七輪の効用

IMG_8659.jpg

 
 娘が突然、「燻製器、買おうと思うんだけど」と言うので、
そんなの買う必要ないよ、これがあれば出来るんだから、
そう言って久しぶりに、七輪を引っ張り出してきました。



IMG_8658.jpg



 震災の時などにも使えるだろうから、
使いこなせるようにしておかなきゃね、
ということで、新聞、松ぼっくり、炭をいれていざ点火。
なにしろ久しぶりなので、うまく着くかどうか。



IMG_8662.jpg


 娘がホームセンターで買ってきた炭は、
よく見ると炭になりきっていない部分もあって、
なかなか火が移っていきません。

 子どもたちが小さい頃は、キャンプに行くと必ず焚火をしたもので、
しょっちゅうやっていた頃は、毎回上手く点火して
気持ちのよい炎を見ながら大人はお酒を飲み、
子どもたちは、暗くなった木立から松ぼっくりを拾ってきては
「入れてもいい?」と
いつまでも楽しそうにくべていたものでした。

 そんな過去の栄光の話をしていても、
炎は一向に大きくならず、
チーズをスタンバイした中華鍋を持った娘は
今か今かと待ちわびています。



IMG_8663.jpg


 松ぼっくりが赤くなってきても、
まだまだ温度が全然足らないので、
「それをガス台に乗せれば簡単なんだけど・・・ね」と言うと、
「は? じゃぁ、この七輪の意味は?」
「・・・・風情があるじゃん」
「・・・・・・ふぜい・・・風情?!」


 わたしはこの時まで、
七輪で、と勝手に決めつけたのがわたしであることを、
これっぽっちも自覚していなかったのでした。
娘は、ただ燻製が作りたかっただけで・・・。


 それを聞いた娘は、
ガス台で炭を起こすために、
行ったり来たり。




IMG_8670.jpg

 
 ガス台に中華鍋を乗せないところが、いいやつだよな。
母は、呑気にそんなことを思いながら、
娘が運んでくる炭で、なんとか少しでも炎を大きくしようとやってみていましたが、
それとは関係なく、 あっという間に、七輪の中はいい感じになりました。


IMG_8665.jpg


 それでも、やっぱり困難なことは楽しいもので、



IMG_8669.jpg

 こんなバタバタした時間は無駄ではなかったようです。

 娘のもやもやっとした悩みは、
もうもうとした煙の中で、小さくなったらしいですから。



IMG_8673.jpg


  チーズはちょっと焦げちゃいましたが、味は美味っ!

 ゆで卵についた網模様を見て、
「燻屋(いぶしや)やるなら、屋号は井上だね」と話したりして、
一緒にブラックニッカなぞ飲む珍しい夜になりました。



写真 (6)


  「燻しタクアン入りポテトサラダ」。
娘の飲み歩き先のメニューだそうで、
翌日、みなみちゃんのジャガイモで作ってみました。
もうちょっと燻されたタクアンだと、よかったかな。
でも、意外とおいしい組み合わせでした。



 
スポンサーサイト

エリオット・スミスとの出会い

IMG_8524.jpg



 知らないままにならなくて、よかった。
そう思えるアーティストのCDを、このところヘヴィ・ローテーションしています。

 エリオット・スミス。
その人の歌を知ってから、まだ1週間ほど。
 テレビで放送された『グッド・ウィル・ハンティング』を録画して、
秋の夜長に、と観てからです。

 こんなにいい映画を、今まで知らずにきたことを、まず後悔しました。
でも仕方がない。
1997年頃といえば、生活の中心は子どもたち。
子どもたちと一緒に観に行ける映画で、充分満足していた時期でしたから。

 この映画を観ることが出来て、本当によかったと思いながら
エンドロールで、挿入歌を歌っていたアーティストの名前を必死で追いました。
 エリオット・スミス。
youtubeに名前を打ち込むと、主題歌 miss miseryがすぐに出てきました。
聴き始めると、あと一曲で終わりにしようと思いながら、
結局かなり夜更けまで聴き続けていました。

 物悲しいような、儚いような、優しい曲を聴きながら、
エリオット・スミス自身を検索すると、彼も11年前に亡くなっていることがわかりました。

 また間に合わなかったな。
と、思いましたが、違う思いも湧きました。

 もし今、生きていたとしても、
亡くなっていることと、どれほどの違いがあるのだろう?と。
もちろん、さらにたくさんの曲が生まれたでしょうし、
ライブがあったら生で歌を聴くことも出来たでしょう。
亡くなったことを、ずっと悲しんでいるファンの方には申し訳ありませんが。

 でも、わたしにとっては、たった今、好きな曲に巡り会えたことがうれしく、
エリオット・スミスというミュージシャンを、
この先も知らないままにならなかったことが幸運です。 
  
 
  『グッド・ウィル・ハンティング』は、これからも何度か観ると思いますが、
俳優も、ミュージシャンも、亡くなってもなお、作品の中に生き続けるということを
あらためて感じさせてくれた今夜のことを、観るたびに思い出すのだろうと思います。








みんなでどんどん刈って広がった一の森

IMG_8530.jpg

 天気予報が変わって、気持ちの良い天気になった今日は、
9月に入って、やっと定例活動が出来た。

 一の森へ行くと、意外なことに富士山が見えていた。
それだけ空気が澄んできたんだな~。



IMG_8547.jpg


 平日にも来れる人が、思い思い広げた場所からは、
今までと違う景色が見えるようになった。



IMG_8535.jpg

 でも、今日はみんなで一斉に上の段を広げていくことに決めていた。
夏休みボランティア体験で、中学生が刈ってくれた場所の続きだ。

 どんな景色になるかな~?
と楽しみに作業をしていると、久しぶりの顔が次々に現れた。
他の用事をこなしてから来てくれたり、
8月の夏休み前から会っていなかった人たちが
一の森に集結してくれて、嬉しいったらない。

 人数が多いと、かなりの量を刈っても、あっという間にヘッジに積んで片付けられるので、
どんどんはかどってゆくのが楽しくて、さらにどんどん刈ってしまう。

 お腹空いた~!と、荷物置き場まで戻るのが、
「遠くなってるね~」と大笑い。


IMG_8548.jpg

 お昼ご飯を食べて帰る人もいれば、お昼から来た人もいるので、
午後も続きをやることにしたら、
「あの木を出すまで」
「やっぱりあの木まで」とキリがない。

 終わってみれば、笹薮がなくなった、すっきりした雑木林が
奥へ奥へと広がって、みんな満足気な表情。充実感いっぱいだった。

 小屋に戻って道具を片付け、解散すると
桜の広場経由で秋の花を楽しみながら、
ゆっくりと山を降りてきた。



IMG_8551.jpg

                IMG_8554.jpg

IMG_8559.jpg

                IMG_8562.jpg


IMG_8570.jpg




カテゴリ編集

 最近、物忘れが日常茶飯事です。
ないと思って買ってきたものは
「あぁ、ないと思って昨日買ってきたのだった」
ということが普通に起こるし、
「あ~、やっちゃった!
さっき、これはやらないことに決めたのに」
と後悔することが無い日が無いのです。

 そんな呆けかけのわたくし、ちょっと前にブログを書いていて、
それもけっこう長い文章で、やっと書き終わるかな?というところで、
ハッと気がつきました。
「これ、前にも書いたかも?」

書いたよ、これ、絶対、書いた。
そう思って、探そうとしたのだけど、
いつごろ書いたのか思い出せない。
まだ1年9ヶ月しか書いてないのに。

 でも気になるので、片っ端から探して見つけ出したら
当たり前に、ほぼ同じような内容で、力ががく~んと抜けました。

 そんなことがあって、過去記事を探し出す苦労と
同じことを書かなくて済むようにするには、どうすればいいのか
やっと考えまして・・

 他人様のブログのように、きちんと列記しておこう。
と思い当たりました。
 あ~、でも、あれって、どうやるんだろう?
さらに考えること数日が経ちまして、
やっと昨夜から、取り掛かっております。

 タイトルだけで、内容がないようなものも散見され、
反省の機会にもなり、
たまにこういう振り返りも必要と思い至っている次第です。

 過去記事へのコメントも頂ければ嬉しく思います。
あと数日かけて、過去振り返りの旅(カテゴリ編集)を続けてまいります。


 

今は遠くへ行かなくても

IMG_8348.jpg

 昨日、子育て真っ最中のいとこたちが、
BBQやキャンプの楽しそうな画像を送ってきた。
3連休なんだね~、世の中は。と言うと 

 母は何連休?と娘が訊く。
 主婦は、年中無休だよ。

 今日だって、家族はみな出勤だから、6時前から起きて
いつも通りに家事をこなして、それからお弁当持って山に来た。


 畑の土手でワレモコウを見たら、
キャンプのときにテーブルに飾ったな~なんて思い出す。
ちょうど9月のこの週末だった。
休みといえばキャンプ! だった日々が我が家にもあったのだ。
懐かしい。

 


IMG_8304.jpg
                      IMG_8306.jpg

 おととい、南ちゃんで初めての、玉ねぎの種まきをしたので、
ようすを見ると、からっから。水を撒いてトトロのようにジャンプしておいた。
火曜日には芽が出ているかな^^



IMG_8309.jpg

 蒔いて9日目の大根やカブは、すごい早さで成長している。
見事にたくましい根になる頃は、雑木林もすっかり葉を落としているんだな~。



 今日はこんなにいい天気だから、誰か来るかしら。
身支度をして一の森へ向かう。



IMG_8359.jpg


 キンミズヒキが縁取る、一の森の道を思い描いているけれど、
それにはまだ数年かかりそう。

  今日は、今度の活動日に、男性が刈払機でここの草を刈ることになっているので、
ガガイモやヒヨドリジョウゴなど、残して欲しいものを見つけ出して印をつけに来た。



IMG_8361.jpg


 ガガイモの実がなり始めているのを見つけた。
わずか1cmほどなので、手での作業でなければ見つけられるわけがない(泣)。
この段階で刈られてしまうと、種が飛ばず、姿を消すことになる。

 しかも、周囲はこのところ勢力を拡大しているメヒシバで、
それを刈払機でエイヤっとやるのは、むしろ種まきを手伝うボランティアかも。
これは、手で抜いて即座にビニール袋に収めるのが、まだましな方法ではと思うが。


 お弁当を食べ、もうひと仕事して、
葛をたくさん袋に詰めて、持ち帰ることにした。
これで、草木染をしてみるつもり。
 


IMG_8352.jpg


 小さい香取線香を腰にぶら下げているのに、
写真を撮ろうとじっとすると、あっという間に蚊が寄ってくる。
あのプ~ン という音を聞くだけで、痒い気がしてくる。
 
 それにもメゲず、マヤランの写真を撮って、3ヶ所刺され(>_<)
畑に戻る道で、もみじさんに出くわす。

 話をしながら、もみじさんが七輪をスタンバイ。
七輪を囲み、草木染めの媒染液用に刈って干しておいたヒサカキを燃やす。つもり。
燃やして灰を取るため。のつもり。

 なのに、ヒサカキは昨日の雨で湿っているのか、一向に燃えない。
燃えないのに、ふたりで少しだけ気にしながら、話し続け、チャッカマンを差し込む。
葉っぱが一瞬ボゥっと燃え、それ以上は広がらない。

 湿気てるからな~と内心思いながら、話しに夢中で、チャカチャカ向ける。
ふたりで「燃えないねぇ」というセリフを挟みつつ、また違う話になり、
とうとうもみじさんが買ってきたばかりの、おニューのチャッカマンは
ガス欠になった。 
そろそろ帰ろうかな。



IMG_8366.jpg


 無意味なことをし続けるふたりの話を、
サトキマダラヒカゲが、じっと聴いていた。
わけはないと思うけれど、名前を教えてもらったので、
忘れないように書いておく。

 渋滞にハマることもなく、お金もかかることなく、
近場でこんなに楽しいわたしは、幸せものだな~。


IMG_8367.jpg

IMG_8370.jpg


 さくらの広場を通り、もみじさんが11個見つけたタマゴタケを6個ダケ確認して、



IMG_8376.jpg


 毎年の場所でゲンノショウコのピンボケ写真を撮ったところで、
iPhoneのバッテリーが切れて、画面が真っ黒になったので、
これ以上なにか見つけたら困るので、
なにも見ないようにして、山をスタコラ降りることにしたのでした。









 







 

U2の最新アルバム わたしも音楽の歴史の大きな一歩の一部になりました

 昨夜、帰宅した娘が
「Give me wi-fi 」と訳のわからないことを言いながら居間に入ってきた。

なんじゃい?と顔を向けると
「母はまだu2をダウンロードしていないのか?」という。

??? ??? ???っ?
?の三本締め

なんでも、今夜12時までなら、u2の最新アルバムが
無料でダウンロードできるのだと言って
iPhpne画面から目を離さない。

Apple-u2の最新アルバム


そのうち、娘はダウンロード成功。
どうやんの~?とか聞いてるうちに
わたしのiPhoneにもu2が入ってしまった。


お店のレジに持っていく悦びと
バイトで貯めたお金を使う悦びと
小脇に抱えて持ち帰る悦びと
初めて針を落とす悦び は?


天からお金が降ってきたと思って 有り難くいただけ


娘に言われた通り

今、初めて 有り難く じっくりと聴いてみる


確かに いいものは いい

u2はいつだって かっこいい


ありがたい、うん

 

そういえば、娘はゆうべ、今夜限りと言ってた気がするけど
よく見ると、10月13日まで あやかれるそうな



写真










Swing Out Sister ライブ

IMG_8286.jpg

 地下鉄の乃木坂駅を出ると
ゲリラ豪雨真っ最中で、
考えなしに歩き出してすぐにずぶ濡れ、
堪らずコンビニに駆け込んで雨宿りとなりました。

 まったく六本木なんて不慣れな街で
この雨はないよな~。
早めに来たから余計に濡れるという、あ~あ。


IMG_8288.jpg

 開場時間にはほぼ雨も上がり、
初めて入るEXシアター六本木前には
熱心そうなファンがポツポツ。



IMG_8289.jpg

 あ、いつの間にか、名前に変わってる。
昔なら、入口で即没収されるので、
カメラを持ってコンサートに行くことなんてなかったから、
こんな写真、撮らなかったよな~。
どこでも撮るようになっちゃって、とか思いながら、
恥ずかしげもなく、パシャリ、パシャリっとしてしまう。
あ、パシャリって音も、今はしないですね。



IMG_8291.jpg

 最近はスマホ撮影まったくOKなアーティストも多いようだし、
今日も一枚くらい撮れたらいいな~なんて気軽に思っていたら・・・
厳しかったですね。
公演前も後もプラカード持った係の男性が睨んでました(^^ゞ

  
 ちょうど喉が渇いていたので、カシスオレンジを片手に席に着き、
ダンナが「埋まらなかったら、どうしよう」とまったく余計な心配をしていたのを横目に
会場に入ってくる人たちを眺めていました。

 う~ん、さすがにわたしたちでも浮かない年齢層。
男女それぞれお一人の方も多く、カップルも同窓会が出来そうな雰囲気で、
こんな時に、昔付き合ってた男性が奥さんと連れ立って来るのを見たら・・・
と、これはわたしが余計な想像を巡らせておりました。

 時刻通りだったと思います。
急に胸がギュッとなり、それまでの雑多な感情が消えて、
目の前に、本当に真正面に、スラリとしたコリーンのシルエットが見えました。
わ~、きれい。

 大きなスクリーンでSwing Out Sisterのライブを見ているような、
不思議な浮遊感に包まれ、オープニングの初めて聴く曲に酔いしれていると・・・


ん?  やっちゃん?

 コリーンの右側にいるギタリストが、
ここにはいないであろう人に見えたのです。
百歩譲って観客でいることはあっても、
まさかステージ上でギターを弾くなんてことは
絶対にありえない、だって、その人は、
その人は、梨売りのやっちゃんだから。(推定60歳)


 え~ん、もう一旦そう思ってしまうと、そう見える、
というレベルを遥かに超えて、人種も超えて、
やっちゃんにしか見えない!
という十字架を背負ってのライブとなりました。


 おしゃれで、華やかで、でもとても真摯で、
そんなコリーンの歌唱に圧倒されます。
コーラスの女性にボーカルをとらせて、自分は横でリズムをとるコリーン。
その女性の歌唱への大きな歓声で会場は、間違いなくひとつになりました。

 普段シートがあるライブでも、始まれば立って見るのが当たり前だったので、
ずっと座りっぱなしでリズムに合わせて、というのも、ちょっと疲れますが、
各パートにソロをとらせる間に、コリーンも腰掛けてリラックスムードを醸しているので、
それに合わせてのんびりと楽しめました。

 キャリアの長いふたりの懐の深さは、もちろん音楽にも現れていて、
オープニングの曲以外は、どの曲も知っていたのですが、
初めて聴く曲かと思うほどのアレンジが施され、
そうなると、その中に聴こえる、耳覚えのある音に、じわっときたりするのでした。

 ♪ 中央フリーウェイ~ ♪では、会場がわぁっと湧きました。
「中央」以外は、英語の歌詞でしたが、
コリーンが中央高速をドライブしたことがあって、
その上で歌っているように聴こえます。

 しかも、その次が、まさかのドラム・ソロ。
各パートとはいっても、Swing Out Sisterのライブで、とは意外中の意外ですよね。

 
 途中、何度かやっちゃん攻撃を受けても、
終盤に差し掛かるほど、魅了されてゆく素晴らしいライブでした。


 流行りのおしゃれな音楽と、80年代は素通りしていた音楽に、
「これもSwing Out Sisterなんだ」と、気になる曲をメモっていて気がつき始めたのは
いつ頃からだったか。

 アンコールでいよいよ会場が総立ちになって、
ブレイクアウトの大(?)合唱に。

 最後にメンバーが肩を組んで挨拶のあと、
初めてアンディがなにか言いたそうにして、コリーンが「シィ~ッ」っと指を立てると、

 パンパンパン パンパンパン パンパンパッ パン!

 なんと三本締めです。
な~んか、もう嬉しくって、頬が緩みっぱなしで
 サンキュー! 
届かないけど口にして、会場を後にしました。



IMG_8294.jpg


 首都高の下に東京タワーが見えて、
おのぼりさん丸出しでパシャ。


IMG_8296.jpg

 
 今夜はいい気分なんだよ~。
年取るって、やっぱり楽しい。
そんなライブの夜でした。









 


 

セプテンバーというのに ~安倍さんの訃報

IMG_8284.jpg 

 9月になると聴きたくなる、チューリップのこのアルバム。

 ‘心の旅‘で一躍有名になっていたチューリップを
なんてったってわたしのアイドル!にしたのは、
高校に入って知り合った、同級生サッチが貸してくれた、
このアルバムを聴いてからでした。

 シングル曲の元気すぎるポップスの印象とは一味違う、
まだその当時には聴いたことのなかった、
かっこよくて聴きやすい日本語のロック。
爽やかな弦の響きと財津さんの声。
大人のセンスに、女子高生はイチコロでした。

 9月の文化祭。
友だちとライブスケジュールに合わせて、校舎と体育館を巡っていると、
音楽室からチューリップの曲が聴こえてきました。

 そっとドアを開け、暗幕で足元の見えにくい中、空いていた椅子に座ると、
ドラムスの後ろに、黒い模造紙に銀色で描かれた、ムーミンパパがライトに浮かんでいます。
メンバーの顔に見覚えはありません。
友だちによると、一学年上の男子たちのようです。

 新設校で2学年しか在校生がいないのに、
各学年10クラスで、わたしにはどの人が1年だか2年だかさっぱりでしたが、
地元の中学からの生徒が多かったので、地元の彼女にはわかるようでした。


 次の曲は、その友だちが普段から好きだと言っていた‘デイ アフター デイ‘。
「明日は最初から見に来ようね」と、まだ終わってもいないのに
喜々として約束したものです。

 チューリップのコピー曲が主なレパートリーだった、ムーミンパパ。
数曲聴いた中に、このアルバムの収録曲‘セプテンバー‘がありました。

  9月だから、といえば単純過ぎる話ですが、
ムーミンパパのお陰で、ちょっと甘酸っぱい思い出にも浸れるのです。

 
 そんな9月の朝だというのに、
今朝、新聞に安倍さんの訃報を見つけて、少なからずショックでした。
亡くなったのが7月7日の七夕なのに、今朝の新聞で知ることになったのは、
居住先がインドということが関係していたのでしょうか。
脳溢血、64歳。
 久しぶりにお名前を拝見したというのに。




 いろいろと探していたら、
youtubeにはないだろうと思われた曲があったので、こちらを





IMG_8285.jpg


  安倍俊幸さんの ご冥福を心よりお祈りいたします。


大根の種蒔きと、じゅんさんの秘密の小径

IMG_8208.jpg

 空が高くなって、爽やかな空気。



IMG_8211.jpg

 けれど、日陰のない畑は、戻ってきた残暑がきびしく、
腰をかがめた作業の後は、クラクラ~っと立ちくらみ。


IMG_8210.jpg


 冬の根菜の種まき。
大根とカブを、今年はじゅんさんの言うことをよくきいて、丁寧にまく。


IMG_8212.jpg


 根菜だからね、根っこを大事に育てないと。
間引くときに残す方のことも考えて。
やっと出来るようになったかな。


 お昼の後に、虫除けのためにネットを張ったら作業は終了。
みんなで一の森へ回る。


IMG_8221.jpg


 じゅんさんが喜々として「秘密の小径」を案内すると言うのでついていくと、
いつの間にこんなに整備したの?と驚く程。
笹が刈られてきちんとヘッジが積まれている。

 しょっちゅう行っている場所でも、
見る場所と角度で、見えなかったものが見えて、新鮮。



IMG_8223.jpg

 
 階段も作ってある~。
大人の遊びの力を思い知りましたm(_ _)m

 おそらくそこはずっと昔、道だった場所なので、
ここから丹沢越しの富士山や南アルプス、秩父といった眺望を
楽しんでいた人がいるんだろうな~と想像するだけで楽しくなる。


IMG_8224.jpg

 
 初めて「窓」を開けてから、もうすぐ3年。
それより前の様子を思い出すのが、だんだん難しくなってきた。
最初は、ここが変わったことを驚かれるのが嬉しかったけれど、
この頃は、通る人からも、当たり前の景色になっていれば嬉しいと思う。



IMG_8226.jpg



IMG_8218.jpg


 6月にクズたちを退治した場所も、夏の間にこの有様。
明日の、夏休み明けの南ちゃんの活動で、
またこざっぱりと変身させてやるからな~!!




IMG_8217.jpg

 
 わたしの夏休みの宿題、火の用心の看板をやっと提出。

 わたしもむか~しタバコを吸っていたので、
ここで吸ったら美味しいだろうな~と思います。
でも、吸殻は持ち帰りが最低限のマナーの筈。
これで、吸殻が無くなればいいなと期待しています。

 


大丸用水沿いに

IMG_8172.jpg

 町の名前は稲城。
ですが、今、田んぼは希少になりました。

 稲刈りの後の、稲を干す様子が、城のように積んだことから稲城という名前になったと、
小学校の頃に習った気がするのですが、
調べても、どっこにもそんなことは書いてありませんでした(^^ゞ
う~ん、授業中に夢でもみていたのかもしれません。


IMG_8175.jpg


 今日は、な~んとなくそんな気がして、大丸用水を見たくなりました。
なんでだろう、な~んとなくそんな気がした通り、
水が豊富に流れていました。



IMG_8178.jpg


 江戸時代に造られたというこの用水。
立派に現役。



IMG_8180.jpg


 ずいぶん見ることの少なくなったジュズダマが、
田んぼの脇で実っていました。
黄色い小さな花の写真を撮ろうと試みましたが、
風に邪魔されてピンボケばかり。残念。



IMG_8183.jpg

IMG_8186.jpg


水争いが絶えなかったという喧嘩口。
何箇所もあります。



IMG_8187.jpg
  今日


DSC04893.jpg
  2009年
 メタセコイアの木がなくなりました。
日陰になっちゃうものね。




IMG_8188.jpg


 今日一番期待していた、立体交差。
上の水路に、これだけたっぷり水が通っているのを
久しぶりに見ました。

 以前、こんなときに、気持ちよさそうにヘビが泳いで(流れて?)いたのを見て以来、
凝視するのはやめています(キッパリ!)。



IMG_8192.jpg

 カワヤナギの巨木。


IMG_8193.jpg


 せまっくるしそう



IMG_8195.jpg



 どこぞの秘境のようですが


IMG_8197.jpg
 
 南多摩駅のすぐ裏です
高架工事のために、見事だった桜がすべて伐採されました。
駅前にあんな見事な桜並木があったら、降り立った人が感動しただろうに
もったいないな~。
桜の周りにカフェとか花屋さんとかお店が並んだら
素敵だったろうにな~、、、未練タラタラっすよ、本当に。
あ、言葉遣いが、、



IMG_8198.jpg





IMG_8199.jpg


IMG_8200.jpg


IMG_8201.jpg


 帰り道、「秘密にしたい花園」に立ち寄って深呼吸
ふぅ~


 

 

 
プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (30)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (8)
音楽と一緒 (182)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (3)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad