シーナ&ロケッツ ファミリーの思い出

 下北沢に住んでいた頃は、昼夜を問わず芸能人を見かけたものでした。
商店街の向こうから自転車でやってくる柄本さんや
ちょこまかした息子と歩いていたジョニーさん夫妻、
飲みに行った店で大盛り上がりしていたのがカルメン・マキさんだったり
住んでいた頃は当たり前過ぎて、
あ、と一瞬思うだけ、じぃっと見たり、ましてや声を掛けるなどしようとも思いませんでした。

 一番よく見かけたのが、シーナ&ロケッツの鮎川さんファミリーでした。
それは鮎川さんたちの住まいが、わたしたちの店の横の坂を上った辺りだからだと思います。
一時、よく来てくれていたベースの浅田さんは、焼きうどんを食べながら
鮎川さんたちが通るのを待っていたようでした。
とてもシャイな浅田さんが、ダンナもわたしもとても好きでした。
きっとすごい人気者だったのだろうけど、そんなことおくびにも出さない人柄でした。

 奈良さんも何度か来てくれたことがありました。
優しくて感じの良い人だな~と思っていましたが
今、検索してみたら奈良さんもベースだと知って、今更ながら驚いたところです。

 鮎川さんとシーナさんはとにかくかっこよくて
商店街の人ごみでもすぐに目に付くのでした。
かわいい娘さんがいつも一緒で、日本の家族連れとは違う
外国の映画から抜けてきたような雰囲気でした。

 ある晩、店のすぐ近所の膳場パン屋さんで、
わたしが小腹満たしの菓子パンを選んでいてふと振り返ると
鮎川さんの三人の娘さんがキャッキャと入ってきてお菓子を選び始めました。
入口にはまるでレコードジャケットのようなポーズで
鮎川パパとシーナママが腕組みをして立っているではありませんか。

 狭い狭い入口を出るとき
完全に萎縮して声が喉に引っかかり「コンバンハ」とやっと言うわたしに
「うん」と頷いて道をあけてくれたシーナさん。
店に戻ると「鮎川さんファミリーに囲まれちゃった」と誰かれ構わず自慢したのが、
そんなに昔ではないように思い出されるのです。


 柄本さんの自転車で寝ていた小さな男の子が
今ではテレビドラマや映画で親譲りの演技を見せるようになり
チャーの息子と組んだバンドのライブでドラムスとベースを見て
あ~あの時のちびっこ・・・と古き良きシモキタの光景を思い出すことで
時の流れを懐かしんできましたが、今回ばかりは思い出すと寂しい。


鮎川さんのインタビュー


 好きなことを死ぬまでやり続けたシーナさん。
本当にかっこいい生き方だと思う。

youtubeを聴きながらあらためて生き様に触れると
途中で道を逸れた後悔を、せめてバネにしなきゃ恥ずかしいと思えてきました。

 知っているのは数曲だけ。ライブに行ったこともありません。
正直、訃報に接してこんなに寂しくなるのが意外でした。
でも遠い昔、「うん」と頷いてくれたシーナさんとの一瞬は
これからもずっと忘れることなく、何かにつけて思い出すでしょう。

 今は、心よりご冥福をお祈りしたいと思います。









スポンサーサイト

久しぶりの映画館 『はじまりのうた』

 久しぶりに映画館で映画を観てきました。
映画の情報源は、だいたいラジオからで、
『ONCE ダブリンの街角で』のジョン・カーニー監督の新作と聞けば
観ないわけにはいかないよねと、ダンナの休みに夫婦50割です。

 舞台がダブリンからニューヨークへ変わり、
キーラ・ナイトレイのように有名な女優が出ていても、
この監督の作る世界はとても身近に感じますし、
家族との関わりが物語に流れを作っているのも
ONCEと変わらない監督の温かい視点が感じられます。


 どこにでもいるような、ちょいだめな人に「ぷっ」とか「クク・・」と笑わされながら
いつの間にか目頭がじわっと熱くなっているのですが
そういう時は、たいてい音楽を奏でているシーンであることが多く
特にソロで歌う主人公のバックに、いもしないバンドの音が聴こえてくるシーンは
背中がゾクゾクきました。

 内容は調べずに行ったので、マルーン5のボーカルの人が出ていることも知らず
ずいぶん声が高い人だなぁ・・でもなんだか知ってる声だけど・・という具合でしたが、
ライブで歌うシーンはさすが、引き込まれました。

 他にも印象に残るシーンがありましたが、
まだはじまったばかりの映画ですからここでは伏せておきます。


 音楽映画っていいな~。大好きです。






 
蛇足ですが、久しぶりに「年齢確認」を求められたダンナ、かなり嬉しそうでした。



下草刈ったら・・

DSCN0743.jpg

 日曜日の帰り際、不思議な木があるよと話題になった。
写真がピンボケだったので、今日もう一度取り直したのだけど、
見れば見るほど不思議だ。



DSCN0744.jpg


 左の木は松。右はコナラ。
なんで手ぇ繋いじゃったの?
枝に見えるけど、元は地面の中に入っていた部分ではないかと思う。

 ここは切通し。
ここ数年の間にずいぶん土が落ちて、木の根が丸見え状態になってきた。
あと何年倒れずに持つかわからないけれど、
なんだか隣合った縁で支えあっているようで健気だ。



DSCN0746.jpg


 今日は自転車に乗ってから気がついたら、膝の周りが張っていて
山道を登っていると段々と痛くなってきた。
葛を採取しながらゆっくりと歩いて行くと、さらさんとUさんが畑を耕しているのが見えてきた。

 聞くと、先週の金曜日に耕運機で耕していたじゅんさんも今日は膝が痛くて医者に行ってから来るらしい。
わたしも先週は鍬で溝切りをしたのだったが、その痛み?だとしたら何日後に出るんだ? 涙
農作業というのは、それだけ体に負担がかかるのだ。
ずっと長年続けている農家の方は、体の使い方から違うんだろうと思うが
自分のひ弱さが情けなく、つくづく農家の方はすごいなと思い知る。


 なので、申し訳ないが、今日はまだ落ち葉が溜まっていそうな場所の
落ち葉かきと笹刈りをゆっくりとやらせてもらうことにした。



 深く積もった落ち葉の上っ面を引っ掻くように竹箒で掃くと
中の方は湿って腐葉土のようになっていて、その中に新しい芽吹きを見つける。
それを確認して、周りの笹だけを刈る。
時間がかかるが、今日はそのくらいのペースがちょうどいい。


DSCN0753.jpg


 ここで咲いているのを見たことなかったはずのコウヤボウキが
何本も伸びている。
桜の広場から綿毛が飛んできて、着地したのだろうか。

と思ったら



DSCN0759.jpg


 しっかり去年もここで咲いていましたと主張されてしまった。
気づかずにごめんなさい。



DSCN0754.jpg


 今年の冬の入口は、ちゃんと落ち葉かきするから、
来年もっと増やしてね。

 
 お昼になって工事の音が止み、みんなと合流して休憩していると、
腰も痛くなってきたので、今日は早めに下山することにした。
 けれど、コウヤボウキたちのお陰でとても充実した気分だった。
ちゃんと下草刈りに応えてくれてるんだな~・・・。


 
 
 

冬も忙しく賑やかな 里山の中

DSCN0709.jpg


 去年の暮れは、雑木林で笹を刈ったり、落ち葉をかくことが少なかったので
今頃になってまだやっている。
と、もう枯葉の下の地面はむくむくと春が始まっていて、
伸びた蔓が竹箒に引っかかったり
15センチほどに伸びた幼木を倒しそうになってしまったりで
自然の廻りに沿って作業しなきゃと反省していると
いつのまにか頭上が騒がしくなっている。


DSCN0707.jpg


  そろそろジャガイモを植える準備と
じゅんさんが耕したすぐ後に降りてきて


DSCN0708.jpg


 虫を捕まえているらしい
ふっと目をやると土をつついているジョウビタキは
ここが好きな場所らしい。
写真を撮ろうと構えると、一瞬で樹上に上がり
またクワを持つと戻ってきたりする。




DSCN0649.jpg


 秋の工作のために、葛の蔓を集めるのも今のうち。
わたしたちのエリアでは、親の敵のようにやっつけてしまうので
今の季節、ほぼ姿が見えない。
山道の脇に垂れ下がった蔓を見つけては、張り切って引っ張ると
枯れ枝や枯葉、それにホコリをたっぷりまき散らしながら葛が落ちてくる。

 それを整理中、もみじさんが言うことには、
葛の冬芽が一番かわいいらしい。
うん、たしかに、鼻がチャームポイントかも。



DSCN0705.jpg


 小屋の屋根の色、派手になったねってみんなで話してたけど、



P1090175.jpg


 2年前にGさんが塗ったのと同じ色だった。
すっかり剥げてしまってた。
これでGさんも一安心してくれているだろか。



DSCN0698.jpg


 楓の広場前では、大家さんが大木を伐採したり笹を刈ったり
チェーンソーや刈払機の音があちこちで響き
里山は明るく様変わりしてゆく。


 春が来たらまたあっという間にひと巡り。
あれもしたいね、これも・・・と言ってるまに過ぎていくことだろう。





ストーンズの初来日から25年

写真


 も経つんだなぁ・・・。







 ポカリのCM やってましたね





 円形校舎の文化服装学院
新宿の伊勢丹にロン・ウッドの個展を観に行く道すがら
渋滞した窓越しに見たのが 最後
 ベビーシートにいた娘が卒業してからも数年が経ち
時の流れは 否応なし・・・


寒くてきれいなダイヤモンド富士

DSCN0604.jpg


今日はカテゴリに悩みます。
南ちゃんの定例活動の日で朝から山に入って
ダイヤモンド富士を見て 夕方まで山で過ごしましたから


DSCN0568.jpg


 午前中は、陽の当たる場所での下草刈り。
一昨日の雪で笹が倒れて雪の下に隠れています。



DSCN0569.jpg


 それを起こして刈っていると上半身は暖かくなるのに足の裏の冷たいこと。
ジンジンしてきて感覚が麻痺しそう。

 それでも、スキーで山の空気をめいっぱい吸い込んだ時のように清々しくて
年に一度あるか無いかの雪のある雑木林での作業を楽しみました。




DSCN0577.jpg


 お弁当のあとはミーティングをして、一旦解散。
夕方のダイヤモンド富士まで残る人、帰る人、一度帰ってまた来る人と様々です。
3時間以上もあるので、落ち葉をかく人、間伐をする人、
雑板を燃やす人と好きなように動く自由時間。
わたしも一旦山を降りて100均へ。

 金串とマシュマロとスティックメロンパンでおやつタイムを狙いました。


DSCN0582.jpg


 ところが、さすが年の功には勝てません。
一の森に現れいでたるこの鍋


DSCN0583.jpg


  カンカラ三線で奏でる沖縄民謡で温められると



DSCN0584.jpg


 おでんが出てまいりました
美味しい~っ!





DSCN0588.jpg


 友だちの友だちとか
雪で山に行けず たまたまここに歩きに来た人とか
自分の仲間を連れて来てくれた人とか


 たくさんの人がお腹を温め 心を満たして
ダイヤモンド富士を待つことになりました



DSCN0594.jpg
 雲ひとつない空の下
幕開けは、ノスリ(猛禽) の夕日の舞い
羽を輝かせて 気持ちよさそう



DSCN0602.jpg


 サングラスも効かない眩しさ
どんな写真が撮れているかもわからず押しています



DSCN0604.jpg


 今日 ダイヤモンド? と訊くと

 うん、ダイヤモンドだよ と応えがきました  ほっ



DSCN0606.jpg


 雲が無いのも淋しいもんかな思いましたが
富士山の雪が風に風に舞う様子が幻想的



DSCN0618.jpg


 去年とは全く違う表情の
ダイヤモンド富士が見られました



DSCN0619.jpg


 暮れてしまうと 寒さが 一段と増すのに
みな名残惜しくて なかなかその場を動かず
いつまでも シャッターを切る音が 止みませんでした


 また来年・・・





プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (28)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (6)
音楽と一緒 (180)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (1)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad