Do it again

デビッド・ボウイが亡くなった時に、特集番組を見たのがきっかけで、
洋楽天国PREMIUM R45なる番組があるのを知りました。
「80~90年代中心の大人向け洋楽ビデオ・プログラム!」
こんな謳い文句を見たら素通りはできませぬ、と『毎週予約』でセットして見ているのですが
哀しいかな、今ひとつピンと来ないのです。
おそらくわたしがトシを取りすぎているのです、きっとそうです。
R45ですから。

MTV全盛期に、夜は仕事をしていてテレビを観る時間がなかったので、
たまには「お~っ!」と感激するものもあるのですが
‘80時代の特徴が出すぎたPVには、あちゃ、見なきゃよかった~というものも結構あります。

 先日も、寝る前のストレッチをしながら、しかも早送りなどしながら見流していたら、
思いがけずに、カキーン!!と胸がすくような直球が飛び込んできました。
キンクスの 「Do it again」。
ストレッチを辞めて、息を詰めて前のめりになりました。

キンクスはレコードもCDも持っていないので、有名な曲しか知りませんが
今までに何度か、「今度こそ、ちゃんと聴いてみよう」と思ったことはあったのです。
ですが!
あの長い長~いキャリアのバンドにハマるには、それなりの覚悟が要るというものでしょう。

 今から15年も前に、イエモン高橋さんに「絶対好きなはずだから」とオアシスを渡された時も
「いけません、これから好きになっても辛いだけ、タイヘンだし」と耳に蓋をしたのですが
あれから15年も経ってから、自分の年齢とさして変わらないキャリアのキンクスに、今、堕ちかけています。


 


The Kinks - Do It Again (1984) 投稿者 DemonPreyer1


 
 だいたい、1984年の曲だというのに、今頃?
どれだけ怠慢だったんだよ、と1984年のわたしに言ってやりたくなりますね~。
Do it again! 
はい、喜んで!やり直せるものなら、今すぐにでも(^^ゞ



スポンサーサイト

久しぶりに里山のことを

DSCN2925.jpg
  昨日、落ち葉の下で 起きたてのシュンランを見つけました


今年に入ってから、里山のことを書くのが億劫でした。
多い時は週に3度は通って、落ち葉をかいたり、カゴ用の笹を刈ったり、
畑で野菜を収穫したり、楽しくやっていましたから、書いてはみるのですが、
読み返してみると、どうも嘘っぽく感じてしまうのです。
かと言って、感情的に書けば愚痴を吐き出しているようでいただけません。
それでどうにもまとまらず、下書き保存しては、削除していたのでした。


 なにしろこの1月から




P1060465.jpg



  この景色が

 




IMG_4205.jpg


 こんなふうになり







8-13.jpg


  この景色が





  
DSCN2745.jpg


  こんなふうになってゆくのを







DSCN2819.jpg



 行く度に、ものすごいスピードで豹変してゆくのを真横で目にしていました。





IMG_4477_20160307141525e5e.jpg


 



 それでも季節は巡り、また春がきました。

 畑は来年の夏野菜まで作れることになり   

 今月はまた忙しくなりそうです。



 DSCN2900.jpg  3日 ジャガイモの植え付け 男爵とキタアカリです





DSCN2909.jpg   昨日の作業日は、きのこ農家さんの手伝いで植菌


DSCN2911.jpg   ドリルで穴をあけ


DSCN2912.jpg   コマを打ち込みます



DSCN2867.jpg   参加人数が多かったので、雑木林の手入れと二手にわかれ、

DSCN2921.jpg   午前と午後で交代してみなが植菌にも携わりました。




 下草を刈り始めて8年目になりましたが、少しずつ今も新しく仲間が増えています。
ほかのたくさんのNPOをよく知る人から、
2~3年で消滅してゆくところが殆どなのに、このグループはすごい、と褒められますが
どんな状況でもまずは楽しむ、そこがみなの共通しているところかもしれません。




DSCN2906.jpg   それと、こんな贅沢が好きなところも




写真をいろいろ探していたら わたしたちがお借りする前の畑の写真がありました


8-9_2016030715041726b.jpg


  2010年 秋の風景です



久しぶりの武道館で50年前へ

IMG_4542.jpg


一昨日のことですが、久しぶりに武道館に行きました。
ライブに向かう九段下の駅からの道があんなに静かだったのは初めてで、
いつもなら両側に並ぶたくさんの屋台と、歩道を埋める人の雑踏の中で
自分も誰かと興奮気味に話していたせいか、
こんな素敵な街灯(?)が建っていることに初めて気がつきました。



 


IMG_4544.jpg



 大きなタマネギの下で今宵どんなショーを見ることになるのか・・・
豪華な出演陣の名前を見ても想像もつきません。





IMG_4543.jpg


 実は妹が大奮発して、誕生日にプレゼントしてくれたライブなのですが
サブタイトルの「~ヒットこそすべて~」という文字が、目には入っても頭まで入っていなかったようです。


詳細はわたしが書くとややこしくなるので、こちらでどうぞ


遅くなった開場時間ちょうどに到着し、長い列に並んですぐに
わたし、今日は若い方? と感じましたが
席についてそれは確信に変わりました。


少し遅れて妹もやってきて、一番の目当ての小田(和正)さんの出番は最後かな、とか
坂崎こーちゃんは何を歌うんだろうね、とか
昔、雑誌の企画に応募したら当選して、一緒に九段会館でオフコースを観たと妹が言うのに
わたしがさっぱり思い出せなかったりしているうちに
開演時間になりました。

時刻ぴったりに始まったショーは、スクリーンに映し出されたラジオの話しから始まり、そして・・・
天国のような白い靄に光が差したステージから歌が聴こえてきました。
「帰ってきたヨッパライ」です。もちろん加藤和彦はいません。
歌っているのは坂崎こーちゃん。
もうひとつのマイクの前に立つ白髪で長身の人はきたやまおさむさんです。
「なぁおまえ 天国ちゅうとこは そんなあまいとこやおまへんのや もっとまじめにやれ」
生で、あの声で聴くなんて、人生何が起こるかわからないもんです。全身ブルブルっと震えました。
鳥肌がたち、この曲を初めて聴いた場所にすぽーんと戻されました。

うわぁ、すごいコンサートに来ちゃったみたい。
1曲だけでそう思いましたが、そこから怒涛の鳥肌タイムが続きました。

続いて出てきたのは泉谷しげる。
ギター1本で登場し、乱暴なMCと、激しくも優しい「春夏秋冬」で会場を一つにするとさっさと退場し、
「大っ嫌いな泉谷の後に歌いたくねぇなぁ」と登場の宇崎竜童は、そう言った後で、
その泉谷のお陰で(?)デビュー出来たという秘話を明かし、
「スモーキン・ブギ」と「港のヨーコ・ヨコハマ・ヨコスカ」を繰り出してきます。
あ~、「ヒットこそすべて」とはこのことか! と合点し(遅いっ)、
「アンタ あの娘のなんなのさ」 の決め台詞が来るたびに、惚れ惚れするほどのかっこよさに、
ブルブルっとさらに大きな身震いが起きました。

予想外に早い出番だった小田さんが歌ったのは「僕の贈り物」。
「アンタあの娘の」からのすごい流れですが、
小田さんが「冬と~ 夏の間に~」と歌っただけで、鈴木康弘さんの声が耳の中で重なり落涙免れず。
1曲でもう十分満足でした。

その次の鈴木雅之は元メンバーのふたりが登場し、シャネルズ、ラッツアンドスターのヒット曲を連発。

8歳から10代終わり頃までの自分がちらちら現れ、
ラジオを聴いた実家の二段ベッドや、歌番組に釘付けだった小さなテレビが何度も頭をよぎりました。

大瀧詠一さんのコーナーを含み、たくさんのミュージシャンの歌を聴き
たくさんのことを思い出しすぎて、少し頭が疲れて朦朧とした頃、再びきたやまさんと坂崎こーちゃんが登場し、
きたやまさんが加藤和彦を呼びました。
「来れるわけないでしょ」というまに、トルソーに着せた加藤さんの衣装が登場。
ひとしきり加藤和彦を語ったあと、フォーク・クルセダーズを歌うふたりも
加藤さんの衣装を着ていました。

初めて聴いた「コブのない駱駝」できたやまさんの真骨頂を見た気がしました。
加藤和彦のことを話題にしないでは済まないとしても
「おい、加藤、悔しかったら戻って来い」などと、笑いに包んで言ってしまえるのは
きたやまさんしかいないでしょう。
「それではみなさん また50年後にお会いします」と
最後の最後まで本当によく笑わせてくれました。

「あの素晴らしい愛をもう一度」を
泉谷以外の出演者全員で歌ってのフィナーレでしたが
なんとも贅沢なライブを見せてもらいました。
一度も立ち上がらずにコンサートを見たのはいつ以来のことだか。
そんなコンサート会場の雰囲気にも、とても懐かしさが溢れていました。




プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (28)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (6)
音楽と一緒 (180)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (1)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad