DAVID BOWIE is デヴィッド・ボウイ大回顧展に行ってきました

IMG_7187.jpg


 先月から始まっているデヴィッド・ボウイの大回顧展『DAVID BOWIE is』を観に行ってきました。
開催されている間に誕生日がある人は、ぜひ誕生日にとラジオで紹介されていたので、
ダンナの誕生日に行こうと提案したのですが、あいにく今年は日曜日に当たるので、
そんな混む日にわざわざ行かなくても、と平日だったわたしの誕生日に行くことになりました。


「DAVID BOWIE is」展については、このページが写真が多くて雰囲気が伝わってくるので、
観てきた者にとっては、いい‘おさらい‘が出来ます。


最近、どこに出かけても、「ここに来るのは、これが最初で最後かも」という思いがあり、
この日もそんな気持ちで、真剣に向き合いました。


前売りで10時から12時の間に入場できるチケットを購入し、
10時ちょうどに到着したら、本当は観覧前に、併設されたカフェで軽く飲食して、
空腹を気にせずゆっくり観る心つもりにしていました。が、
なんと!会場にはトイレが無いという非情な現実!!
倉庫なので底冷えする会場なのに~、冬なのに~。


ぶつぶつ言いながら入場しましたが、
貸し出されたヘッドホンから音が聴こえてくると、そんなことはもうどうでもよくなって
時折、「ここ音してる?」と確認が必要ながらも
けっこう混み合う中、空いているところを探しながら、小さな字を丹念に読み進みました。


無名時代のデヴィッド・ボウイが、どれだけスターになりたかったか。
そんな時代があったことすら知らない、こちらもまだ子供でしたが、
郷ひろみ目的で立ち読みした雑誌で見たデヴィッド・ボウイは
派手なお化粧、突飛な衣装、なんでそんな格好なのにフォークギターなの?って
疑問の目でしか見られない純朴な中学生でした。
当時はエレキかフォーク・ギターって言い方しか知らなかったので、余計に違和感プンプンで。

そんな存在から、はたまた気づけば新譜が出れば当たり前に話題になって
「戦メリ」を観に行った時は、本当にかっこいいな~っと、一目惚れしたことやら
50年前まで一緒に遡れる年齢で、あ~よかった。なんて何回も思いました。


最後のコーナーが「ここで最後か」とわかるのは
すぐそこでヘッドホンを返却して出て行く人たちの背中が見えるからでしたが
その気になれば、この360度の大スクリーンに映し出される若きボウイとミック・ロンソンのツーショットを見ながら
大音量に包まれる至福の場所に閉館まで居座れると思うと、
ぐずぐずと立ち去りがたい思いが湧いて、しばらくは見上げ続けていました。


ですが、そこで座ってしまったのが最後、足腰に溜まった疲れを感じたとたんに
呑まず喰わずに経った時間を思い出し、喉が乾ききっていることに気がつきました。


あれ、そういえばお誕生日スペシャルは?
気になっていた場所はまだ通過していません。
とうとうヘッドホンを返した先の、いよいよ出口と言う所で確認のため頭だけ出してみると
がら~んと広い通路に、無事その場所は待っていてくれました。





IMG_7199.jpg








IMG_7201.jpg








IMG_7202.jpg









IMG_7196.jpg


嬉しいことに、この動画は写真撮影だけは許されていました。




やっぱり天才だわ



たくさんの人が、動画をうまく写真に収められずに苦心しながら
そんなことを口にしていました。





IMG_7205.jpg





カフェのコーヒーで心身を休めて






IMG_7209.jpg



天王洲アイルの運河沿いのボード・ウォークを歩くと
やっと4時間抑えられっぱなしだった耳が元に戻ってきました。















 
スポンサーサイト

さよなら お義兄さん

まったく追いつかない。
書き終えないうちにまた新しいことが起きて、下書き保存になってしまう。
今日は無事に更新できますように・・。



今日、気持ちよくラジオを聴きながらパンを捏ねていたら
アル・ジャロウがかかった。
うん、ぴったり、ぴったり、こんな朝にぴったり、と捏ねる力にメリハリが出た。
今日はグラミー賞の行方をラジオが追っていたから
なにか特別賞でもとったのかな・・・。

そんな風にしか思わなかったから、その後のニュースが辛かった。


1982年、高知出身の彼と結婚する親友の結婚式に出席したときのこと。
親友たちと一緒に一日前に着いたわたしたちを高知空港で出迎えてくれたのは彼のお兄さん。
親友のお義兄さんになる方だ。
パンチパーマで一見強面。
お義兄さんが運転する車で一緒に昼ごはんを食べに行くことになったが、
怖そうな外見とはうって変わって、めちゃくちゃお茶目でチャーミングな人なのがすぐにわかった。
その夜わたしたちが泊まる宿は、親友の彼が昔バイトしてた国民宿舎で、そこを予約してくれたのも、
翌日、式に出る前に足摺岬までドライブするといいとレンタカーを借りる手配をしてくれたのも、お義兄さんで、
レンタカー屋の前で「スピード出して捕まらんように。ガハハ~」と送り出してくれた、土佐のいごっそう。

翌日、お義兄さんの予感が的中してスピード違反で捕まったわたしたちを
またガハハと迎えてくれたお義兄さんは、式では目を真っ赤に腫らして親友が嫁いだのを喜んでくれていた。


それから何年か経ち、お客さんが持ち込んだレコードのジャケットにお義兄さんがいた。
アル・ジャロウっていうのか~。
それで名前を覚えた。
かけてみると気持ちよく伸びる声で、当時の流行りの旋律を滑るように歌っている。
それで声を覚えた。
でも録音出来なかったので曲名は覚えられなかった。

去年の夏頃、ラジオから久しぶりに声が聴こえてきた。
あ、アル・ジャロウだ。でも・・
こんなに聴き覚えがある曲なのに曲名がわからない。
そろそろちゃんと覚えましょ、とShazamを起動すると、久しぶりにお義兄さんが出てきた。
お義兄さんは、「あんなに頑丈そうだったのに、空に行ってしまったよ」と
親友が辛そうに教えてくれたのは、もう10年以上も前だ。


アル・ジャロウも空に行ってしまったのか~。


見たこともなかったMVで、
お茶目なお義兄さんとアル・ジャロウが、また見事に重なった。











海から、川から、山から富士山

DSCN5278.jpg




先週の水曜日は雲一つない晴天でした。
昨年末、「すみだ北斎美術館」へ行って以来膨らみ続けていた
海と富士山が見たい! という思いを晴らすのにもってこいの日。
行き先は走りながら、辻堂海岸と決まりました。

遮る雲がひとつもない富士山は、そうそう見れません。
砂浜をどこまでも富士山目がけて歩いて、
戻り始めてから重くなった足に気づいても、後の祭り。

家に帰る道中、夕日の中にちらりと見えるだけで、「あ、見えた!」と
子供のようにいちいち口に出してしまう、富士山の魅力は不思議です。







DSCN5351.jpg



土曜日は、近所の橋からダイヤモンド富士が見えると知って行ってみたのですが、
土曜ということもあって、立派なカメラをのせた三脚がズラリと並ぶさまにびっくり。
ですが残念、日が落ちる寸前に雲に邪魔されました。







DSCN5359.jpg



夕暮れの川景色、西を見れば山々の影。
東にはやがてライトが灯り、東京タワーやスカイツリーが瞬くのが見える。
特別な日じゃなくても繰り返されているんだよな。




DSCN5442.jpg




一昨日は、わたしたちが草刈をして見渡せるようになった‘一の森‘からのダイヤモンド富士。
夕方の山に数人が集まって、ねぐらに帰る鳥の集団を見たりしながらその瞬間を待ちました。
周囲の雲は少なく期待していたのに、頂上に乗っかった雲は思った以上に分厚く居座り、ちょっと残念。

それで、昨日も再び山へ。
写真は昨日のものです。




DSCN5449.jpg



陽が暮れ始めるまで眩しすぎて、太陽が富士山のどこに沈んだのか見えません。





DSCN5452.jpg



 たった一日で、こんなにズレていくんだなと驚いたほど、
富士山の裾を滑るようにして昨日の夕陽は沈んでいきました。






プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (30)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (8)
音楽と一緒 (182)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (3)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad