体当たりして、痛いし怖いし。

 でも、上り線に乗るのは初めてで、多摩川を渡り、田園調布高校が見えると、
見知らぬ景色に心が躍りだした。
並行する新幹線、交差するのは何線だろう?
どこをどう走って次の駅、西大井を目指しているのか知りたくなって
スマホのGoogle mapを開いてみる。

 ちょうど目の下を流れるのは、呑川。
戦時中、母が祖母と川に沿って池上本門寺まで逃げたと言っていた川だ。
交差点に馬込という字が見え、環七を越えた。
 どれだけ飛ばすん!? というスピードはここまで衰えなかった。

 キシキシと音がして、カーブを曲がると西大井の駅に着いた。
看板の戸越という文字に、もう一度地図に目を落とすと、
うわぁっとノスタルジーが湧き上がる。

 初めて浮いたときの水の感触と、蝉時雨の小学校のプール。
若かった伯母が「できたね」と笑った顔。
泳げるようになった場所が、そこにあった。


 電車が発車して、次の品川までの途中で、
巨大なビルの隙間に残った、古い味のある建物が見えた。
 照り返しのきついアスファルトの道を、
あの場所を探しながら歩く自分を想像してみる。
もういいよ、そんなことしなくて。ヤメトケ。
やり残すことが、ちょっと愉しい年頃になってきた。


 ♪ キーテキ イッセイ シンバシヲ~ ♪
新橋を過ぎ、武蔵小杉から4駅、18分で東京に到着。
早かった!というほどではなかった。

 けど、新幹線に乗っても行けないところへ連れていってくれた、
思いがけないノスタルジー列車。
この路線を選んでよかった、と降り立った。


 随分端っこの地味な場所みたいだけど?
長いエレベーターを上り、
成田行きの人々と分かれると、
柱に、銀の鈴の案内を見つけた。


 3人の顔を思いながら
人ごみの中を歩いていたときの幸せな気持ち。



IMG_7908.jpg


 社会人になって、結婚して、母親になった時間を通り越して、
また学生に戻ってしまったような時間は、あっという間だった。
くだらないことで、あんなに笑い合えるのは4人揃っているから。
一人でも欠けたら、もうあんな風には笑えなくなると、みんな知っている。

 そんな日がくることを考えもしなかった時期を、
それぞれの生活の中で、いろんな経験を積んで、
みんな、ちゃんと卒業してきているのだ。


 帰りも同じ経路を辿ってみたくて、
東京駅でみんなと別れた。

 
 夜の電車に乗って、縦横無尽に行き交う東京の電車網を眺め、
たくさんの明かりが灯るビル群を見て、
こんなにたくさんの人間がいるのにね~と、
出会った頃の顔を思い浮かべてみようとしたけど、
今の顔に上書きされて、それは、ちょっと難しかった。



IMG_7914.jpg



  帰りの乗り換えは見事失敗。
間違えて一旦改札を出てしまうと、
そこは見も知らぬ武蔵小杉。

 無機質な街は、寂しさと疲れが増幅するから、
もう、横須賀線はやめにしよう。
すっかり弱気になって南武線に乗る。


 東京駅でタッチしてから
ちょうど1時間後にタッチして駅舎を出ると、
セミがビビィ!と出迎える、田舎過ぎる最寄駅。


 今日はノン・ノンアルコールを呑もう。
いつものスーパーでビールを買って、蒸し暑い夏の道を帰った。



 
 

 


スポンサーサイト

この記事へのコメント

- TC - 2014年08月21日 00:38:53

おはようございます。
いつも思うのですが、コナラさんのブログを読んでいると小説を読んでいる様な錯覚に陥ります・・・

横須賀線を乗った記憶が既に無い位、遠い昔に乗った事があるのですが当時は路線が違ったのでは?と思います。以前は横須賀から東京まで東海道線と同じルートを走っていた様に思うのですが、気のせいかもしれません。この記事を読み始めた時に上り線?と思ったのですが、”じゃあどうから?”と思いました。
ご自宅から南に下ってから東に向われていたのですね。

自分は横浜に住んで居たので東横線はとても懐かしいです。南武線はあまり縁がありませんでした。
それに当時大田区や品川区には友人がおりまして、馬込、本門寺、呑川や戸越・・・とても懐かしいです。前回東京に遊びに行ったのがもう10年前になりますが、その時は大森の友人宅にも遊びに行ったのですが、大森駅からトコトコ歩いて街並を楽しんだのですが、当時とあまり変わっていなくて嬉しかったのを覚えています。

- タマチャリン - 2014年08月21日 22:06:53

電車に出来れば乗りたく無い方なんですけど、
電車の良さは分かります。
知らない路線に乗るときの心躍る気持ちもよく分かりますね。
南武線はローカールな雰囲気が好きですが
以前乗った時に何だか客層が京王とは違ってまして、、
あ~こんな言い方をすると失礼ですが、、
非情に寂しい感じがしました。
更に時刻は夕方6時位でしたが電車の中でおでんを食べる夫婦!
(汁物はやめてくれ~)
電車が揺れる度に行ったり来たりするビールの空き缶!
あれ以来もう南武線に乗るのは止めました。
武蔵野線も同じ雰囲気でしたけど!

- 櫟コナラ - 2014年08月21日 23:02:57

TCさん

 TCさんの記憶はすごいですね。
横須賀線が武蔵小杉を通るようになったのは、つい数年前のことで、
それ以前はどこからどこへ走っていたのか、わたしには、よくわかりません。

 小学生の頃に、千葉へ家族で海水浴に行った帰りに金谷からフェリーに乗り、
「久里浜から横須賀線に乗った」という記憶があるだけで、
どこで乗り換えて帰ってきたのかも、覚えていないのです。

 大森は母が若い頃に住んでいたらしいです。
大田区の糀谷辺りで祖父が小さな工場をやっていたらしいですが、
どちらもわたしの生まれる前のことで、話の中でしか知らないのですが、
5年ほど前に初めて大森に行く機会がありました。
駅の辺りのほんの一部分しか歩いてませんが、古い街並みが感じられました。

 カリフォルニアに住んでいらっしゃるTCさんと、
こんな小さなエリアの話ができるなんて、不思議ですね。

- 櫟コナラ - 2014年08月21日 23:17:54

タマチャリンさん

 ハハハ、もう、タマチャリンさんのおっしゃる通りです。
南武線って、ホント垢抜けないですよね、昭和の匂いが染み付いてます。

 友人と別れて、小田急線から南武線のホームに下りた時のあの侘しさ、
酔っぱらいが怒鳴っているのは当たり前、
ホームの端っこで、おじさんが立ちしょ○してたり、
ギャンブル電車ですから、赤鉛筆耳に挟んでるおじさんおばさん満載で、
もう大っきらいでした。
その日の楽しさが、一気に吹き飛んでショボ~ン、でしたよ。

 沿線から離れてやる~! って、一旦は離れたんですけどね、
また帰ってきてしまいました。

 空き缶は相変わらず転がってますが、
家を出るときに時刻表を確認しないで済むだけ、便利に・・・ナリマシタ。
快速もできましたしね・・・。

 って、まったく何時代の自慢話でしょうね、トホ。



 

- TC - 2014年08月22日 00:53:21

おはようございます。
コナラさんのコメントのリプライと合わせてタマチャリンさんのコメントも読ませてもらいました。

南武線に関しては100%タマチャリンさんの言う通りだと思います。
当時の南武線はボロいと言うか貧相と言うか、子供の自分にとって次元が違う乗り物で、乗っている人たちも異次元の人達に見えたのを思い出します。
南武線の始発は川崎だから・・・競馬場に行く人達が居るから・・・そんな事を聞いた覚えもあります。
今は判りませんが昔米軍が居た立川だってそれ程ガラが良い場所では無かったのでは?とか。(南武線沿線の人達には失礼な表現で申し訳ありません)

記憶・・・カルチャーショックだったのだと思いますが、小さい時にLAから日本に引っ越したインパクトが相当強かったので、どうでも良い様な小さい事をたくさん覚えています。

大田区、品川区はずっと後になってから知ったのですが、自分にとって古臭さを感じられるお気に入りの場所でもありました。蒲田や京浜急行線沿いなんかは特に小さい町工場や路地がたくさんありました。
大森近辺、特に馬込エリアの細い坂なんか趣があって好きでした。
戸越商店街や中延なんかは下町全開で最高でした。
昔大森にはいすゞの本社があったんですよ、いすゞ病院なんてのもあったと思います。
10年前に行った時にはいすゞ本社跡は立派な商業ビルになっていて、ボシュロムの本社なんかもテナントとして入ってました。大森の友人はそこに勤務しています。(ボシュロム本社は以前は三田)

いろんな人のブログを読んでいると、古き良き東京がだんだん少なくなっていると知って、寂しい気持ちにもなります。でも、それはLAも同じで自分が育った頃のビルや風景が少なくなっているのもまた事実です。子供の頃、LAには好きだった場所が確か7カ所あったのですが、今は全て無くなってしまいました。
自分が歳を取る様に、街も歳を取っていくんだな・・・と思います。

- 櫟コナラ - 2014年08月22日 23:21:34

TCさん  

 TCさんの見た南武線は、車体がチョコレート色の時代だったでしょうか?
内装は木の床(油ギラギラです)で、ドアの前の空間に銀のポールがありました。

 その後は中央線や総武線のお下がり車輌がきたり、
いずれにしても貧相には違いありませんでした^^

 畑の間を走っていた南武線も今では
かなりの区間が高架になり、街の景色を変えています。

 街は若い人に合わせるように新陳代謝をしていて、
もう少し若い頃は、無理して合わせようとしてみたり、
さみしさも覚えましたが、
最近は、そういうことも次第に気にならなくなってきているようです。

 年を取るって自由でいいな~、と気楽になってきました。

- TC - 2014年08月23日 02:19:09

おはようございます。
小さい頃に見た南武線は茶色でした。ポールがあったのも何となく記憶してます。
その後仕事をする様になってからの南武線は黄色か朱色・・・おそらく他の路線からの払い下げ車両だったと思います。
横田に通っていた時に乗った青梅線も相当オンボロでしたよ・・・

ポール: 地下鉄の銀座線や丸の内線も古い車両でポールがあったのでは?
それから銀座線か丸の内線のどちらか覚えてはいませんが、駅に到着する直前に車内灯が一瞬消えるのを覚えています。

そうですね、歳を取るってなんか良いな・・・と最近思える様になってきました。

- 櫟コナラ - 2014年08月24日 15:04:20

TCさん

 懐かしいですね、それは銀座線で経験した覚えがあります。
もう何十年も乗っていないですが、今でもそうなのか、
機会があれば乗ってみたいですね。


 青梅線・・・
今では相当奥の方まで、通勤圏になっていますね。
以前、同僚が河辺から通っていると聞いて驚いたんです。
自分にとっては、山登りで降りた駅だったので。

 昔、南武線のポールに抱きついて「ミ~ンミンミン」と鳴く
「南武線のミンミンおじさん」というのがラジオの深夜放送で話題になったことがありました。
わたしは残念ながら、一度も遭遇出来ませんでしたが^^


- TC - 2014年08月24日 23:16:51

おはようございます。コメント長く続いてしましたが、一言言わせて下さい。
ミンミンおじさんって、聞いた覚えが・・・
それにもっと路線名物おじさんが居た様な気持ちます。南武線、銀座線、青梅線、大田区等・・・とにかく懐かしいです!
ありがとうございました。

- 櫟コナラ - 2014年08月25日 17:05:52

TCさん
 
 おかげで、記憶が膨らみました。
こちらこそ、ありがとうございました。

トラックバック

URL :

プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (30)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (8)
音楽と一緒 (182)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (3)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad