かご作りにハマっています

IMG_4306.jpg
  おととい今年初めて一の森から見えた富士山


 昨年の春頃から、誘われてかご作りを習い始めました。
今まで、野山で見つけた蔓で適当に編んで自己満足していたので、
「どんなかご?」と確認もせずに、基礎を教わろうと二つ返事で「やります!」と答えたのですが・・・。






IMG_2002.jpg


 目指すのはこんなかごでした。
篠竹で作る「めかい」と呼ばれる六角形の目が出来る篭で、
多摩地方の訛りで、「めけえ」ともいうそうです。
そうそう、今でも近所の農家さんの言葉の端っこに、そんな訛りを聞くことがあります。

 江戸時代後期から、南多摩地域の農家の農閑期の副業として始まったそうですが
良い現金収入源になったことから一時はかなり盛んになり、家族総出で分業して競うように作ったので、
山から篠が無くなり、わざわざ津久井あたりから購入したこともあるという話を聞いて、
思わず仲間と顔を見合わせてしまいました。



IMG_4204.jpg


 なぜって、ここらで篠といえば、わたしたちがもう丸7年も刈り続けてきた、
あのアズマネザサのことですから。
刈るのは楽しくて男性は刈払機で、女性はカマでじゃんじゃん刈るのですが、困るのは後処理です。
クヌギやコナラと違ってなかなか土に還らず、カントリーヘッジに積んでも、黒ずんで汚らしい厄介者。

 それが有効活用できるのかーと、すぐにテンションが上がりました。単純なのです。
初回、先輩方が用意してくださった材料で編み方を教わったときまでは、
難しそうだけど慣れれば面白そう、と楽観的に構えていました。




IMG_4255.jpg


 ところが、いざ、山で材料(ヒネといいます)を作り始めてみると
エライ大変なことに手を出してしまったなぁと早くも後悔が芽生えました。
 使う篠竹は、生えて一年目のものだけで、水を吸い上げる前に取るのが基本なのですが、
わたしたちが始めたのは取る時期がちょうど終わる頃でした。

 他の用事で忙しい中、慣れないヒネ作りをするのは、どうしてもやっつけ仕事になってしまうこともあり
そんなへなちょこなヒネしかできないのですから、編むのは至難の業で、ちっとも楽しくないのです。
横を見れば、一緒に始めたのにどんどん上達していく仲間もいましたが、どうせ何をやっても覚えが遅いのは毎度のこと、
「10年やれば上手くなるさ」と、気長に構えていました。行動の伴わない10年では望むべくもないというのに。
正直なところ、7000円も出して購入した特注の「めかい包丁」の存在が功を奏し、辞めずに済んだのです。




IMG_4271.jpg



  100均で売っている、このようなクラフトバンドを使っての講習もあり
なにしろ材料が均一に揃っていますから、編み方も覚えられ、形になる楽しさを味わいました。
そんなことで少しづつ興味もよみがえってきた頃、頃合よくヒネを取るのに適した季節がやってきました。



IMG_4311_20160130140322038.jpg



 形作ったかごの縁に巻く「フチマキ」を取るのは12月中が良いと教わりましたが、
暖冬の影響か1月になっても良さそうで、晴れた日に山に入ると誰かしら仲間も来ていて
回数を重ねていると、ついにこんなに長いのを上手く割ることが出来るようになりました。





IMG_4312_20160130140324d96.jpg


 4~6つに割った竹の皮を剥き、3メートル超えの縁巻き用が何本か取れた日は最高の気分。




IMG_4331.jpg


 作業に没頭しているとあっという間に時間が経ってしまうので、
日が長くなったとはいえ、山では全てやりきれません。
自転車で持って帰れない長い竹を使うものから作り、
ソコフミというかごの網を編む短いヒネは竹を切って持ち帰り
家で作ることになるのですが・・・。

 これがまぁ散らかること。部屋中に笹の切れっ端だの、クズが飛び散り、
猫がじゃれて、被害は更に拡大して、まぁ、こんな感じになります。

 と、かなり強引ではありますが、ここでトム・ペティの登場です(笑)



IMG_4329.jpg
笹じゃないし、藁だし・・



 先日からトム・ペティを聴きたいと思っていたので、今日レコードを探していたら
偶然見つけたのですが、まるでウチの居間のよう、と苦笑いが出ました。
本当に偶然ですよ。
ずいぶん久しぶりに聴いたので、2回続けてかけながら午前中に一番小さいかごの「縁巻き」と
底の補強をする「尻かがり」をして、3コ目が出来上がりました。


 
IMG_4330.jpg


まだまだ修正点がどっさりですが、作り上げてみてわかることがたくさんあるのです。






 IMG_4328.jpg


 3月までがヒネ作りに向く時期らしいので
来週、また天気が良い時にでも刈り取りにでかけようと思います。
そうすると、また我が家が裏ジャケのような状態になるのですが・・。




 トム・ペティ、来日しないかな~ と探したyoutubeで、
スティービー・ニックスがコーラスに参加しているのを見つけました
羨ましい・・













スポンサーサイト

再びのミック・ロンソン

デビッド・ボウイが亡くなってから、ラジオでは毎日のように新旧関わらずに曲が流れ、
ほんの短い時間しかつけないテレビからでさえも、
新しいPVをバックに「最後までアーティストであり続けた」というコメントが付けられ
歌舞伎の要素を早くから取り入れたりと、「親日家」であったことを紹介しながら、
京都でのデビッド・ボウイの映像などを流しているのを目の当たりにすると
ジョンと同じくらい日本人にとって大きな存在だったのだと、あらためて感じています。

 直に聴くことのなかった若い世代の人も
自分の好きなアーティストを通じてデビッド・ボウイを知りファンになったと話していましたが、
そうやって広がり深まっていくのが音楽の大きな楽しみでもあります。
そこで、世代的には逆行してしまうのが情けないところですが、
ちょうど昨年末からイエロー・モンキー・モードに入っていたわたしは
ミック・ロンソンの「HEAVEN AND HULL」を久しぶりに聴くことにしました。




IMG_4252.jpg



 イエモンには、‘70~80(それ以降も)のたくさんのバンドやアーティストに繋がる要素がありますが
とりわけデビッド・ボウイ、ミック・ロンソンに繋がっていったファンは多いと思うのです。
 高橋さんが片っ端からイエモンのDVDを使って、わたしを洗脳して(笑)くれたおかげで、
遅ればせながら知ったアーティストがミック・ロンソンでした。

 つぎつぎ貸し出されるDVDの中で、メンバーがイギリスへ行き、
ミック・ロンソンのお墓参りをし、追悼ライブに出演したシーンがありました。
その頃は、正直に言いますと、ミック・ロンソンという名前は知ってはいても・・・という程度だったのですが
ダンナにきくと、デビッド・ボウイの横でギターを弾いていたことやなんやかんやと言いながら
「うちにもあるぞ」と、このCDが出てきたのです。しかも
「たしか、ライナー書いてるの吉井さんだぞ」と言われて
え~っ早く教えてよ! と言ったかどうかは忘れてしまいましたが
当時はイエモンと交互によく聴いていました。



 イエモンとミック・ロンソンが同時に復活してくる日が再び来ようとは
ついこの前まで想像もしていなかったことですが
デビッド・ボウイが亡くなることだって同じように想像もしていなかったのです。
そしてもちろんあのような悲惨なバスの事故が起こることも・・。
生きていることは奇跡だと、誰かが書いていましたが
それを強く感じる今日このごろです。



 27歳の吉井さんが書いたライナーの締めくくりはこうでした。
「早くこの世に戻っておいでよ。」
さすがに今回はほろっときます。


 もう戻ってこないよ・・。
せっかく22年ぶりに再会したんだから。
向こうでまた楽しくやり始めるころだよ、きっと。
吉井さんだって、今はそう思っていると思うけど、さ。

などとブツクサ心の中でつぶやきながら、アルバムの最後の曲をyoutubeで探しました。








 フレディ・マーキュリーの追悼コンサートのライブのようですが、
見ているとやっぱり元気をもらえます。

一番好きだったときのままで、一番好きな曲とともに
ずっと心の中にいるんだな~。
そんな安心感が伝わってくるせいでしょうか。











思い出した曲

 デビッド・ボウイの訃報はショックでした。
たった数日前には新聞の一面を使った新譜の広告を見たばかりだったのですから。

 そんなにファンだった自覚はないのに、予想外に大きな喪失感を抱えたのはわたしだけではなかったようで
普段は音楽の話などまずしない山の仲間たちも、「ひとつの時代が終わったよね」と淋しげに言うのです。

 デビッド・ボウイ好きのダンナは、先日仕舞ったばかりのレコードをまた出してきて次々と聴いていました。
「レッツ ダンス」を聴いているときに
「あ、わたし横浜で見たんだった」とつい口を滑らせると
「なにお~ オレさまも見てないのに なんで・・・なんでか~ちゃんだけが・・・」と睨まれましたが
あのときは2日前に好きだったレーサーが事故死して悲しんでいるのを励ましてくれようとした友人が
前日になって誘ってくれて急遽行くことになったのでした。
チャイナ・ガールのようなノリのいい曲でも、横浜スタジアムの夜空ばかり見上げていた思い出の夜。

 それがわたしのデビッド・ボウイに纏わる一番の思い出なので、
悲しさがさらに上塗りされた数日間でしたが、
さきほどふっと思い出してyoutubeを観たら、みるみるエネルギーが漲ってきました。
音楽の力ってこういうことなんだな、といまさらながらに実感した次第です。

 






しかも続けてかかった曲からも、びしばしパワーが伝わってきて、ちょびっと泣けます。








 こんな素晴らしい曲がラジオから流れる日常の中で、
意識もしないうちにわたしの中にも蓄積されていたのですね。
本当にいい時代に生まれてきたと感謝したくなりました。

 
 デビッド・ボウイは大きな存在でした。
きっと、ひときわクールに輝く星になったに違いない。
なんて思わせてくれる大スターです。合掌。



イエモンのモンはモンキーのモン

朝起きてくると テーブルの上に大きく広げられた朝刊。
正面に回り込むと 


IMG_4174_20160108171913f40.jpg


 うわ、今日発表ですか!?
やるモンです イエモン

ネコも一緒に回り込み
どいて どいて とご飯で釣って ようやく全容が明らかに

唸っちゃいました 思わず
チケット取れるわけないな~


15年前を懐かしんでいた今日このごろ・・・
そんな方は多いはず

IMG_4180_20160108171911f55.jpg


「申年だからね~っ」
言い残し出勤していった娘


そうか 黄色い猿か
最近伊右衛門の影響か イエモンと聞けば緑っぽかったような気が(^^ゞ


どうする 高橋さん?!



申年がきました

IMG_4126.jpg


 あけましておめでとうございます。
ずいぶん出遅れて、ブログの新年スタートです。

 大晦日の18時過ぎの再配達でコールドプレイの新譜が届き、
どういうわけか珍しく揃って在宅していた娘と息子一緒に、
居間でそのアルバムを聴きながら新年を迎えました。

 ゆっくり聴いたのはその時と、そして今だけ。
慌ただしくて、「ながら聴き」の毎日です。

 どうやらわたしにも介護の時代がやってくる予感がします。
おとといは実家の部屋の一つを妹と片付けたのですが
予期せぬ事態の発生あり、苦笑いあり、大笑いあり、衝撃の大発見ありの一日でした。
かけた時間の割には大して片付かないことを思い知り
背中には常に「大事なものを捨てられる!」と警戒心を向けられている気配に
ちょっぴり疲弊した帰り道、フト思いました。
わたし、介護ブログに引っ越した方がネタ切れしないかも?


 なかなか寝付けなかった夜が明けると、昨日はあまりにも気持ちの良い晴天が広がっていたので
我慢できずに小一時間ほど山へ出かけました。
たまたま居合わせたマスター・ヨーダ級の農家の方に新年の挨拶をして夢の話をうかがい、
落ち葉を5袋分かいてきたら、身も心もすっきり。


IMG_4168_20160105232642829.jpg
 収穫してきた聖護院カブがあまりに大きいので 猫と並べてみました^^


 午後には、実家にリサイクル業者が来ることになっていたので立会いに行ったのですが
もっと両親が元気なうちに、要らないものは廃棄しておけばよかったと反省しきりです。
とはいえ、戦争で家ごと焼かれた経験者には「捨てて」は到底通用しないのですが。


 昨年末から行けずにいた買い物に出かけると
去年の正月にも見た、お猿の大道芸が始まるところでした。


IMG_4165_20160105234927bf0.jpg


 来年も笑ってお猿を見られるといいけど。
張り切って芸をするかわいいお猿を見ながら
「お手柔らかに頼みますよ」と申年の母に念を送る、そんな年明けになりました。


 せめて世の中は穏やかな日々でありますように。
本年もよろしくお願いいたします。

 

 
  それにしても、申年に合わせたかのかな このPV・・・

 




 
プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (30)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (8)
音楽と一緒 (182)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (3)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad