心の安全装置

 まだ2月だというのに、今年は寂しい年になってしまいましたね。
一ヶ月の間に、デビッド・ボウイ、グレン・フライ、そしてモーリス・ホワイトが亡くなるなんて。
洋楽を聴き始めてからずっと、つかず離れずそこにあって、
あの時はこんなだったな~と振り返る標になる曲を作った人たちが次々といなくなってしまい、
ぽっかりとあいた穴は塞がるヒマもありません。

そこに追い打ちを掛けて、映画俳優のアラン・リックマンまで・・・本当に寂しいです。
たくさんの代表作がある中で、やはりわたしにとってはアラン・リックマンといえばスネイプ先生。
ハリー・ポッター・シリーズは一作目を家族みんなで観に行って以来、
我が子と同年代で、同じように成長してゆく魔法学校の生徒たちに会えるのが楽しみで、
子供たちが一緒に観に行ってくれなくなっても、最後は一人になっても観にいきました。
ですからスネイプ先生の訃報を聞き、さらに深く気持ちが沈みました。

 昨年中学時代の友人が亡くなって、年を取るとはこういうことかと、あらためて考えさせられましたが、
これから自分が生きていく先には、たくさんの覚悟がいるのでしょう。


 デビッド・ボウイもイーグルスもアース・ウィンド&ファイアも、
自分でターンテーブルに乗せて聴いても、なんだかしっくりきませんでした。
レコード棚から出してきたダンナが、何度もかけているのを聴いているのが自然なのです。
思えばずっとそうやって聴いてきましたし、ラジオから聴こえてくるのも同じです。


 今、自分が一番無理なく聴けているのは、コールドプレイの新譜「A HEAD FULL OF DREAMS」。
明るくてとても素敵な曲が詰まったアルバム自体がとても好きなのはもちろんですが
聴いていてなんだかとても安心するのです。
安心出来ることを求めてかけていることも、すごく自覚しています。
これって、あまり経験がない感覚ですが、
コールドプレイを心の安全装置にしているのかもしれません。








 何年か経ってこのアルバムを聴くときは
デビッド・ボウイと、グレン・フライと、モーリス・ホワイトと
そしてスネイプ先生がいなくなってしまった今を
じんわりと思い出す標になっている気がします。








スポンサーサイト

申年がきました

IMG_4126.jpg


 あけましておめでとうございます。
ずいぶん出遅れて、ブログの新年スタートです。

 大晦日の18時過ぎの再配達でコールドプレイの新譜が届き、
どういうわけか珍しく揃って在宅していた娘と息子一緒に、
居間でそのアルバムを聴きながら新年を迎えました。

 ゆっくり聴いたのはその時と、そして今だけ。
慌ただしくて、「ながら聴き」の毎日です。

 どうやらわたしにも介護の時代がやってくる予感がします。
おとといは実家の部屋の一つを妹と片付けたのですが
予期せぬ事態の発生あり、苦笑いあり、大笑いあり、衝撃の大発見ありの一日でした。
かけた時間の割には大して片付かないことを思い知り
背中には常に「大事なものを捨てられる!」と警戒心を向けられている気配に
ちょっぴり疲弊した帰り道、フト思いました。
わたし、介護ブログに引っ越した方がネタ切れしないかも?


 なかなか寝付けなかった夜が明けると、昨日はあまりにも気持ちの良い晴天が広がっていたので
我慢できずに小一時間ほど山へ出かけました。
たまたま居合わせたマスター・ヨーダ級の農家の方に新年の挨拶をして夢の話をうかがい、
落ち葉を5袋分かいてきたら、身も心もすっきり。


IMG_4168_20160105232642829.jpg
 収穫してきた聖護院カブがあまりに大きいので 猫と並べてみました^^


 午後には、実家にリサイクル業者が来ることになっていたので立会いに行ったのですが
もっと両親が元気なうちに、要らないものは廃棄しておけばよかったと反省しきりです。
とはいえ、戦争で家ごと焼かれた経験者には「捨てて」は到底通用しないのですが。


 昨年末から行けずにいた買い物に出かけると
去年の正月にも見た、お猿の大道芸が始まるところでした。


IMG_4165_20160105234927bf0.jpg


 来年も笑ってお猿を見られるといいけど。
張り切って芸をするかわいいお猿を見ながら
「お手柔らかに頼みますよ」と申年の母に念を送る、そんな年明けになりました。


 せめて世の中は穏やかな日々でありますように。
本年もよろしくお願いいたします。

 

 
  それにしても、申年に合わせたかのかな このPV・・・

 




 

物悲しさに沈まない コールドプレイの一枚目

IMG_3188.jpg


 日が短くなって、雨戸を閉める時間が早くなったせいか
夕飯を作る前にほっと一息入れながらレコード(CD)を聴く時間ができました。
そして気づくと、こんな時にはコールドプレイを聴くことが多いのです。
あらためて思い返してみると本当に、コールドプレイはほぼ夕方聴いているような気がしてきました。
 
 コールドプレイのアルバムを手にしたのは、3枚目の『X&Y』が最初でした。
それでも、この一枚目からずっと順に聴いてきたような気がしてしまうのは
このアルバム、『パラシューツ』が一番聴き込んでいるアルバムだからかもしれません。

 デビューアルバムには、そのアーティストの本質、素のようなものが
ギュッと濃縮されると思うのですが、このアルバムもまさにその通りだと感じます。
彼らの曲はどんな曲も、根底には美しいメロディが流れ、
メランコリックな曲も多いですが
このアルバムには、まるで物悲しい曲ばかりを選んで作ったベスト盤かと思うほど
物悲しさ溢れる美しい曲ばかり続きます。

ちょっとしたことですぐに凹むクセに、このような物悲しいアルバムを頻繁に聴いていては
余計に落ち込みそうなものですが、それがそうでもないのです。
なんとなくそれがわかっていて聴いてきたのだとは思うのですが、
さきほど、初めて開いた解説書で、
ロッキン・オンの山崎洋一郎氏が、気持ちいいようにそのあたりを解説しているのを発見しました。

たとえば、「トラブル」という曲について、「こんなに美しく悲しい曲に出会うのはまれだが、
こんなめいる曲はゴメンだ、かってによそでやってくれ」という気分にはならない。
しっかりと最後まで聞き届けよう、この悲しみは僕を前へ一歩進ませてくれるに違いない、そんな気持ちになるのだ。」~
と書いています。
さらに
~「しっかりとした責任感とまっとうな自信と肯定的な姿勢が悲し気なメロディの後ろから
強い光のようにこちらに向かって放たれている。そこが好きだ」~と。
音楽ライターを生業にしているとはいえ、一枚目でそこまで見抜けるものなのですね。
すごいと思いました。







 かくして、今日も落ち込みそうになったギリギリの淵から救われて
そろそろ、誰が食べるかわからない夕食を作りに立ちあがることにします。



COLDPLAY ライブ なう!

 生まれて初めての経験を今しています。

家に居ながらにして、ライブが始まる直前の興奮を、
そして観客の歓声に頬が緊張で引き攣るという経験を。

 クリスの「コンバンハ~・・・」のあと、イントロはチャリー・ブラウン!

 会場にいる人が羨ましいと思ったら、
キリがない。

 こうしてラジオで生中継なんて粋なこと。
キャパ2000はずっと先まで語れる人たちに・・。

 そろそろ電気を消して聴こうと思います。
9時まで 1秒1秒大切に・・。


 COLDPLAY と J-wave に ありがとう。



 

 
 

 

噂をすれば COLDPLAYの新曲 ATLAS

 今朝も、いつものようにJ-waveをかけて朝食の支度をしていたら、
いつの間にかかかっていた曲に、耳が向いた。


 ん、この声は、クリスじゃない?
でも、ちょっとちがうかな。
やっぱり、曲がCOLDPLAYっぽいような・・・
 クリスっていえばクリスだし、違うって言えば違うし・・
すごいいい曲だね。COLDPLAYだよね。
ね? COLDPLAYだと思う?


 上記6行、独り言のような、息子に言ったような言葉に
「調べればすぐわかるでしょ、この時代」
と返される。  つまんないの~。


 あのねぇ、別所さんがせっかく曲の前に紹介しなかったんだよ。
新曲を初めて聞くのは、一回きりなんだよ。
自分の耳が偶然キャッチしたわくわくを楽しもうよ。


 そういうの、わっかんないかな~。
ダウンロード世代は違うのかなぁ・・・。
というのは胸の内に収めて、

「COLDPLAY来たら、また行く?」と質問を変えてみる。
「行か~ん」と素っ気ない返事。
ま、そうよね。


 曲が終わって、別所さんが「COLDPLAYの新曲でATLAS」って紹介するのを聴きながら、
噂をすればなんとやらだねぇ、と喜ばしい気持ちが1日中持続するという幸せもん。


 さっき調べたら(結局調べるのだ)、6日から配信されてるようで、
もしかして、ヤツは知ってたのか?(。-_-。)


     


  はっ、わたしも買えるのだ・・・と気づいてしまったぞ。

 どうする、わたし? CDが出るまで待つか。 
ダウンロードデビューしちゃうか?


  悩ましいなぁ、悩ましい/(-_-)\







COLDPLAY 来日しないかな~? 

IMG_1546.jpg

 ライブ欠乏症を自覚して、今日はCOLDPLAY LIVE2003 を観てました。

 今は、聴いて書いています。

これ、とても不便なジャケットなんですよね。

上下に引くようになっているんですが、開けにくいことこの上ない。

「早くでてこ~い!」っと力入れすぎて、いつかそのうち壊してしまいそうです。



 でも、中身の良さは文句なしです。

IMG_1549.jpg

 momoも熱心に見ちゃってます。


 2005年、ライブエイトで初めて、彼らのライブ映像を観ました。
「IN MY PLACE」1曲だけでしたが、
あの時はU2の「BEAUTIFUL DAY」の前に、完全に影が薄くなってしまい、
彼らの実力はあんなモンじゃないはず!と思っていたら、
たまたま家から一番近くのTUTAYAで、このライブを見つけたのです。


 借りてきたのが日曜日の夕方だったので、音だけ聴きながら夕食の支度をしようと思ったのですが
全然無理な話。1曲目からガーン!!!ときて、音と映像に釘付け、エプロンしたまま動けません。

「ただいま~」
「かぁ~ちゃん、飯は?」
帰って来た家族も、次々とテレビの前に座って、誰も文句を言いませんでした。


 これは、来日したら行かねば!だね。
高校生、中学生の子どもたちと、一緒にロックコンサートに出かけるなんて
自分が娘や息子の立場だったらありえないことでしたが、
その翌年の7月に、武道館で実現することになりました。


 聞いてみると、友人たちも、結構息子や娘とライブに出かけているようです。
家族全員でというのは、なかなかないようですが、
うちも、息子も一緒にとなると、COLDPLAY以外では、あり得なさそうです。


 2009年の来日時も全員で行くつもりでいたら、
「オレは武道館以外では見ない」と頑固なダンナが言い張るので、
さいたまスーパーアリーナには、3人で行きました。

 
 最近新しいアルバムや来日の話が聞かれないけれど、
もし来たら、次も一緒に行ってくれるかしら。
ちょっと無理かな。


 一人でも、もちろん、行きます。
COLDPLAY 来日しないかな~。






*このDVD、わたしが持っているのはCDも付いているのですが、
実は中古で買った、ラッキー商品です。


 



 
プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (28)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (6)
音楽と一緒 (180)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (1)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad