洋楽をみせてくれた川村さんに再会

 このブログを始めた頃に、レコードの思い出から繋がっていった
高校生の頃のことを何度か書いていると、
わたしが洋楽を好きになったきっかけは、
あるテレビ番組の影響が大きかったのだと思い至った。

 終礼とともに校門を出て、なんの楽しみもない自宅に帰っていたわたしが、
偶然見つけたテレビ番組。
 幸い、家族は誰も帰って来ていなくて、
大きめのボリュームでつけたテレビの前でひとり
海外のミュージシャンや、その後ろに写っている「外国」の景色に夢中になっていた。

 最近の若者が、あまり海外に興味が向かないと言われているのとは反対に、
わたしは、まだまだ遠い存在だった外国に、とても憧れがあったし、
海外のミュージシャンでも当たり前に動画が観られる今と違って、
部屋に貼ったポスターを眺めるのがせいぜいだった時代に
「動いている!」のを観られるのは、どれほど画期的なことだったか。


 大恩人を探し出したいと、何回か検索をしてみたけれど、
顔と声しか覚えておらず苦戦してきた。
それでも、このネット時代なら、なんという番組だったか、DJがなんという人だったか、
いつか探し出せるんじゃないかと思いながら、今日まできて、
それほど気負いもなく検索を始めたら、ついに辿り着いた。


 すごい、youtubeまである。
何十年ぶりに再会した、顔と声。
あ~、この人だ、この声だ、この番組だ。


 


 川村尚さんという名前で、当時は喋っていたようだ。
そう、そんなお名前だった。
 POPS IN PICTURE・・・そうか、そんな番組名だったかもしれない。

 1978年に放送された分だと、見たかどうか、放送時間に家にいることが少なかった頃だ。
けれど、Slade、Grand Funk、Suzi Quatro どれもこの番組で観たのは覚えている。


 とても残念なことに、昨年亡くなられたというニュースも、検索途中で目にした。
そのニュースなら、新聞で見たことも覚えていた。
 その時は「関西のラジオ パーソナリティだった・・・」という見出しで
まさか、この方と同じ方とまでは、思い至らなかったけど。


 このyoutubeをアップしてくださった方には、お礼を言わなくちゃ。
お陰で、川村さんに会えました。


 感謝の気持ちとともに、ご冥福をお祈りさせていただこうと思います。
本当にありがとうございました。







 
スポンサーサイト

リンゴパンを焼きながら

 今、紅玉酵母でパンを作っています。
アップルパイを作った時に、せっかく紅玉なのに
皮を捨てるのはもったいないと、芯と一緒に発酵させておいたのです。

10-24_20131029213504353.jpg



 「紅玉」は子どもの頃から「コウギョク」と読んでいたのですが、
山形では、わたしの知る限りでは「ベニダマ」と呼ばれていました。
さすが紅花(ベニバナ)の里!?

 そういえば、山形に住んでいた時、病院の待合室で
東海林さんを「トウカイリンさん」と呼び出すのを耳にして
「あ、間違えてる」と内心思って見ていたら、
「は~い」と普通に答えていたので、ダンナに確かめると
同級生にも「トウカイリンさん」がいたと言ってました。
ところ変われば、なんでしょうかね。


 と、話があさっての方へいってしまったので、戻します。
このリンゴは皮ごと食べる方が美味しい、ということでは一致したので、
今日は、発酵仕事を終えた皮をミキサーにかけ、一緒に練りこんでみることにしました。


 ミキサーの蓋を開けると、風邪をひいた時に母が作ってくれた「おろしりんご」そっくりな
見た目と香りが、ぷ~ん。
 捏ねている時も、発酵の様子を見るときも、成型するときも
ずっとベニダマの香りが漂っていました。
 焼き上がりが楽しみだな~。


 さて、今は2次発酵中なので、非常にベタではありますが、
ポール、ジョージと続いたところで、リンゴの曲を聴いて待つことにしようと、
棚を探しましたが、レコードがありませんでした(^^ゞ


 ビートルズのレコードをかけて、リンゴのボーカル曲を拾うのもなんですし、
好きな曲をyoutubeで聴きながら、書く事にしました。


 まずは「思い出のフォトグラフ」から。




そして「明日への誓い It don`t come easy」。




 どちらもジョージとの共作で(といっていいのかな?)、
ついこの間「Living in the material world」を観たばかりの身には、
思い出し涙が出てきそうです。


 リンゴが最後に語る、ジョージとの最後の会話・・泣きますよ~。 
あ、また、思い出し涙が・・・゜・(ノД`)・゜・


  あ、焼き上がりました。


IMG_2406.jpg


 う~~ん、底が割れた(。-_-。)

悔し涙が・゜・(ノД`)・゜・

 でも、やはり香りはベニダマです。

 よしよし、とすることにしましょ。






リビング イン ザ マテリアル ワールドを観て過ごす

 台風で、秋の行事が飛ばされた人が沢山いらっしゃるだろうこの週末。
それでも、なんの被害も無く過ごせることを、
有難いとあらためて感じさせられますね。
これ以上、自然災害が猛威を振るわないよう、祈るしかありません。


 わたしも、南ちゃんの会で参加予定の市民祭りが中止になり、
今日は、ぽっかりと時間が空いてしまいました。


 そんな昨日、TUTAYAディスカスから、
これ以上はないだろうというDVDが届いたのです。


 ジョージ・ハリソンの「リビング・イン・ザ・マテリアル・ワールド」と、
「シュガーマン 奇跡に愛された男」という組み合わせ。


 ジョージの3時間半もある映画を、自宅でゆっくり観るには
今日はとてもふさわしい土曜日でした。


 一昨年、映画館で観たのですが、忘れていたシーンも結構ありました。
やはり映画は一度目は夢中で見てしまう分、冷静さに欠けているのでしょう。
初めて観るような気持ちで観られるのは、ある意味ラッキーなことでもありますね。


 ジョージが主役には違わないのですが、もちろんビートルズのヒストリーもあり、
ジョージとのつながりを語る様々な人たちの素顔が
ジョージというフィルターを通しているせいか、すごく温かくて、
映画館で見終わった時と全く同じ気持ちで、今日も見終えました。


 まだまだずっと見続けていたい、と。

 なんだか、すごく居心地がよくて、映画の中にずっと居続けたいんですよね。

 
 あの時も雨で、思いがけずにもらったポスターを濡らさないように歩いていたら、
新宿の通りで、同じように、大事そうに抱えている人を見つけて、
ほっこりとしたことを思い出しました。

 
 ジョージのファンでよかった~。

 
 内容については、書けないし、書きません。
まだ観ていない方には、一回は観た方がいいですよと、オススメだけしておきます。


リビング・イン・ザ・マテリアル・ワールド


ポールの来日

 「あ~、来月ポールに会える!!」
きっと今頃、毎日ワクワク過ごしているポールのファンが羨ましい。

 そういうわたしも、友人に誘われたのだけど、
11月は、ちょっとお金がかかる用事を予定していたので、
ひとり16500円でしたっけ? それは無理だなぁと辞めました。

 ところが、肝心のその用事が立ち消えになり、
だからと言って、16500円余っているわけでもないので、
コンサートにはいかないけれど、
今日はポールのレコードを聴いています。


 ポールといえば、1975年、ウィングスがもうすぐそこまでというところで
入国出来ない事件が勃発して、大号泣した覚えがあります。
あの時は、チケットがもう発売されていたのだか、
それとも、チケットを取るために徹夜覚悟で並ぼうと支度をしていた時に
そのニュースを知ったのかも、今では記憶が定かではありませんが、
1990年のコンサートに行ったときのことよりも
印象深い出来事でした。


 どうして実際に行ったコンサートの記憶が薄いのか・・。
それは、ストーンズのせいにほかなりません。

 
 ?!!ホント?!!
本当に? これ、合ってる? 
わたし、勘違いしてます?

 にわかには信じられない。
え~、1990年の2月と3月って、
音楽好きの日本人が、長年夢にみてきたことが現実になった
ものすごい2ヶ月だったんですね。

 それまで、散々泣かされてきたから
「目の前にするまで 来日なんて 信じないぞ!!」と言ってた兄さん、姉さん。
ルビー・チューズデイで、流れた涙は、東京ドーム何杯分だったことか。


 あ~、よかった、間に合って。
ちゃんと行った自分を褒めてやりたい。

 あ、また。
ストーンズの思い出しか出てこない。
ポール、ごめんなさい。
ダンナが酷い二日酔いだったせいです、きっと。


  IMG_2295.jpg


 1975年当時、1970年に出たポールのソロ1枚目がすごく好きでした。
どの曲も、ポールがひとりで楽器を演奏して歌って、他に聞こえるのはリンダの声だけ。
リンゴもジョージもジョンも
誰の影もない。


IMG_2296.jpg


 リンゴに叩いてもらえばいいのに。
そんな風に思った気がします。
リンゴは、誰とでも仲良くやっていたと思うから
リンゴとも隔絶しちゃったのかなぁ、と。


 ビートルズに熱中していた頃でもあったので、
明るい曲でも、寂しさも感じながら聴いていたのだと思います。



IMG_2299.jpg


 それでも、素朴で、『家族』という温かさを感じるこのレコードは、
今聴いても、とっても好きです。










 
 
*おまけ*

昨日、八百屋さんで山形の紅玉を見つけたので、
アップル・パイ作りました。ひさびさ~


10-24.jpg

 

芋掘りと葉物野菜の季節

IMG_2239.jpg

 昨日は山の畑へ芋掘りに行った。
来週末、市民祭があり、南ちゃんの会もお店を出し、
キノコ汁、大学芋、コーヒーを売ることになっていて、
そのためのサツマイモの収穫だった。

 今年で早くも5回目の参加。
人参のジャムや、梅干なども人気があったけど、
去年、初めてやってみた「大学芋」が、空前の大ヒットだった。
お陰で自分たちのお腹に入る分が無くなってしまい、
今年は倍の量を植え付けたのだけど、さてさて・・・。



 IMG_2240.jpg


 畑に行くと、マルチ剥がしが始まっていた。
ところどころに、ごろんごろんとよぉく太ったお芋が見える。


IMG_2242.jpg


  わぁ、立派!!


 でも、こういうののお隣は、ほそ~い「いも」とは言えないようなものが出てきたり・・・( ̄◇ ̄;)


IMG_2244.jpg


 ここらか、そこらか、はたまた、太いか、細いか、
「うんこらしょ」
力を入れた途端に、拍子抜けして尻餅ついたり、
わぁわぁ大騒ぎ。

「こういう楽しいのを、子どもたちにやらせたいね」
まったく(^^)


 太いの、細いのたくさん採れて、
お次はごろごろ芋洗い。


 手がずっとどろんこで、写真は撮れないから、ない(^^ゞ


IMG_2246.jpg
 
 お~、美味しそうな、水菜。

IMG_2247.jpg

 さくらんぼって名前のラディッシュ。


IMG_2250.jpg

 小蕪も間引いて


IMG_2252.jpg

 嬉しい葉物野菜のお土産の季節がやってきた。



 昨日は、山を降りて、また違う山の街に登って、
文化センターの調理室で、大学芋の試作と試食。
このために先週、掘っておいてくれたさつまいもは、
見てくれが相当ブチャイクだったけど、
味は最高、美味し~~い!
よかったね~。これで一安心と、口々に言いながら、手を伸ばす。
 

 南ちゃんの「食の職人」こと、かんちゃんのタレレシピも完璧!
今年も大ヒット、間違いないね(^^ゞ


 夕食、思いつかな~いと言いながら、
暗くなった道を自転車で降りる。
遠くに夜景が見えて
タワーもツリーもミニチュアのよう。


 こんな時間まで遊んで
お母さんに怒られる。

 秋の夕暮れは、そんな心細い気持ちを思い出す。


 いい遊び友だちがいて、しあわせモンだ。


IMG_2255.jpg


 はい、おみやげ。

 満腹のお腹に優しい水菜のサラダで、
山の畑に感謝。植えてくれた仲間に感謝。






‘70への思いは募る

IMG_2232.jpg

 今日は、吉祥寺に行かなければならない用があった。
用は楽しくもないことだったので、
また、あのレコード屋に寄ってこようと、
せっかくだから、楽しみを作っておいた。


 この夏に、久しぶりにドゥービーにハマってわかったのが、
このレコードが、家にないということだった。


 ダンナも「あれ、これなかったっけ?」と首を傾げるので、
心の中では、Minute By MinuteとOne Step Closerもないけど、
一緒に売ってしまったんとちゃう?と
なんでも手放す派の仕業を疑ってみたりもしたのだけど、
いくらなんでも、これは売らないだろうから、
やっぱりあるようで、なかったのだ。

 なので今日は、このレコードあったらいいな~と
一番に探すことにしていた。

 レコード屋さんは「気をつけてお入りください」と貼り紙が出されていて、
棚卸かなにかで、店内がごった返していた。
 その上、どちらかの営業の人が、店の人にテザリングを説明しているところで、
意外なことに、店員さんが知らないような返事をしているのが聞こえてくると、
「おばちゃん、昔のレコード探しとるけど、それ、知っとるよ」と
振り返って自慢したいような、
明らかにレコード・ハイになっていることを自覚しながら、
D・・・Doobie・・と持ち上げた1枚目が、
なんと、The Captain and Me!!


 こんなビンゴあるんだ~と、緩んだ顔でレジへ。


IMG_2234.jpg


 しかも帯まで付いてる。
来日記念盤だって。(いつの?)
「★全米ロック・シーンに広がった最もナウな音」!!
買いました、なう。
40年遅れですが(涙)。


 口内炎が痛くて、井の頭公園にも寄らずに吉祥寺を後にしたものの、
西国分寺乗り換えで、空腹に耐えられず、PLATFORM CAFEに寄ることにした。
 Doobieの似合いそうな雰囲気の、前に一目惚れしたカフェ。
地味な西国分寺駅にあるところが、またいい感じがする。


ぷらっと




 寄り道してても、レコードを買った日は気分がいいものだ。

 
 帰って早速プレーヤーにのせると、
Long Train Runnin' の後に China Groveがくる違和感と、
B面の1曲目なのに、Without You が聴こえてくると、
もう最後の曲?と、反応している自分に苦笑い。
ベスト盤の曲順が、しっかり頭にこびりついている。

 しかも、最後の曲になると、次に何をかけるか考え始めてしまう、
「音楽を途切れさせてはいけない」という
店をやっていた時の習性まで、
ま~だ体に染み付いている・・・と苦笑い。


 最近、アメリカ(グループの)にも、更に心奪われていた日々だったし、
DoobieがDoobieらしかった時代の音に酔いしれていると、
70年代にタイムスリップしたいという夢想に
さらにのめり込んでしまいそうな気がする。






3日前の ロックンロール シンフォニー

IMG_2054.jpg



 今日は、東京都心で31.3度まで上がって、
観測史上もっとも遅い真夏日だそうだ。
もう扇風機も仕舞ってしまったし、
朝顔も枯れてしまったから、窓を開けると外から丸見えだし、
かといって、エアコンは使いたくない。
 何杯もアイスコーヒーを飲んで凌ぎつつ、
イレギュラーだった週の終わりに、溜まった用事をこなして過ごした。


 今週は、ダンナの両親が上京して来て、高円寺のライブハウスに、
うちの娘と息子と、6人でぞろっと揃うという、実にミラクルな出来事があった。


 子どもたちからみて‘叔母さん‘のドラムスデビュー、初ライブである。
熱かった。かっこよかった。
まったく想像もつかないような、すごくいい夜だった。



 その日は、東京駅まで迎えに行き、新歌舞伎座を見た後、
お義母さんの案で予約してあった、高円寺のホテルに早々にチェックインした。
 久しぶりだからと、ライブまでの時間を潰しながら、ブラブラ歩くことになった。


 夕方の商店街の人混には、浮いているだろうと思われる変わった団体から、
娘と息子が「後で」と離れてゆき、
わたしもいつの間にか、目はキョロキョロとレコード屋を探していた。
何回か買ったことがあったが、場所はうろ覚えだった。


 おそらくこの辺りか、というところに、
吉祥寺で、Climax Blues Bandを買ったレコード屋の高円寺店があった。
だが、残念、定休日のようで開いていなかった。


 といっても、開いていても、義理の両親をほったらかして、
レコード漁りをするわけにもいかないので、
閉まっていてよかったのかもしれない。


 細い路地を縦に横に歩いていると、
♪ きみは どこに住んでいたのですか  高円寺じゃないよね ♪
と、吉田拓郎が頭の中で繰り返し歌い出した。

 
 ギターを背負った人たちと駄弁った喫茶店は、あのビルだっけ?
思いがけない記憶だった。
あ~、そんなこともあったんだ。
懐かしさで胸がいっぱいになった。

 
 そこへ、ライブで、‘叔母さん‘が Tensaw の曲をやったりするものだから、
横須賀のドブ板通りのライブハウスに一緒に出かけたことやら、
80‘初めの頃の、いろいろなことが駆け巡り、
走馬灯のように・・というのだな、こういうの、とライブを観ながら考えていた。



 IMG_2187.jpg


 あの頃から、わたしはこの人達と家族なんだな。
今のわたしよりうんと若かったお義母さんが、横でリズムを取っている。
 この子たちに会うことも、想像すら出来なかったというのに、
今は、この人達とわたしの架橋になっている。
この中で、血が繋がっていないのは、わたしだけだもの。



 ライブの後、本当に久しぶりに、面子が揃った。
「生まれ変わったら、ボノになりたいって言ってた人の前で、U2歌うのは勇気が要ったよ」
‘叔父さん‘が照れ笑いして言う。

 わたしも忘れていたが、張本人である息子もすっかり忘れていた、
中学の卒業文集の一言に、みんなで笑った。



 いい夜だった。



 Rock`n Roll Symphony は、youtubeがないので
DOBUITA st.で。








タータンチェックとツンツンヘアーは 今いづこ

IMG_2011.jpg


 「この秋は、チェックがきますよ~」。
先週少し肌寒くなった時、ラジオがそんなことを言っていた。
流行してもしなくても、季節ごとに相応しいチェックがあるけれど、
今年はタータンチェックと他のチェックを合わせるとか、
達人じゃないと着こなせない着方が流行るんだそうな。

 
 ほぉ、でもそれは、わたしとは無関係。
わたしにとってタータンチェックはもっと普通で易しくていい。

 秋が深まった落ち葉の公園を、好きな人と歩く。
そんなことに憧れていた頃の、ノスタルジーと重なる模様。
憧れのまま仕舞われた、思い出のない思い出だからこそなのだろうけど。


 このアルバムが出た1974年頃は、まさしくそんな妄想真っ最中。
タータンチェックといえば、ロッドよりBay City Rollersのトレードマークで有名だった。
 
 ロッドが身に着けている写真も、雑誌で見て知ってはいたけど、
「女をはべらせる」写真がやけに目につくロッドは、その頃食わず嫌いしていた。
周りで男子が、FACESやロッドを「いいよな」と話していても、
ミーハー女子高生は耳を貸さず、ローラーズを観に武道館へ。

 それから間もなく、親友がロッドのアルバムを2枚、
「いいから聴いてみて」と、半ば無理やり貸してくれた。
 

 その一枚がこのアルバム。
「うわ~、なに、このフリフリブラウス・・・」
レコードをプレーヤーに乗せながら
ジャケットからは目を背けていた数秒後、

 見かけや先入観で入口を狭めるのは損だよ。
彼女にそう言われた気がした。


 そのまた数年後、ロッドの来日公演を、
彼女ともう二人の女友だちと、
まだ彼でもなんでもなかったダンナと観に行った。

 女を4人もはべらせて、ロッド気取りのツンツンヘアーだったダンナは、
だからといって、誰からも羨ましげに見られることもなく、
残念な九段下の夜だったに違いない。
 今は、ツンツンもせず、ただ静かに横たわる頭の頂 いとあはれなり。





10月も9日まできて、この時間、
裏口は網戸、Tシャツに素足で平気でいる。

 明日もあさっても、予報は29度。
タータンチェックの恋しい秋は、
いったい何処にいっているのだろ。




葛の森から 一の森へ戻すのだ

IMG_1927.jpg

 9月15日の定例活動が雨で流れ、1か月ぶりの一の森の葛払い。


IMG_1930.jpg

 どこから見ても、葛の森。

IMG_1932.jpg

 暗かった森の、混み合った木を伐採し、篠竹も伐り払い、
日当たりが良くなった場所に、今年の猛暑。
 葛が喜ばないわけがない。


IMG_1934.jpg

  さぁ、みんな、がんばりまっしょい。
幸い、今日は女性陣がたくさん出揃った。
女に鎌持たせると、怖いでぇ。


IMG_1937.jpg

 良いトトロさんが、悪いトトロみたいになった椎の木のひこばえをカッティング。


IMG_1941.jpg

 刈り取られた葛が、どんどん山積みになっていく。



IMG_1942.jpg

 そこのヘルメットのきみ、手伝ってはくれまいか。
蚊に刺されるのが嫌だって?
動いていれば、刺されまいぞ。


IMG_1956.jpg

  

  お弁当タイムが過ぎて、陽が差してきた。
昨日まで下がってきていた気温が上昇。
10月なのに、汗まみれ。
本日はここまで。


 ここからダイアモンド富士を望むときは
一の森に戻していたいな。

 

IMG_1957.jpg   マヤラン


IMG_1961.jpg  赤く色づいたトキリマメ

 
     


 

  
 

雨の降る音に重なった 雨の降る日に

IMG_1899.jpg

 今夜は、「南ちゃんの宿題」をするために、夜更かし覚悟。
お伴をレコードにすれば、座りっぱなしは避けられるので、腰にも安心^^;


 急に寒くなったせいか、オフコースが聴きたくなってレコードをプレーヤーに乗せた。
と、家の外で雨の音がポツポツし始めて、
スピーカーからも雨とピアノと車の音。


 天気予報当たったね。
外の予定がある人には悪いけど、
わたしにとって、明日の雨は好都合。

 天気がいいとどうしても、
山だの川だの フラッとしたくなるから。


 オフコースは2人の時がいいね。
そんなこと言ったら叱られるかな。


 思い出した。
専門学校の山のような課題をやっつける時も
このレコードを聴いていた。


 さぁ、ブログなんか書いてないで、宿題の続き、続き・・。



     ♪ ねむ~れな~いよ~ると~ ♪


  いやいや  ♪ ねむ~らな~いよ~ると~ ♪
  

   だや。




プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (28)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (6)
音楽と一緒 (180)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (1)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad