雨が空から降れば

 IMG_7028.jpg

 昨日は、挿し木で苗作りをしておいたヤマアジサイを、
一の森の育成場へ移した。

 
 IMG_7029.jpg

 数人でやればあっという間の作業だけど、
ジメジメの湿気で勢い付いた蚊の攻撃に遭ってカユ~イのなんの(>_<)


IMG_7030.jpg

 こちらも勢い付いたクズやヤブガラシ、タケニグサ。
絡まれたクヌギの幼木、あわや窒息寸前、助け出す。

 昼ご飯はGさんベンチに座っていただく。
小屋とベンチ、Gさんはこうやって参加し続けてくれているんだな、としみじみしていると
雨の音が聞こえてきた。

 見上げると何千、何万という糸が垂れるように見えるけど、
頭上の梢が守ってくれて、しばらく濡れずに雨具の準備をさせてくれる。
 とはいえ、昨日はなにも持たずにいったので、
大きなビニール袋をマントのようにして、
木のトンネル道を、畑へ向かう。

 雨はたくさんの広葉樹に降りかかって、
葉っぱに溜まった雨が茎を伝わり、木肌を伝わり、
ゆっくりゆっくり地面に滲みて、根っこが喜び微生物が喜んで
山の中に滲みていく。


 IMG_7032.jpg

 畑に戻ると小雨になった。

IMG_7033.jpg

IMG_7031.jpg


IMG_7034.jpg

楽しみにしていたナワシロイチゴがついに実になった。

酸っぱいけど、美味しい。

「年取ると、酸味に敏感になるんだって」
と聞けば、まだまだと嬉しいじゃない。

IMG_7035.jpg


 自転車に乗っていると霧雨が降ってきて、
気持ちよく なって、頭に浮かんだこんな歌。





  しみこむ~


ゆっくりゆっくり しみこむ雨であって欲しいと願います






 
 
 


スポンサーサイト

ワールドカップとジャガイモ掘りで過ぎていった1週間

IMG_6950.jpg

 今日は雨でほっとしています。
開幕以来、W杯を早起き&夜更かしで見続けて、
それだけでもなんだか日中ふわふわしているのに、
この1週間に3度、晴れた空の下でジャガイモ掘りをしたので、
そろそろ家でゆっくりする時間が心身ともに欲しくなってきたところでした。

 
IMG_6883.jpg

 去年は土の上にひょろりと茎らしきものが残った下を掘ってみるような情けない有様だったのが、
地道なテントウムシダマシほか、虫退治が功を奏したのか、
当たり前といえば当たり前ですが(>_<)
葉っぱがある状態で、まずは火曜日にお客様を迎えました。


IMG_6889.jpg


 このグループは、去年は雨の中のジャガイモ掘りだったので、


IMG_6893.jpg

 芋の付きが良くて、あっという間に収穫した後は、
お昼ご飯の前に、一の森まで散歩に出かける余裕もありました。


IMG_6906.jpg

  何回か来ているうちに、どんどんこの山が気に入っていくのが会話から伝わってきて、
一番後ろで聞いていると、思わず頬がほころびます。



IMG_6936.jpg

  この日は、同じ山の違う畑へ、ジャガイモ掘りの手伝いに、
南ちゃんの仲間たちと参加しました。
 知り合いの農家さんに、都内の幼稚園の子どもたちが、毎年やって来るのです。
 
「これ、よ~く見て覚えておいて。秋に来た時にどんなふうになってるかな~?」
ここらでは当たり前にある柿の木を指さして、
園長先生はそんな風に次に来る時の楽しみを作っていました。


IMG_6938.jpg

 今年はジャガイモが大豊作で、次々に大きなのを掘り上げては、
子どもたちが大きな声で競い合って賑やか、賑やか。
 最後に、オレンジトマトをもいでその場でいただくと、体も心もほっとしました。

  

IMG_6945.jpg


  そして昨日は、南ちゃんの収穫祭。
一番上の写真がキタアカリで、


IMG_6948.jpg


 これは男爵いも。
わたしたちのジャガイモも、豊作でいい出来でした。
 揚げたてを用意したポテトには次々手が伸びて、
用意してあった分では足らず、追加で作ったポテトチップスもあっという間になくなりました。


 メンバーも含めると45名ほど集まったらしいけれど、
わたしたちの会のイベントには、ちょうどいい人数だったかな。
 小さな子連れの方も多くて、興味はイモより虫!という子もたくさんいたので、
また来月、今度は昆虫観察会に来てくれるといいな。

 
 それにしても、あまりに収穫量が多くて、持ち帰ったのはほんの一部。
「しばらく主食はジャガイモにすること」というお達しまで出たので、
今夜は蒸したジャガイモにジャガイモごろごろカレーをかけて食べることになりそうです。



 

 
 

天気予報は信じましょう

IMG_6792.jpg

 早起きしてサッカー・ワールドカップの開幕戦を見たら、
不思議なことに、こんなおばさんの体に、栄養ドリンクでも流し込んだようなパワーがみなぎってきました。
そこで、今日は午前中から山へ行って働くことにしたのです。

 今日はよく晴れてくれたので、昨日から部屋干ししていた分と、
今日洗った分の二日分の洗濯物を干せるだけベランダに干して、
どこからともなく湧いてくるパワーで自転車を軽々こぎ(電動ですけど、なにか?)
坂道をグングン登ってゆくと、入道雲も元気よく湧いています。

 ちらりと見た天気予報は、午前11時に雲から稲光が出ているマークだったけど、
そんなに早く降るわけないっしょ!
と見なかったことにして出かけて来たのは大正解だと、この時も思いました。


IMG_6791.jpg


 入道雲を写していたら、
いつの間に出来たのか、ニューのっぺら丘を発見!
流行ってるんですねぇ。


IMG_6797.jpg

 雨できれいに咲いたヤマアジサイを写し


 
IMG_6798.jpg


 いつものニ叉も写し、こんなに晴れているんだから、と畑へ入り、


IMG_6800.jpg

  じゅんさんの指示でスイカの行灯カバーを外し、
カボチャもネットを取り払うと、伸び伸びと蔓が広がり、なり始めた実が姿を現しました。
 
 超晴れ女のさつきさんも来たので、安心して畑周辺の草取りに没頭していたら、
昼ころに日傘を差してやって来たアンさんが、
竜巻注意報が出ているとさつきさんに話したようです。

 それをさつきさんが大きな声で教えてくれたとき、同時に雷が鳴りました。
振り返り見上げると、クヌギ林の上空まですでに真っ黒な雲が覆っています。

 わぁ~、洗濯物!!
家までは、20分近くかかるので、頭の中はそのことでいっぱいになりました。


IMG_6804.jpg



 ばたばたと道具を片付け、
自転車を止めた山の入口まで大急ぎで歩く間も雷鳴が轟き、
まだ降らないで~と言いながら小走りするけど、
いつからこんなにドンくさくなったのかと情けないほど足が進みません。



IMG_6805.jpg

 青い空がどんどん隠されていく(泣)



IMG_6806.jpg

 自転車に跨り、大急ぎで坂道を降りて
大きな通りの赤信号を待つ間に、霧雨が降り出しました。
 洗濯物さえ無事なら、わたしは濡れても構わない。
ううん、むしろ大歓迎したいほど、気持ちがいい。

 でも洗濯物は濡らさないで・・・(>_<)

 次の通りも、運の悪いことにまた赤信号で、
左右を見ると車が来ないので、渡っちゃお! としたとき、
通りの向こう側、木の陰に白バイが~(>_<) ナンヤネン、コンナトキニ、コンナトコデ


 次の大通りも赤信号で、焦れったく待つわたしに車の中から哀れみの表情が向けられます。
同情するなら 送ってくれ
とは言わなかったけれど、天は同情してくれたのか、雨は一気には落ちて来ませんでした。


IMG_6807.jpg


 でもその代わりに、どこかの誰かが思い切り恨みを込めたような、
手加減のない勢いで、大きな雹が襲ってきました。

 メガネにガツン!  割れちゃうよ~ いたいよ~
 体にピシッ! バシッ!!  怖いよ~ いたいよ~
 
 泣きながら我が家に辿り着くと、雹と大雨が入ったバケツがひっくり返り、
玄関前3歩のところで、荷物ともどもずぶ濡れです。
でもまぁ怪我することなく、無事に帰還できました。


 IMG_6808.jpg

 猫たちも、あまりの雨の音の大きさと、真っ直ぐに突き刺すような稲光を怖がって
足元にまとわりつかれて、あわや家の中で転倒しそうになりながら、
なんとかベランダへ出ると、湿ってしまった洗濯物を取り込みました。
 風の向きが幸いして、この豪雨の中では、奇跡的な状態で助かりました。


 IMG_6810.jpg

 だいたい、こういうとき、シャワーを浴びて出てくると
嘘みたいに晴れてるんだよな・・

 そう思いながら出てくると、まさしくその通りに晴れているではありませんか。
気をよくして、もう一度洗濯物を出したのは言うまでもありません。


 朝からの疲れが出て、ついうとうとしていると
耳を疑う大粒の雨の音!


 今度はしっかり濡れてしまいましたとさ。


 おしまい。


IMG_6794.jpg

 雷雲に乗ってやって来た 白い竜の子どもの頭。
 
 今年も 雨に濡れたから 会えたんだね~。



COLDPLAY ライブ なう!

 生まれて初めての経験を今しています。

家に居ながらにして、ライブが始まる直前の興奮を、
そして観客の歓声に頬が緊張で引き攣るという経験を。

 クリスの「コンバンハ~・・・」のあと、イントロはチャリー・ブラウン!

 会場にいる人が羨ましいと思ったら、
キリがない。

 こうしてラジオで生中継なんて粋なこと。
キャパ2000はずっと先まで語れる人たちに・・。

 そろそろ電気を消して聴こうと思います。
9時まで 1秒1秒大切に・・。


 COLDPLAY と J-wave に ありがとう。



 

 
 

 

ピーター・ガブリエルを聴いていた頃

 帰宅してそうそうに「ピーター・ガブリエルって知ってる?」と娘が訊いてきたので、
もちろん知ってると応えると、「この曲、カバーなんだけど・・・」と
ガァガァした音を立てるiPhoneを渡されました。

 ガァガァと(わたしには聴こえた)いう声とは釣り合わない中性的な美女が
小さな画面の中で髪を揺らしながら歌っているのをしばらく聴いてみても、
いっこうに心当たりがなく、わたしの知らない曲なのだなと思った時、
 I reach out from the inside と、
唐突に聞き覚えのあるフレーズが出てきました。

 この曲なら知ってるどころか、カセットが擦り切れるまで
何度聞いたか知れないというほど聴いたアルバムの曲です。

IMG_6784.jpg


知ってると答える代わりに don`t give up と歌う(つぶやく?)と
「それって、もしかしてケイト・ブッシュと歌ってる曲? またそこに戻るのか~(>_<)」
そう言って椅子にヘタリと座りました。

 娘は以前にも、あるバンドがカバーしてる曲が気に入り、
調べてみたら家にあるケイト・ブッシュのアルバムに入っていることが判明したことがあったのでした。


「まぁ、家に帰ればレコード買わなくて済むじゃんてことだったしね」
わざわざポータブル・レコード・プレーヤーまで買ったけれど、
実家にあるのと同じレコードを買う無駄に気がついたと、
家に戻ってくる話が出たときに、そう言っていたのでした。
 
 テープは擦り切れて捨ててしまったのでyoutubeを開き、
娘とふたりで画面を覗き込んでいましたが、
ケイト・ブッシュとピーター・ガブリエルがしっかと抱き合って
 don`t give up と繰り返すのを見るうちに、
そんなに久しぶりに聴くような感じがしなかったので、
試しにレコード棚でPのあたりを探ると、
フィル・コリンズから3枚隔てて、ちゃんと‘So‘があるのでした。
 いつの間にかダンナが買って、娘からもわたしからも注目されずとも
コツコツと聴いていたので、久しぶりではなかったようです。


 実はテープは店で擦り切れたのではなく、
妊娠中でアパートにいることが多かったわたしが持ち帰っていたのですが、
それと交互に聴いていたのが、ジョニ・ミッチェルの Chalk Mark In A Rain Storm 。

IMG_1581_20140611164328ff8.jpg


 こちらも一曲目にピーター・ガブリエルとのデュエット曲が入っていますが、
数年前までのジェネシスの取っ付きにくいイメージを払って
フィル・コリンズとともに、一躍ヒット曲の世界で大活躍の二人に、
ちょっとだけ点目になりながらも、かなりヘヴィ・ローテーションしていたのが、
26年後の今になって、その成果が現れたのだと
ひとりほくそ笑んでいる次第なのです。

 
きっかけはこの曲でした




こちらは当時も見たことがありましたが、色褪せないですね
モノクロだから・・・ではなく・・・



植物イラストレーターと社歌!?

 市民活動をサポートしてくれるNPOが、月に一度開く「金曜サロンスペシャル」は、
いなぎに関わる様々な方が、テーマに沿って話をしてくれる気軽な会(サロン)。

 ゆうべは、植物イラストレーターの廣澤毅さんが
「稲城の雑木林に自生する野草たち その魅力に取り憑かれて」をテーマに
約2時間話してくださった。

 広沢さん、ペンネームは簡単だからというのが理由でこの字を使っているそうだけど、
そんなエピソードも、いい意味でゆる~い雰囲気を醸す広沢さんらしいなぁと思う。
j-waveで山田五郎とショコタンがやっていた『TOKYO REMIX ZOKU』に出演したほど、
冬芽好きなら知らない人はいないだろうという、その道のオーソリティでいらっしゃるんですけどね。

 友だちのもみじさんは、大の冬芽好きだから、
広沢さんが稲城に在住であると知った時は小躍りするほど喜んで、
さっそくあちらの野草散策会に参加すると、
こちらの観察会にも来てくださるよう約束を取り付けてきた。

 そんなご縁で、今まで何度か山の中でお会いして、目の前の植物のことを話したり、
「いなぎの生き物見つけ隊」の打ち上げで、一緒にお酒を飲んだこともあったけれど、
話題はほとんど植物と昆虫のことばかりで、経歴は聞いたことがなかったので、
植物に関すること以外は、酔うと三線を弾きながら歌う陽気な方としか知らなかった。

 昨日初めて伺う話の中には、システムエンジニアをされていたことや、
その頃、ハワイアンバンドを組んでスティールギターを弾いていたこと、
勤め先の富士通で社歌を作る際、社員に作詞作曲の公募があり、
曲を応募したところ採用されたという意外過ぎる経歴が明らかになった。
 補作曲が小林亜星、歌は加藤登紀子というからさらにびっくり。

 youtubeで調べたら出てくるかもね。
帰り道で話題になり、今日調べてみたけれど、残念ながら
いまのところたどり着けていない。

 でも、調べてみて驚いたのは、社歌がぞろぞろと出てきたことだった。
試しに触りだけ聴いてみると、昭和の匂いがプンプンする懐かしいメロディが続出し、
思わず斜め45度上を仰ぎ見てしまいそうになるw

 その中に『川の底からこんにちは/木村水産 社歌』があった。
なんだか題名が可笑しくて、つい映画館に観にいってしまったあの映画・・
クリックしてみるとしっかり社歌のシーンが流れてきた。
満島ひかりさん、この頃わたしは知らなかったけれど、
いい女優さんになりましたよね。
 
 元気が出ますよ、どうぞ聴いてみてください。




 昨日植物のスライドを見ながら、とてもわかりやすい説明を聞いて、
今日もう一度ネットで復習しておけば、完璧に覚えられるぞと思っていたのに、
パソコンを開くとついこうやって脱線してしまうので、
わたしはなんにも身につかないんだな~。

 



こんないいアルバムを

IMG_6652.jpg
 
 昨日は真夏日の中、一の森の葛やヤブガラシの退治をして、
その疲れがまったく抜けず、今日はダラダラと過ごして、夕方になってしまった。


IMG_6681.jpg

 昨日、帰り際にもみじさんと見つけた大きなキノコ。
詳しいわけではないけれど、
キノコが目立つと梅雨が近い気がする。

 空気の重さや首の痛さに、最近では膝の痛さも加わって、
梅雨を教えてくれるものが増えた。

 貴重な晴天に、もっと洗濯しとけばよかったな~。
シーツとか、バスタオルとか。

 そんな罪悪感と、もう一つ。
図書館で借りたのがきっかけでハマったジョン・メイヤーの Born and Raised。
買わずにyoutubeで聴いている。
毎日3回も。

 こんなにいいアルバム、そうはないと、想いながら。

CSN&Y?
ダンナも思わず耳を引っ張られた表題曲と、





一耳惚れした曲を貼り付けます。





買いま・・・す、きっと。








 
プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (28)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (6)
音楽と一緒 (179)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (2)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (1)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad