TROUBADOURSとAMERICAで梅雨を忘れよう

 どうもこの頃体のあちこちが痛いと思っていたら、
まだ5月なのに、昨日関東も梅雨に入ったとニュースが伝えていた。


 首の痛みは20代初期に負ったムチウチの後遺症だから付き合いも長く
「あ~、梅雨だな」とか「台風が来るな」と歳時記の一つのようなものだけど、
ここ数年は腰と膝も仲間に加わり、痛みもそうとう賑やかになった。

 というわけで、本日臨時休業!(^^ゞ

 雨だから、外にはいけない。
毎日ちょっとずつやり残していることを、ゆっくりと片付ける。
ずぼらな自分には、こんな日も必要かもしれない。


 いつものJ-waveをかけていると、サッシャの番組のおしまいの方で耳を引っ張られた。
聞き覚えはあるけど、誰の何という曲だろう。
弾けるようなリズムが、
憂っとおしい梅雨をどこかへ飛ばしてくれそう。

 曲紹介でバンド名が聞き取れずHPで調べると、
TROUBADOURS(トルバドゥールズ)ですって。
こりゃ、聞き取れんわ/(-_-)\




 5年くらい前にラジオでずいぶん流れたらしい。
だから聞き覚えがあったのか。

 
 全然違うのに、この曲を聞きながら、わたしの頭の中ではAMERICAがオーバーラップしていた。
少し前にダンナがかけていたのを横耳で聴いて
「やっぱりいいね~」なんて思っていたからか。

 棚から出してきて、あらためて聴いてみる。
こちらはこちらで爽やかさで梅雨を忘れさせてくれる。
‘SISTER GOLDEN HAIR`は10本の指に入るくらい好き。
というか、体に染み込んでいる感じがするなぁ。




  TROUBADOURSは、2011年に地元リバプール!!で再結成されたらしいから
遅ればせながら注目してゆくことにして・・・。


 とか思いながら、固まりそうな首を回し、ストレッチを試みる。
梅雨はまだ始まったばかり。
痛がってじぃっとしてたら、カビが生えてしまふ。

 

  







 






 

スポンサーサイト

パンが膨らむ幸せ

 アカシアの酵母が一番いい匂いで発酵している時になかなかパンが作れず、
あっという間に、ヘンな匂いになってしまい涙を呑んだ。

 くぬぎも同時に試していたが、いい匂いはするものの発酵まで至らず、
続いて初挑戦したローズマリーも同じ道を辿り、酵母切れになってしまった。

 あ~、パンが作りたい!

 困った時のレーズン頼みで購入してくると
毎日、額に皺が寄るほど睨みを効かせて念を送ったせいか、4日で発酵(笑)。


 昨夜久しぶりにパンを仕込み、
捏ね上がったものをビニール袋に入れて冷蔵庫で低温発酵させ、
今朝、仕事に行く前にボウルに移して室温において出かけた。


 帰ってさっそく覗くと、
おぉ~~、感動の膨らみ。


 ベンチも、成型発酵もいい感じだ。


5-29.jpg

 
 初めて混ぜたドライ無花果のプチプチした食感と、香ばしいクルミがよく合う。
糖分は蜂蜜にしたせいか、生地はしっとりしてほどよい甘さ。


 これから気温が上がるので、ここからが正念場。
温度管理が難しくなる。
またぺったんこのパンに泣かされることも増えそうだ。
  

 でも、たま~にうまくいくだけでも充分たのしい。
それがパン作りの醍醐味なのだ、きっと。


今日のそらのひとり言

 こんにちは。
そらです。
ぼくこの頃退屈気味です。

IMG_0031.jpg



 こんなに近くにいても、
momo姐はへーきな顔して寝てるしさ




P1090919.jpg   P1090920.jpg





 わっ!!


ってやってもさ


P1090917.jpg



 ・・・?

って、行っちゃうし





IMG_0038.jpg



 がーん!!

 探してもくれないから

 隠れんぼにもならないよ~







P1090976.jpg  だからバイトを始めたんだ 歯磨きのバイトだよ
                    1分10円だけどね、にぃちゃんはいいお客さんさ  へぃ、まいど。





P1090982.jpg  おか~さんは休みのたびに山へ行っちゃうから





SN3F4147.jpg  ぼくもお金をためて、あの赤いバスで出かけるんだ 
                山でおか~さんと会ったら、びっくりするだろうな~
                早く出かけたいな~                         


  



      




吉祥寺のレコード屋さんでClimax Blues Bandを買った

P1100066.jpg



 今日は吉祥寺で仕事があり、終わったあとひとりぶらぶらしてきた。
井の頭公園のベンチは気持ちよくて、このあたりに住んでいたら・・・なんて妄想に耽っていると
立ち上がるのがもったいなくなってしまうほど。

 コーヒーが飲みたくなったところで立ち上がり、公園の木々が眺められる喫茶店に向かうと工事の幕の中。
焼き鳥の伊勢屋が新装工事をしているのは知っていたけど、こちらもとは知らなかった。


 仕方がないので井の頭通りに戻り、とあるレコード屋さんを目指して歩いた。
最近聴きまくっているFleewood Macも何枚か買った中古レコード屋さん。
目指し、とはいっても、レコード屋さんがあるのかどうかもわからず、
ただこの辺だったなという場所を確認したかっただけだった。

 
 あ、あった。
レコード、CDと書いた看板が出ている。
同じ店かな。わからないけど入ってみた。


 探し物ならいくつかある。
J,B,E,F,S・・・ええい、面倒だ、片っ端から見てやれ。
他にもストンストン音を立てて探し物をしている人がいたので、
その人と重ならないように右に行ったり左に行ったりしながら久しぶりにレコードを探した。
た、たのしいな、やっぱり、この感覚(^^♪


 すると、C、C・・・LIMAX BLUES BAND だぁ!
お店をやってすぐの頃、一番かけていたといっても過言ではないバンドのレコードを見つけた。
でもひっくり返してみるとCLIMAX CHICAGO BLUES BANDと書いてある。
同じバンド? それとも違う・・?
メンバーの写真を見てもわからない/(-_-)\
1981年のアルバム‘Lucky for some‘しか持ってなくて、これしか聴いたことのないわたしには
目の前の‘Plays on ‘が、同じバンドのレコードなのか、同じだとしてそれより前なのか後なのかも
咄嗟に判断できなかった。


 でもジャケ買いするでしょ、これ。
P1100068.jpg P1100069.jpg
  


 レジのお兄さんに、このお店がいつからあるのか訊ねてみた。
すると10年ほど前からという。でもここはその前からレコード屋さんだったそうですよ、とも教えてくれた。
「ジョージ」という中古レコード屋さんだったと。

 名前は覚えてないけど、黒っぽい塗料の板壁だった気がする。
でもそれももう曖昧。30年はゆうに経っている。
スタンプカードを作ってもらい、店を出た。


 レコードを持ち歩くのも、久しぶり。
早く帰って聴きた~い。


 今はネットで簡単にいろんな情報が手に入るけど、当時はそうはいかなかった。
ダンナは「レコード年鑑」なるもので調べたりして、アーティスト繋がりでレコードを買っていたけど、
わたしは‘1アーティスト 1アルバム‘でいいというところもあって、
自分が手に入れたものが一番だと思い込んで満足していた。
もし、今のようにネットの環境があったら、全然違っていただろうな。


 今日手に入れたアルバムはなんと、1969年に出たずっしり渋いブリティッシュブルースで
ポップブルース(そんな言葉あんのかしら?)な、あのアルバムとはかなり違う。
バンド名も、たまたまこのアルバムはこの名前だったけど、
クライマックス・シカゴ・ブルース・バンド~クライマックス・シカゴ~クライマックス・ブルース・バンド
と変遷があったそうな。


 44年前の音に今日会った。
まだ出会ってないけど、聴いたら大好きになるレコードが、この世にはまだ巨万とある。
このレコードは、そのことを教えに今日我が家に来たような気がする。


 スタンプカードの有効期限は三年。
お財布の中で擦れていくだけのような気もするし、
ここで一念発起して・・・
あ~、また妄想。
音楽漬けになれる店がやりたいなぁ。

  
 それは無理でも、また十数年後か何十年後かに、今度はこのアルバムを買った店を探して
吉祥寺をウロウロする、そんな婆さんにはなっていたいものだ。


P1100067.jpg P1100070.jpg


 youtubeはあんまりないんだな~。




  


 
 

ビートルズの中で誰が一番好きですか?

 TSUTAYA DISCASという宅配レンタルの無料お試し期間中の我が家。
DVDをリストから選んでネットで予約するとあっという間に自宅のポストに届き、
鑑賞中も次のものを予約できるので、返却するとまたすぐに観たいものが届けられるというシステムに
じわじわ虜になりそうな気配だ。
近隣の店舗にはない、音楽もののDVDを選べるのもツボだ。


 ファンだったら買いましょうよ、とも思うけど、高いお金を出して買う時は
「これさえあれば、もう他には何もいらない。これだけでいつでも満足出来るわ」なんて思うのに
いったん自宅の棚に並んでしまうと
「ん~~、今日はこれって気分じゃないな~」とか言って
家にあるもの以外を見たくなるのが人情ってもん。
そのヘンを見事に突いてきた、オソルベシTSUTAYA DISCAS。


 先週初めて我が家に届いたのはパティ・スミスの‘DREAM OF LIFE‘と‘MIP‘。
2枚づつ来るコースなのだけど、予想外にうすい封筒で郵送されてきて驚いた。
延滞金がないのもすごいけど、返却しないと次が来ないので2回観て返すことにして、また感心した。
封筒の宛名部分を切り取るとその下から返送先が現れたのだ。
超エコだ。
後はポストに投函するだけ。

 するとすぐに、しかも昨日は日曜日というのに、
ジョージ・ハリソンの‘DARK HORSE YEARS‘76~‘92‘が送られてきた。


 すごい! これは・・そのまま会員でい続けてしまいそうだ!!

 いやいや、でも期間限定のお試し中だから、毎日DVD漬けになってしまってもいいのであって
これがずっと続くのはまずいわ、そこはよく考えよう/(-_-)\




 昨日は1日中、山で肉体労働をしてきて、帰宅してすぐにお風呂で汗を流していたし、
夕飯の後は心地よく疲れた体をだら~りと休めながらDVDを観るのにふさわしい時間だった。

 MTVなんかでは流れていたんだろうな、と思われる年代の曲が
ジョージのインタビューとともに次々と出てくる。
正直レコードを聞き込んでいない時期だし、映像は初めて見るようなものばかり。
あ~、この頃のジョージはこんな感じだったんだ、と今更ながらに知る。


 クラプトンと一緒の日本公演でのTaxman。
行きたかった。
息子が生まれたのが1991年の9月で、ジョージのコンサートはその2~3ヶ月後。
さすがに乳飲み子と、3歳の娘を親に預けてとはいかず、再来日を願ったが、叶わなかった。


 もういないんだなぁ。
オンタイムのジョージを見ることさえ出来ないんだなぁ。

 なんだか淋しい気持ちになってきたところで、‘上海サプライズ‘という映画の話になった。
制作総指揮・曲もジョージが担当で、本人もクラブ歌手役で出演している映像も出てきた。
マドンナとショーン・ペンが主演の、1930年代の阿片絡みのストーリー。
上映されたのは1986年だから、ほかの趣味にのめり込んでいて、映画に興味が向かなかった頃だ。


 B級っぽい映画のシーンに苦笑しているうちにDVDが終わり、画面をテレビに切り替えた。
はずなのに、また画面にはショーン・ペンがいて
「・・・Here comes the sunはアビーロードで録音された中で・・・」
と喋っている。
映画‘I am Sam‘だった。

 疲れた体も、瞼も、心地よく重くなっていて、
狐につままれたように、その偶然をぼぉっと受け止めていると
「わたしビートルズのなかではジョージが一番好きよ」
と女性弁護士が言った。
全編泣きどころで「バスタオル必須です」とジョン・カビラさんが言うので、身構えて観たせいか、
映画館ではあまり泣かなかった映画だけど・・・


 このタイミングでそれ言いますか~?
涙がじわ~っと出てきてしまった。

 
 たま~にこんな偶然が起こると、
誰かに言いたくて堪らなくなるけど
昨夜は黙って寝るしかなかったし
こういうのって
本人にしか面白みがないのかもしれないし。

 なんて思いながら、
今朝も頭の中に‘Tow of us`が気持ちよく響いてたので
ここに書いてしまいました/(-_-)\



 ビートルズの曲はいつ聞いても新鮮だな。

一番好きなのは、やっぱりいくつになってもジョージだな~。





南山三昧な週末

P1100001.jpg

 昨日は平日の南ちゃんに久しぶりに参加。
山の入口で自転車を降りると、目の前には満開のエゴノキの花。

 畑の小屋で仲間と落ち合い、一の森へ向かう。
P1100009.jpg    P1100010.jpg

 こちらではハコネウツギがこの通り。


P1100006.jpg

 知り合いの農家さんからいただいた、たくさんのロウバイを積んだ会長の軽トラ。
一の森に植えることになり、例により竹や葛の根と格闘しながら穴を掘った。
この花が咲くのは2月頃か・・明るい黄色いといい匂いが、花のない季節に楽しみをくれるだろう。



P1100014.jpg

 今は茶色く造成された土の下深く埋められた小径に咲いていたあやめが見守る中、
畑で夏野菜をたくさん植えた。

 去年ギュウギュウに植えてしまった反省をしながら、まずはトマト。
支柱は一の森で刈った笹を使う。

P1100015.jpg

 ナス、キューリ、ピーマン、ズッキーニ、かぼちゃも植えたなぁ。

P1100016.jpg

 そして‘オトナの楽しみ‘ 枝豆も。
収穫祭が楽しみだな~。


P1100033.jpg

 
 夏野菜は成長も早いし、どんどん収穫しないと。
やっぱり金曜日は農民にならないと追いつかないな。


 今日も山に行った。
ワケは近日大公開。

P1100035.jpg

P1100037.jpg


P1100039.jpg


 また明日も山に行く。
南ちゃんの定例活動日。
明日は桜の広場の手入れをする。

P1100029.jpg

 6月2日、ここが一日だけの美術館になるのだ。
友だちとその友だちの「イラスト展」。
ジャンベのグループも来てくれる。
天気いいといいな。
賑やかになるといいな。

 そんなことを思いながら、明日も草を刈り、枝を払い、木を倒す(?)。
だからもう寝る。

 今夜はチェット・ベイカーからビリー・ホリディ。
安眠コース。


P1100025.jpg

時の流れと Songbird

♪てみてみらいず♪の呪文にハマった翌日、
久しぶりにFleetwood Macを全部聴いてみようと思い 
レコード棚からごっそり持ってきて、プレーヤーの横に並べて置いた。

 Tango in the night(1987年)から、
わたしの持っている中では一番古いFuture Games(1971年)へ
徐々に遡っていくつもりで。

 ところが耳に張り付いてしまった♪てみてみ♪が、常に聴きたくて堪らない。
しばらくはTango・・のB面が上を向いたままプレーヤーに乗っていて、
朝、昼(仕事から帰った夕方)、晩と聴き続けた。

 ようやくTango・・のA面を聴き、その前のMirage(1982年)に遡ると
思っていた以上にめちゃくちゃ懐かしく、曲の良さにも気づかされ、
予想外なヘヴィローテーションに陥り、なかなかその先に進まなかった。


 このアルバムがオンタイムだった頃は、心のどこかでRumours(1977年)や
Fleetwood Mac(ファンタスティックマック1975年)を越えられないと思っていた。
1977年と1982年ではたった5年しか違わないのに、
22、3の自分には生きてきた時間の4分の1にも近い大きな時間だったから、
「昔のほうがよかった」なんて生意気にも思っていたのかもしれない。


 5年が10分の1以下になった今、その隔たりは無いに等しいほど小さい。
オンタイムで聴いていたのは、店でかけていた時代だから
聴いていると店の中のざわめきや匂いまで蘇るから、
素直にとても愛おしく感じられる。


 ようやくRumoursにたどり着いてみれば、
懐かしがっていた頃と、初めて「自分の年代の音」に出会ったと思い聴いていた頃がかわるがわるに顔を出し
これはこれで貫禄があるというか、安心感のようなものさえ感じられる。

 
 そう思って聴いていたら、もう一つ重ねなければならない思い出が出てきた。
A面ラストのSongbird。


 2007年の6月、3月から延期になったRED HOT CHILI PEPPERSのライブで
ジョン・フルシアンテがソロで歌ったのを東京ドームで聴いた。
 ジョンのソロアルバムからは想像出来なくもない選曲かもしれない。
でもまさかレッチリのライブで聴くとは・・・。
 
 帰りの電車で「あの曲はね・・」と話した。
どんな反応だったかは覚えていないけど、もう一緒に行くことはないだろうな。
あの時は娘も息子も一緒で、家族4人横一列に並んでいた。
6年があっという間に過ぎて行った。



 



ニラの匂いに包まれて シュギーVSブラジョン 

 いきなりの夏日の中、今日も自転車で駆け回りくたくたで帰宅した。
ラジオをつけて台所に立つと、さっそく猫たちが足にまとわりついてくる。
夏バテ知らずでいいねぇ、いい食べっぷりだ。

 こちらの夕飯のメニューは・・・そうだニラを使わないと。
こんな日にぴったりかも、ニラで元気を出そう。

 一度座ってしまうと立つのが嫌になりそうだから、そのまま野菜室からしなびかけてたニラを出してきた。


 地元の畑で採れた元新鮮なニラは、水につけながら傷んだ部分を取り除いていると、みるみる復活して、
指先も台所も、強いニラの匂いでいっぱいになった。


 そんな時、ラジオから気持ち良い曲が流れてきた。
んん?
この曲、懐かしいけどなんだっけ?
聞き覚えのある、このフレーズは・・・そうだ‘Stawberry Letter 23‘。
でもブラザース・ジョンソンではないな、だれかカバーしたのかな?


 PCを立ち上げると、ニラ臭い指で検索してみた。
「今日のオンエア曲」。


 おお。
こちらがオリジナルでしたかm(_ _)m
シュギー・オーティスという方が1974年に出していたんですね。 
ナニナニ・・・彼女からの手紙の便箋には苺の香りがついていた・・・って。
なんて可愛らしいエピソードなんでしょう。

 
 あったね~、花の匂いの便箋やメモ帳、石鹸の匂いのするノートや消しゴム・・・。
小学生の頃、仲良しの友だちと交換し合ったあの微かな匂いを思い出そうと試みる。
でもニラの匂いが・・・(。-_-。)

 
 ブラザース・ジョンソンは1977年にカバーとなっているけど、
わたしの中では1979年の思い出に重なっている。
なんでレコード買わなかったんだろう。
理由が思い出せない。


 両方共聴きたいから、お願いyoutube。










 
 どちらもそれぞれいいね。 
ブラジョンの方はアースっぽくて、ディスコで踊ってた友だちのこととか浮かんでくる。


 あと数分早くラジオでかかるか、
一休みの後台所に立っていたら、
ニラの匂いの中で聴く羽目にはならなかっただろうに。


 でも、いい曲を思い出せて、いい夕方だわ。
 
 

アカシアの天然酵母パン作り

P1090862.jpg



5-5.jpg        5-5-2.jpg


 先週アカシアの花を採ってきて発酵させてみた。
発酵中、瓶を開けるとぷ~んとはちみつの匂いがして期待が膨らむ。


5-9-2.jpg


 5日目にあたる木曜日、プクプクシュワっと発酵完了。
昨日初めてのアカシア天然酵母パンを作ってみた。
う~ん、ちょっと元気ないかな。
粉と混ぜながら少し不安を感じたけど、
バナナ酵母のメランジェと2種類仕込んで出かけた。


 夕方、帰宅してオーブンを開けると匂いは圧倒的にアカシアが優っている。
けれど、二つ並んだボウルの中でバナナ酵母の生地は誇らしげに膨らんでいるのに、
アカシアはといえば「これが精一杯ですから」と頑なな表情。

 なんとか、なだめてすかして夜にはパンとして焼き上げた。


5-11-2.jpg

  はい、またスカスカシパン。

         ですね(。-_-。)


 今朝、食べたらおいしいんだ、これが。
だからもう少し元気を出してと、少し砂糖を足して、再び発酵中。


 あとでアカシアをもう少し貰ってこようかな。
まだきれいな花が残ってるとよいけど。

昨日の里山

 P1090923.jpg

 連休の最後の日はちょっと気が抜けて、
呆けっとしていたいなと山に入った。
電車にも高速にも乗らずに行ける。
自転車で10分。
身近に山があって幸せだねぇ~。


P1090924.jpg

 イミシンロープが張られる前から、ここは定点撮影場所。
たくさんある分岐の中でも、特にお気に入り。


P1090926.jpg

 東京なんですよ。
‘平成ぽんぽこたぬき合戦‘の多摩丘陵。



P1090929.jpg

 後ろに見えてるあんな感じに、ここも去年までは笹が覆ってた。
笹を刈って初めての春、コナラが喜んで生えてきた。
これ、みなコナラさんの赤ちゃんです。
  おぎゃー!
         おぎゃー!   の大合唱。


 通りかかった女性の二人連れ。
「どうしてもこの人を連れて来たかったの。
やっと来られたんだけど、ありがた山へは抜けられますか?」
「いいえ、残念ながらもう・・・」
もう一度歩きたい。何度夢みたことか。
山好きな女性たちとしばしお喋り。
山だと話が弾むなぁ。


 昨日は風が強くて、ハッと気づくとすぐ近くまで猛禽類(おそらくトンビ)が来ていて
その大きさに「攫われるんじゃないか!?」なんてドキっとしたりして・・。


 P1090930.jpg

  
 一の森の前の道で、猫に会った。
左の斜面から不意に飛び出してきて、お互いびっくり。
仲間たちはみな何度も狸に会っているのに、わたしは一度だけ。
その代わり猫には人一倍よく会う。
 
「みゃ~お~」 
走って行く後ろ姿に呼びかけると、ぴたっと止まって振り向く猫。
はっ。来るのか!?
猫、増えるのか!?
走って行く姿に、正直ほっとした。

 
 あんな風に走って来るのはそらだけだ。
そらに初めて会った時のこと。
あのコはわたしが見つけるより早く走って来ていた。
あんなにまっしぐらに自分に向かって走って来る猫は初めて見た。
 
 それだから今、家にいるんだけど。
昨日の猫はわたしのところには来なかった。
それが普通。みんなきたら大変だ。



 P1090934.jpg

 
 4時間近く強い風に吹かれていた。
畑側に戻ると風が収まり、土手に咲くタツナミソウの姿にほっと人心地。


P1090938.jpg

 男性が一人歩いて来た。
「何十年も通勤で近くを通っていて、いつも気になっていた場所に今日初めて来ました」。
そんな場所で人に会えて嬉しかったようで、ハニカミつつ少し話して帰って行かれた。


 P1090944.jpg

 仲間たちも最近よく言っている。
この頃、初めて来たって言う人とよく会うなぁって。
ここは知られてなかっただけで、知ればみんな好きになる場所なんだね、と。


P1090940.jpg


P1090953.jpg

 来月、ここで知人の絵画展を開きます。
またここが好きになっちゃう人が増えるな。


P1090958.jpg  半鐘蔓


P1090963.jpg  ウグイスカグラ 食べ頃です



P1090964.jpg

 
 さぁ、帰るか。


 とここまで来ても、
いつもここから下っていくのが名残惜しい。
来た時間に戻れればいいのに(笑)




それじゃいつまでたっても帰れないよ(。-_-。)
P1090966.jpg



多摩川のアカシアが満開です

P1090866.jpg
 
 多摩川のアカシアが満開です。

P1090861.jpg

 土手にいるだけで、あま~い香りが・・・

 これ、姿に似合わず、天ぷらにすると美味しいんですよね。



 P1090859.jpg
 
 「なんだ、おまえさん、ひとりかい?」

 突然現れたボス。
近くでは、子分たちが昼下がりのランチタイム。


P1090875.jpg

 渋滞知らずでのんびりと散歩。
すれ違う人に「こんにちは」って声をかけても
? って。
山だと返事がくるのになぁ。


 P1090872.jpg

 P1090874.jpg


 P1090878.jpg   P1090880.jpg   P1090881.jpg   P1090882.jpg


P1090883.jpg  どこから来たのかしらないけれど、みんなかわいい姿してるね。




 P1090876.jpg

 我が家でイシミカワの種が発芽したので、
本家に挨拶に行きたいんだけど・・・
ラジコンのおじさんのヘリが頭に当たりそうなので今日は撤退。


 GWだからね。
のんびりいきましょう。


P1090893.jpg


 家に帰ってノンアルコールビール。
贅沢な夕方だ。


 








 




 




Fleetwood Mac と Sweet ピール ライ麦パン

朝、パンを仕込みながら口ずさんで、自分でちょっと恥ずかしくなった。
♪ てるみら~いず てるみ すいるら~いず ♪
オレンジピールをライ麦粉に混ぜているところだった。

 恥ずかしかったのは口ずさんだことではない。
こころの中で素直に 「イイネ!」 してしまったことだ/(-_-)\



 そんなことがきっかけで、一日中リフレインしてしまうこともよくあることで、
どこにいようと
♪ くろ~じょ~ ♪
   ♪ くろ~じょ~ ♪ 
       ♪ くろ~じょ~ あ~いず ♪ と優しく響きだし

♪ てるみら~いず てるみ すいりるら~いず ♪ クリスティンメインの美しいハーモニーを
♪ てみら~あ~いず ♪ 少し蛙声になったスティービーが追いかけ、さらにリンゼイが
♪ てみてみ らーいず ♪
とたたみかける、そんなことが容赦なく繰り返され、わたしの自転車を追ってくる。
 早くおうちに帰って、まるっと通して聴かないと~!!
 すっきりしな~い!!

 
 体をよじるように帰宅すると、ねこのご飯の前にまずはCD棚へ。
なのに3枚しかないCDはどれも外れ。というか「GREATEST HITS」に入っていただけだった。


 この曲は新しい方だから、アルバムもCDで買ったはず。
そう思ったのに。




P1090847.jpg
「早くご飯ちょうだ~い」  「わたしも賛成で・・」


レコードで持っていた/(-_-)\
こんなことが多すぎる。


 たまに「新しいレコード」なんて言ってしまうこともあるけど、
そんなこと言ってる時点で、何十年経ってるんだか。
ちなみに服もそうだ(。-_-。)


 10代の頃、スティービーの衣装に憧れて、新宿の紀伊国屋ビルにあったブティックで
「いつか買おう」とウィンドゥを眺めているわたしに、
「どっちかといえばクリスティン・マクビータイプだよな」と周りの男友だちたちは言った。

 作る曲も雰囲気も、まったく違う二人だけどどちらも好きで、どちらタイプに進むべきか?
どっちにしても恋多き女の部分には、まったくついていけんけどな~/(-_-)\
そんなことを悩んでいる間に、どっちつかずなまま年をとってしまいましたなぁ。
 
 やっとスティービーっぽい服を手に入れた時には、もう似合わなくなっていたし・・。


 このyoutubeはクリスティンがかわいらしい格好してる。
そんな言い方になるのも、この時の彼女よりわたしが年上になってしまった証か(>_<)





 きっかけはともあれ、Fleetwood Mac周期に入った気がする。



 ありがとう、オレンジピール入りライ麦パン。

P1090849.jpg





プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (28)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (6)
音楽と一緒 (179)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (2)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (1)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad