-3℃の風を感じるティンガーラ

IMG_7629.jpg

 忙し過ぎた7月が
酷い口内炎を置き土産に今日で終わります。

 今日は33℃まで上がると聞いたので、
フィルムタイプの薬を付貼って、じっと布団で寝そべっていようかと思いましたが、
貧乏性なので、そんな風に過ごせる筈もなく、
も少し気温が上がったらエアコン付けようと思いながら、
まだ付けずに過ごせています。

 熱中症が怖いですから、我慢なんてしてません。
南北に風が通るので、網戸にして家中に風を回し、
レコード回し、アイスコーヒー何杯も飲んでこの時間。


IMG_7708.jpg


 もう何年も前から、エアコン付ける前の1枚です。
-3℃の風が吹いて、スっと心地よくなるのです。

 
 テレビで偶然、沖縄の版画家、名嘉睦稔さんの特集を見て、
このジャケットもその方の作品だと知りました。
 なにしろCDジャケットは小さいので、
よく見もせずに、色遣いがきれいな絵だな~くらいにしか
思っていなかったのが恥ずかしくなったものです。

 それからすぐの、今日のような真夏日に
東京駅近くの、常設ギャラリーまで出かけました。
 今考えると、なぜ行ったか忘れてしまっていますが、
そのときは、どうしても見たいと、なにか気持ちを突き動かす理由があったのでしょう。



IMG_7710.jpg

 沖縄に行きたいという願いが、
そこに行けば少し叶いそうな気がしたのかもしれません。

 行きたいな、沖縄。
小さな一筆箋に描かれた、沖縄の夏を覗いて
もう一度 CDを最初から聴くことにしますが、
2回かけたからといって、-6℃にはなりません。
あしからず。


youtubeには、このアルバム曲が見当たらないので
なにか涼しくなりそうなものを・・・



 
 
スポンサーサイト

みなみちゃんの昆虫観察会

IMG_7567.jpg

 予想最高気温35℃の今日は、
エアコンの効いた部屋で、体を休ませております。


IMG_7562.jpg

 去年、おととしと『稲城の生き物見つけ隊』で開催していた昆虫観察会を、
今年はみなみちゃんの会で引き継ぎ、昨日行いました。 


 参加約60名は去年と同じ規模で、
顔が見えるちょうどいい人数でした。
去年より、子どもさんの年齢が低くなったようで
最初の急坂は「もう疲れた~」と愚図る子もいましたが、
いざ、虫取りが始まれば、どの子も楽しそうに網を振って、
疲れはどこへやら、ゴキゲンに!


IMG_7579.jpg


  向かいの山がハゲてしまったので気温が上がり、
乾燥した風が吹くようになった場所からは、
明らかに昆虫が減ったそうです。


IMG_7584.jpg


 夜間、クヌギ・バーでおいしい樹液を吸ったカブトムシやクワガタを、
頭のいいカラスが、明け方狙い撃ちするので、
「ライバルはカラスですよ」という方もいました。
残骸がけっこう山道に散らばっているんですよね~。
カラスの異常な増え方も困ったものです。



IMG_7593.jpg

 かわいい子どもさんのために!
というより、子どもにかえって夢中になっていた(?)
お父さんの頑張りの成果!

「ボクが見つけて お父さんが採ったんだよ」
お父さんの株があがりますね。




IMG_7597.jpg

 お昼は桜の広場の涼しい木陰でお弁当タイム。
こちらで用意したソーメンを食べて
捕まえた昆虫を本で探したり、先生に聞いたり


IMG_7603.jpg

 先生からの昆虫プレゼントには
じゃんけん対決の大熱戦。
将来のせんせい候補が、この中にいるかも?



IMG_7605.jpg

 畑のジャガイモは、里山募金してもらうために用意したのですが、
ニャンコが見たくて、ちびっこがお母さんから100円もらってくるので
大繁盛になり、嬉しいやら申し訳ないやら・・。
「ありがとうございま~す」


IMG_7612.jpg


 ご飯のあとは、「おべんきょう」をして解散の予定が、
「もっと 虫とりたい~!」とみんな元気です。
しばらく遊んで満足すると
せんせいに「ありがとうございました!」と笑って帰って行きました。

 誰も熱中症にもならず、スズメバチなどにも刺されず、無事終了とともに
一昨日からの疲れが、一瞬だけ吹き飛びました。


IMG_7615.jpg


  緊張感も解けて、ゆっくり眠って今朝起きたら、
筋肉痛20%増量中?の重だるい体。年齢に正直ですねぇ。


IMG_7596.jpg


 そういえば、クヌギについた珍しい蛾の話をしていた先生たちの側で、
仲間に「ノヤマトンボが・・」と話したとたんに、
「え、なにトンボ!!?」と、一斉に先生たちがこちらを見ました。

 視線に込められた昆虫一筋の底知れぬ思いを受けて、
植物だというのがどれだけ申し訳なかったか 笑

 あれだけムキになれるものを持っているっていいな~。
羨ましくて仕方がない思いをまた味わい、
わたしの『ムキ』を探さねばと、思ったりした夏の里山でした。 


オオムラサキに会いに北杜市へ



 いつ頃までの話か定かではありませんが、
稲城の南山でも、少し前まではオオムラサキが飛んでいたという話を聞いて、
一度、オオムラサキを見たい、どんな環境にいるのか見に行こうと、
みなみちゃんの有志で、日帰り研修旅行に出かけました。


IMG_7430.jpg


 ♪8時25分の~ あずさ5号で~ ♪
すみません、年代なもんで、歌わずにはおられないのです。
もちろん、心の中でですが。


IMG_7431.jpg


 スーパーあずさで甲府まで行き、鈍行に乗り換えて


IMG_7434.jpg

 
  海抜615メートルの


IMG_7436.jpg


 日野春に9時59分着。早いっ、近いっ。
でも駅を出るまでに何分かかった? 
いつもながらの珍道中は、
この時すでに第2ステージ、くらいか? 



IMG_7438.jpg

 灼熱の跨線橋を超える。結構怖いこの道、多分間違えたよね。
 でも、頂上まで行くと、真下に建物が見えた。


IMG_7441.jpgIMG_7440.jpg


  上の写真手前が森林科学館、その奥にオオムラサキ型のオオムラサキセンター。
 下は、ネット張りの観察施設、びばりうむ長坂。
 


IMG_7443.jpg

 
 夏休みが始まっているので、観光バスが並んでる。
 でも、特急に乗って、こちらも夏休み気分全開。
  どんとこい、子どもの団体^^


IMG_7454.jpg

 びばりうむの中を案内してくださっているのは、読売ランド昆虫館の吉田さん。
いつも南山でお世話になっている方なのです。
少年の頃から日野春へ通っている昆虫一筋、今も少年のままのような方です。


IMG_7456.jpg


 蛹の抜け殻。
 こういうツルッとしたところにくっつくのが好みなんだとか。



IMG_7462.jpg


 「オスいないかな~」とキョロキョロしていると、
 バサバサっと大きな羽音がして、
 ハッと振り返ると、メスがぶつかってきそうな勢いで飛んでいます。
 ちゃんとわたしも見なさいよ!ってこと?

 初めて見つけたオスは、もうおじいちゃんなのでしょうか。
 羽の輝きも褪せたように見えました。
 


 ここから幼虫でま~す! 
 とてもかわいいけど、苦手な方は 要注意です。








IMG_7465.jpg

  
 おじいちゃんだって、こんなかわいい時があった。



IMG_7471.jpg


 幼虫のムーちゃん、園児たちにも大人気。



IMG_7466.jpg


 クヌギの樹液場が混雑のため、こちらも盛況。
 かなりカメラを近づけても、見向きもしないほど熱中しています。
 
  


IMG_7472.jpg


 森林科学館の中の展示。
 その数を数えたら、宇宙的な数字になりそうなほど、


IMG_7474.jpg


  たとえばこれも、



IMG_7475.jpg


  こんなのも、本物の蝶で作ってあり、館長さんのこだわりは相当のものです。
  びばりうむで、子どもたちに説明するのに大忙しの館長さんを見た時も
  映写室でフィルムを見せていただいたあとに、お話もさせていただいた時も、
  目尻に刻まれたシワが印象的で、 
  たくさんの人と話をしてきた人だと伝わってきました。
  
   



IMG_7477.jpg


  持参のお弁当でランチタイムの後は、
  自然公園に出てハンモックの誘惑で、
  ついゆらゆら 危うくウトウト・・
 


IMG_7494.jpg


  ですが! 研修ですので!歩きます!!
 と、観察樹で大ビンゴ!いるいる、オスですよ。
 でも、羽を閉じたまま樹液を吸っている。
 今日は全員カメラを構えて、パッと開く一瞬を狙って、粘ったあのですが、
 腕がプルプルしてきて、やっと撮れた数枚は、残念ながらすべてピンボケ。
 にわかファンには甘くないです。
 

 なので、動かないユリを一枚。
 ウバユリっていうらしいけど、怖い名前と顔。


IMG_7485.jpg


 公園の端の方にある吊り橋を渡ると


IMG_7489.jpg

 
 棚田のある農村風景が広がって気持ちがいい。
 ぐるっと一周するには、気温も高く、時間も心配なので、
 今回はここを終点に引き返しました。


IMG_7521.jpg


  戻ってゆっくりテラスでソフトクリームを食べながら、
  目の前の風景を見ていると、
  一の森をこんな風にしたいとイメージが膨らみ、
  それが、わたしには、この研修で一番の収穫だったようです。


IMG_7499.jpg


  午前中の写真が、殆どボツなのがわかって
  もう一度、樹齢100年というクヌギに会いに行くと、
  あんなに集っていたオオムラサキもカブトもカナブンの姿もなく
  しんと静かな午後の大樹に、いい時間が流れています。


IMG_7503.jpg

 
   賑やかだったびばりうむも、静か。
  そっと歩いて行くと、こんなシーンに出会えた。
  ラッキー。

  わたしは昆虫にまったく詳しくないのだけれど、
  午後はあまり飛ばないのかな。
  みんなどこに行ってしまったのかと思うほど静かで不思議。


  と・・・あ、こんなところに!
 

IMG_7506.jpg


  な~んだ、みんないたのね。


IMG_7508.jpg

 
  3時のおやつタイムかな。

 
IMG_7513.jpg


  同じ場所に集まって、無音の賑やかさ。
  静かなのは、人間が少ないだけね。


IMG_7512.jpg


  
  館長さんのお話を聞いて、オオムラサキを呼び戻すために大切なことは
  規模は小さいけれど、いつもやっていることだとわかった。
  下草を刈って山を気持ちよくすることが、まずはなにより最初の話。


IMG_7516.jpg

 
  大きなエノキは倒されてしまったけど、
  一の森にたくさん生えてきた。
  オオムラサキのためにするのではないけれど、
  続けていれば、いい環境が出来ていく。
  


IMG_7521.jpg


  もう一度この写真を見て、イメージを膨らます。
  口にすると夢は叶うらしいから、みんなにも言いふらそう。
  この写真をみんなにも見せて、一の森をこんなふうにしたいと。


  電車の時間までたっぷりあるから。
  そう言ってのんびりしていた。
  余裕を持ってオオムラサキセンターを後にして歩き出し、
  例の跨線橋はやめない?となった。
  前の方を歩いていた部活帰りの学生に、さらさんが聞いてみる。

  「こっちの道でも駅にいけるって」
  よかったね~と違う陸橋を渡り、そのコたちを追い越しながらお礼を言い、
  「駅まで何分かかる?」ときくと
  「15分くらい」


   え”~!!
    あと10分だよ、電車の時刻・・

   なんで いつも こうなるのぉ~?!
   泣いても笑っても 過ぎた時間は戻らない。
   灼熱のアスファルト地獄を早歩きしながら、
   今更してもなんの足しにもならない反省と後悔。

   先行ってみんなの切符買って~!

   え? 一番年少なので、やはりわたしか!?
   背中をおっぺされて走る、走る・・もう やだ  暑い
   でも 韮崎からの特急券を買ってあるのだ やだけど 走る
   人から見たら せいぜい早歩きだっただろうけど
   
   なんとかギリギリ駅に着き、覗き込んだ窓口には
   白いカーテン・・・
   無人駅になっていた。


   「ねえ、さっきの無人駅から この無人駅までって 料金どうするのかしら?」
   無事に乗れた鈍行で、アンさんのおしゃべりが始まる。
   しばらくすると「韮崎よ、韮崎だからね」とさらさんに念を押される。
   ついおしゃべりに夢中になって乗り越せば、さっきの苦労は水の泡。
   鈍行の窓から、追い抜いていくあずさを見るという、
   忘れられない思い出は、もうこれ以上はいらないから、
   みなで集中して韮崎で降りた。

   八ヶ岳も南アルプスも、すぐそばにあるのに
   ゆっくり見るひまもなかった大忙しの帰り道。

   あずさで新宿まで乗り越すという悲劇も起こらず、
   まだ日のある夕方に、日帰り研修の1日が終了となった。
 

   
   
   
   
   



   
  
  


 


台風8号と山形と

IMG_7220.jpg

 先週、台風8号のニュースを気にしながら、山形へ行ってきました。
毎回福島、宮城、新潟などを経由してプチ旅行気分を味わいながら行くのですが、
今回は、東北道で豪雨に遭い、細い峠は避けることにして国道13号線へ降りて、
途中の米沢で一息入れ、いざ、ダンナの実家へ、ということになりました  泣笑

IMG_7222.jpg

 杉山神社の裏手でコーヒー休憩と車を降りると
スマホが変な音を発するので、なに、地震?と思わず緊張しましたが
初めての緊急災害情報が流れてきた音でした。
 窓の外はむしろ少し明るくなって、雨も小止みになってきたんですけどね。


IMG_7231.jpg   IMG_7230.jpg

 
 いつでも寄れると思って、行ったことがない場所ってありますね。
それが米沢でした。
 せっかく来たので、杉山神社に詣でてみると、しっとり静かで
何年か前に大河ドラマ「天地人」で賑わった時代は過ぎたようでした。



IMG_7237.jpg

 米沢では薄日すら差していたのに、北上すると再び雨が降りだし、
昔から好きだったこのあたりの景色もモヤの中。
ずいぶん変わってきてるんじゃないかな、南陽市赤湯あたり。



IMG_7240.jpg

  高層マンションが見えてくると、一度は住んだ街に 「と~ちゃこ」。

 それから数分後に車を降りた後は、雪国特有の二重サッシの中で、
外の様子もニュースも見ずに、数時間が過ぎ 
夜中の1時半過ぎ、切羽詰まったお義母さんの声で目が覚めると、
なんと避難勧告が出ているというのです。

既に半分ほど水が引いている状態でしたが、
念のため車だけ、近くの大型スーパーの駐車場に避難させました。


IMG_7245.jpg


 実家は、以前の家を新築した時に床上浸水の被害にあったので
今の家に建て替える時に1メートルほど土盛りしたので難を逃れましたが、
ご近所の家では翌朝、畳を干したり、泥水をかき出したり、てんやわんやでした。
 
 ニュースを見れば、昨日写真を撮った南陽は全国ニュースに出るほど被害が出てしまいましたし、
災難は忘れた頃にやってくる、というのはこういうことなんですね。


IMG_7247.jpg


 今回は元々観光する予定はなく、お義母さんたちの買い物に付き合ってきました。
わたしたち夫婦の年齢にしては珍しく、
両親が4人揃っている幸せな時代はそろそろ終わりが近づいた気がします。
これからは、お返しをしていくのだなぁとしみじみと思いました。


IMG_7262.jpg

  盆地の中の街。夏暑くて、冬寒い。
今から雪かきの心配をしているお義母さんに返す言葉は、
簡単には見つかりません。


IMG_7265.jpg
 
 ぬいぐるみになった きてけろくん。
彼女が出来た。ベニちゃんっていうそうな。


IMG_7281.jpg


 帰京する日は雨が上がったので、一度見てみたかった紅花の畑に寄りました。


IMG_7286.jpg


 ジブリ映画「思い出ぽろぽろ」の舞台になった山形市高瀬地区は
トトロがいそうな、懐かしい場所でした。


IMG_7290.jpg

  お茶を買うとカエルくんがついてきた自販機


IMG_7291.jpg


  むふふ、ここにも


IMG_7292.jpg


  こんなところにも




 そのまま山形自動車道に乗り、さよなら山形。


IMG_7297.jpg

  抜けたー。

なんでしょ、この青空は。


IMG_7298.jpg
 

 群馬県館林あたりはこの日の最高気温が38度。
ガラス越しの日差しで腕が痛いほど熱く、
その先はお約束の黒い雲が待ち受けて


IMG_7300.jpg


 来るよ、これ
と言っているまもなく


IMG_7301.jpg
 
 来た、来た



IMG_7303.jpg


 大粒の雨に出迎えられて首都高へ


IMG_7306.jpg


 ターミネーターでも降りて来そうな 怖い空

 
 
IMG_7308.jpg
 
 
 魔法にかかったように新宿にワープ、
ここから30分ほどで家に到着できてしまう。
山手トンネル様さまに感謝して、無事、山形ツアー終了いたしました。










 

梅雨の晴れ間の作業日は 


 毎日のように雷注意報が発令されて、
寝不足のふらつく身では逃げ足が鈍いと足が遠のき、
9日ぶりになった山の上りはキツイ、キツイ。
ふう~っと息を切らしていると、


IMG_7104.jpg

 おや、こんなところに美味しそうな和菓子が落ちてる!

とよく見たら、ハリガネオチバタケでは?
以前見た時と色が違うようだけど、足の細さはまさにハリガネ。
だから、そうかな~と思う次第。

 
IMG_7106.jpg

 おおらかに伸びた草木で、狭くなったように感じる里山の道。



IMG_7105.jpg

 26日の昆虫観察会の案内を掲げた看板を過ぎて、
小屋に着くとみなさんすでに準備万端。

「何時から起きてるの?」
「ちゃんと寝ましたよ、9時から3時間と、3時から1時間半」

ワールドカップが面白すぎて、いつ寝てるんだかの毎日がバレバレです(^^ゞ



IMG_7112.jpg

 ひゃっ、もうこんなに伸びたの?
9日前に退治した葛やら笹が、すっかり勢いを盛り返してる。

IMG_7118.jpg


 解りにくいけど、葛に絡まれ窒息しそうな植樹したクヌギの幼木。


IMG_7117.jpg

 解りにくいけど、周りの草木に背を抜かれて行方不明になっていたクヌギの幼木。


IMG_7116.jpg

 この幼木が成長した一の森を想像しながら、
汗を拭き拭き草を刈る。


IMG_7119.jpg


 昼休憩は上段の木陰で食べようと上がっていくと、
忙しそうに羽をばたつかせる水色の虫が、目の前を横切った。

 ルリボシカミキリだ。
今年になって、ここにも現れるようになった。


IMG_7122.jpg

 
 伐採した木が好きだと聞いた通り、伐採木で作ったイノシシで羽を休めたり、
ベンチの下で交尾をしたり、何匹も姿が見えてみんなで喜んでいると


IMG_7127.jpg

 いつの間にかタマムシが悠然と姿を現していた。
忙しないルリボシカミキリと違って、置物のようなタマムシ。
どちらも昆虫観察会に来る子どもたちが見たら喜びそうだねぇ。
26日も来てね、と言っておく。



IMG_7139.jpg

 環境が変わってしまったので、もう出てこないかと心配していたマヤランも
地面の中が変わらなければ問題ありませんとばかりに、元気に咲き出して安心した。


IMG_7141.jpg

 ヒメヒオウギスイセン、ヒメヒオウギスイセン、ヒメヒオウギスイセン。
これで大丈夫、名前、覚られた・・・んじゃないかな。

 ヒメヒオウギスイセン前の畑のおじさんが、上半身裸でじゃがいもを掘り出している。
「その姿を見ると夏がきたって感じですね~」と笑う。


IMG_7144.jpg

 トウが立って自由過ぎるセロリ、


IMG_7145.jpg

 食べごろを迎えたトマト、

 
IMG_7146.jpg

 挿し木で育てたヤマツツジもぐんと成長して、


IMG_7147.jpg

 里芋も順調、順調、


IMG_7148.jpg

 茎の先端の雄花から


IMG_7151.jpg

 このヒゲに花粉が落ちて受粉する

 ということは、この男らしいロックな(?)ヒゲが雌花ってこと!?
今まで知らずに、どれだけのとうもろこしを
おいし~い、あま~い と食べていたことか、恥ずかしい。
山梨のおじさん、おばさんごめんなさい。

 
 IMG_7150.jpg

 毎年、勝手に咲き出すひまわりは、
年々図太くなっていくな~。

 そこが土である限り、人間の心配なんてなんのそのなんだな。
季節が来れば当たり前に顔を出す。
そこが土である限り・・・。

 そこが土で・・・
あってくれれば   なぁ・・



プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (30)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (8)
音楽と一緒 (182)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (3)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad