溝なしレコード

IMG_9241.jpg

 何故そういうことになったのか、経緯は忘れてしまったのですが、
誰かが言った 「買うなら LIVE CREAM VOLUME Ⅱ!」 の教え通り、
二学期の終わりにそのLPを買って聴きまくっていたわたしに、
ユキノリという同級生が、このレコードをくれたのです。

 帰宅部のわたしには、放課後たっぷり時間があったにも関わらず、
夏休み限定でバイトをするのさえ、親と担任の承諾が必要な時代でしたから、
レコードは、いろいろ我慢してやっと買う貴重品で、
同級生からもらうなんて、普通ならありえないのですが、
彼は『普通の高校生』枠からは、二歩も三歩も飛び出しているような人だったので、
くれると言うんだから貰おうかと、お言葉に甘えることにしたのです。

 中学でツッパリやスケバンは、もううんざりという思いがあったので、
高校は先輩も上下関係もうるさくなさそうな新設校を選びました。
それでも時代でしたから、入学した初日に、リーゼントヘアに45度眼鏡の男子が
廊下を右往左往するのを見ても、よかった、この組ではないんだ、とほっとしていたら、
そのリーゼントは眉間にシワを寄せ、ガンを飛ばしながら、ドカドカと教室に入ってくるではありませんか。
それが彼でした。
はぁ と内心ため息が出たのを、クラス替えの神様はスルーして、三年間一緒の大サービス。
機嫌さえよければ、いい人なのにな・・・。
けっこう感情の起伏が激しく、笑ったり怒ったり忙しい人でした。


 レコードをくれると約束してから数日間、学校に来なかったので、
またケンカでもしたのかなぁ?と噂をしていると、本当にその通り、
目の周りと唇の端を赤黒くして、登校してきました。
あれじゃあ、レコードのことなんて忘れているだろうと思っていると、
何日かして、ちゃんと持ってきてくれたのですが、
「布団の下で何ヶ月か下敷きになってたから、カビ生えてるかもしんねえぞ!」

 大きな声に興味津々の視線が集まり、レコードショップの袋からジャケットを出すと、
「お、銀盤じゃん」
「金盤の方がいいよな」
と男子が口々に言いましたが、わたしにはなんのことだかわからず、
ふ~ん、そうなんだ。でももらった物に文句は言えないし、
それよりカビの方が気になりますが、その場で確認するのはなんだか悪い気がして
家に帰るまで中身は見ませんでした。

 家に帰ると、さっそく中の袋を90度回転させ、手を入れようとしましたが、
レコードとビニールが張り付いて隙間がありません。
これは、強敵かも。

 ビニール袋をすっかりジャケットから取り出すと、ぴたっと張り付いたレコードとビニールを
ゆっくり剥がす作業から始めました。
やっと取り出したレコードは確かにカビなのでしょう、何とも言えない匂いと汚れで溝が奥に隠れています。
スプレー式の泡クリーナーを吹きかけ、何度も丁寧に拭き取りました。

 そして、恐る恐るプレーヤーに乗せて針を下ろすと、
針はレコード盤の上をスケーターのように滑らかに横切って、
一音も発することなく、内側エンドまでいってしまいました。

 聴き過ぎて溝がなくなり、音が掠れたいう話は聞いたことがあっても
聞いたこともない状況に出くわした当時のわたしは
いったいどんな顔をしたのでしょう。

 学校でユキノリに伝えると、いとも簡単に「捨ててもいいぞ」と言うのですが、
そんなもったいないことは出来ません。
何度も何度もクリーナーで拭き取り、古い針に替えて聴いていると、
少しずつ少しずつ音が聴こえるようになってきたのです。

 そしてついにまともに聴けた時、正直がっかりしたのを忘れません。
WHITE ROOMをはじめとする、ライブで聴き慣れてしまった曲は
スタジオ録音では迫力がまったく欠けていて、物足りなくて仕方がなかったのです。
AS YOU SAID など、独特な雰囲気で好きだった曲だけに針を下ろして聴いたこともしばしばでした。

 
 先週、きっと無意識にそんな気持ちでライブ盤の次にこのレコードをかけて、途中でハッと気がつきました。
物足りないなんて微塵も感じないのです。
それどころか、昔わからなかった良さが、滲んで浮いてきたような気さえしました。
これも年月のなせる業でしょうか。


写真 (1)

 ジャケットはますます古びたように見えますが、
レコードそのものは、再びカビることもなく、
くるっと一周拭き取っただけで溝がくっきり浮かび上がっています。


 まさか今でもまだ聴いているなんて。
もしなにか方法があって伝えたら面白いだろうなと思う反面、
レコードをくれたことも覚えていない、そっちの確率の方が遥かに高い気がします。









 


 
 


 
 
スポンサーサイト

ジャック・ブルースの訃報

IMG_9239.jpg

 今朝の新聞に小さく出ていた訃報を見つけて、
久しぶりにレコード・ジャケットを手に取ると、
それだけで甘酸っぱいような切なさが湧いてきた。

 ブログを始めた頃、高校生の頃のこと をよく思い出して書いていた。
クリームも同じように、あの昼休みの放送で初めて聴いたのだった。

♪ Ah~ Ah~ Ah~ Ah~・・
という野太い声と重厚なドラム
イントロから心臓がバクっとなって
食べ盛りの女子高生が、
曲が終わるまで弁当を食べるのをお休みしてしまった。

 これ誰? なんというバンド?
教室に居る誰にともなく聞けば、やはりちゃんと答えが返ってきた。
クリームのホワイト・ルーム!
クラプトンがいたバンドだよ!

 他の誰かが言った。
買うなら、ライブ クリーム ボリュームⅡ!


IMG_9240.jpg


 青春を謳歌するような高校時代ではなかったけれど、
なんだ、いい感じじゃん。

 クリームのコピーバンドをやっていた3人組から
文化祭で照明を頼まれたこともあった。
当然、クリームはリアルタイムではなかったけれど
案外そんなことで身近に感じていたのかもしれない。

 訃報がレコードを聴くきっかけになるのは、どうかと思うけど、
聴けば様々なことがよみがえってくるのは、
親しい人が亡くなった時に、いろいろな思い出が湧いてくるのと変わらない。

 クリームの中では、ジャック・ブルースが一番かっこいいな。
そんな風に思ったことを思い出すのは、きっとこんな日だからだろうから、
今までの分も何度も聴いておこう。







 
プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (28)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (6)
音楽と一緒 (180)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (1)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad