初めての ビートルズ新作映画の封切り待ち

先月、近場の映画館で、『朝のロードショウ』と銘打った昔の映画がかかる時間に
『バック・トゥ・ザ・フューチャー』が1週間ごとにⅠ、Ⅱ、Ⅲと続けてかかったので
3週間通って楽しみました。

そのとき、2週目からはこの予告を観るのも楽しみで。
『エイト デイズ ア ウィーク』予告編

ビートルズの新作映画の封切りに立ち会えるなんて夢にも想っていなかったことです。
なんたって『LET IT BE』から46年ぶりというのですから、
『LET IT BE』もリバイバル上映を楽しみにするしかなかった年代のわたしからすれば
新作を楽しみに待てるなんて初めてのこと。

3回観た予告編だけでも、胸をグワッと掴まれたようになって
うゎ~どうしよ、ドキドキする、と毎回のたまっていたのですが、
そんなわたしを横目に、ダンナは「おれはいいや」と冷たいひとこと。
別に一人でもいいもんね、と22日の封切り前日、予約しようとHPを開くと
あら、切ない、近場の映画館では遅い夕方からとレイトショーの2回しかない。
それで他を調べてみると新宿では1日4回の上映があるのがわかりました。

新宿か~、A子を誘おうかな。
A子は高校時代からの友人で、今もポール・マッカートニーの大ファン。
アビーロードに誘ってくれたときのこと
一緒に行くんならA子だな~。

なんて思っていたらLINEにA子からメッセージ、「ビートルズの映画観に行かない?」  って!!
こういうの以心伝心っていうんだろうな~。
お互いの時間をすり合わせると、日曜の夜に都合がついたので
さっそく予約をいれて、当日は人混みのアルタ前で待ち合わせました。
わたしにはまたしても人生初の場所。


歌舞伎町の歓楽街を歩きながら、昔、コマ劇場の前で待ち合わせしたよね?
したした、そこって噴水あったよね?
などと思い出話しに花を咲かせながら到着すると、その場所こそ、まさにその跡地なのだ気づき、
知らないというのは幸せなことだねぇと、ゴジラさんに軽く挨拶を送り劇場内へ。
予約時は意外と空席があるな~と思ったけれど、
もしかすると、直接チケットを購入する方が多かったのかもしれず、おそらく満席だった。


映画が始まってからは、誰一人として喋る声が聞こえない。
そんな当たり前のことが守られないから、マナーを呼びかける映像を流す必要があるのだろうけど
今回ばかりは、全員が固唾を飲んだまま、あっという間に過ぎた2時間17分だったらしい。
それはスクリーンの中の大絶叫とは正反対の静けさだった。
今まで観て、聴いてきたビートルズと目の前のビートルズを重ねたり、比べたり、増やしたり
みなが自分の中に向いて自分のビートルズと対峙する時間だったのだろう。


高校生のときにビートルズ・シネクラブに入って何度も観た映画を始めとして、
さまざまなツールでビートルズを観てきたけれど、
この映画ほど「演奏するビートルズ」を芯に据えたものはなかったと思うし
4人があれほど演奏が好きだということ、そしてあんなに上手かったという事実に心を向けさせられたのは初めてだった。

それなのにコンサートツアーを辞めることを選択してゆく過程は、
今までも読んだり聞いたりしたことはもちろんあったけれど
頭で知っていたことがどれだけ薄っぺらかったのか思い知らされた。


アビーロードスタジオに籠った4人が、サージェント・ペッパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドという、
もうひとつの別のバンドとして、ロックの歴史に燦然と輝いていてもまったく不思議ではなかったんだな、とか
同じメンバーで二つの偉大な功績を遺したバンドなんて他にはいないよな、とか
そんな4人が揃うなんて本当に奇跡だなとか、
取り留めもなく思いながら見ていると、アップルレコードの屋上でのライブシーンになった。


巨大スタジアムでのライブの日から、たった数年でこの日がやってくるなんて、
大絶叫していた女の子たちは、どんな気持ちでこれを見たんだろうと思うとヒリヒリした。
ビートルズを生で見られた幸せの後の、飛び去る飛行機を見送る切なさには
自分はきっと耐えられなかっただろうから、後追いでよかったのかななんてぼんやり想像していた。


せっかく目の前で見られるのに聴いてないのもったいないよね
失神なんてありえないよね
でも、あの年齢であの場所にいれたらわからないね、わたしたちも

劇場から駅まで話しても話し足らず、
本当は飲みにでも行きたいねぇと言いながらJRのホームに向かうA子に手を振って
久しぶりに夜の電車に揺られている最中も、演奏シーンと大絶叫が頭の中でぐるぐる鳴り響いていた。









スポンサーサイト

ソノシート

IMG_0496_20150124165013972.jpg


 今日はソノシートを聴きました。
33回転で穴が小さいので、ドーナツではないですね。
シングルサイズ(17センチ)で、33回転のレコードは・・・と検索すると
コンパクト盤というのですね。

 ソノシートというと、青や赤の透明なペランペランのビニール製が多かったですが
手元にあるのは、この黒いのが1枚。
『来日10周年記念 BEATLES INTERVIEW & LIVE IN TOKYO』です。
高校生の頃に頻繁にビートルズ映画祭に通っていたので、
その時に運よく、シネ・クラブからいただいたのではなかったかと思います。


 なにしろ薄いので、プレーヤーに乗せても心許無い感じがします。
針を乗せると可哀そうなくらい・・。
あまりに永いこと聞いてなかったので、録音が消えてしまったのかと思うほど音が聞こえてきません。
ボリュームを上げてゆくと、ぼそぼそとジョンらしき話し声が聞こえて来ました。
ポールやジョージ、リンゴの声も聞こえてきますが
なんと言ってるのか、音質が悪くて聞き取れない状態です。
はっきり聞き取れても、やっぱり意味はわかりませんが。

後半は「みなさま大変長らくお待たせいたしました・・」と司会の前口上から始まります。
「・・・・・・・・・大いにご声援をいただきたいと思います。
     ただしお席でお願いしたいと思います・・・・・・」
結構長いなぁ。と感じますが、時代なんでしょうね。
「・・・・ザ・ビートルズ!!」はかっこいい発音です。
同時に、キャーっ!と凄まじい絶叫が沸き起こり
 A hard days night のコンサートシーンが脳裏に浮かんだところへ
ギターのチューニングの音。
思わずゾクっとしたとき
♪ Just let me hear some of that
    Rock And Roll Music,・・・・♪

 つられてキャーっと言ってしまいそうになるほど頬も体も火照ってきたところで、
無情にもソノシートはおしまい。1曲のみでした。

 こんな時は次に何をかければいいのか、気持ちの持っていきどころを探しながら
ソノシートを仕舞おうとすると、これがなかなか抜けてくれません。
あれ?え? どうやったら取れるのかしら・・
一か所だけ無理に持ち上げようとすると、すぐに曲がってしまいそうです。
なんとか曲げずに取れてほっとしました。
でも、また聴くときがくるでしょうか。

 子供の頃、ソノシートは針が傷むから、繰り返し聞いてはいけないと
親から言われた覚えがあるのですが、その前に、ソノシートの方が繰り返しには耐えられないでしょう。
実家にはもしかすると、いまだに「オバQ音頭」か何かのソノシートがあるかもしれません。
近々探してみるついでに、そこも確認してみようと思いますが、
どのくらい親の記憶に残っているかは、怪しいところです。


思わず聴いて確認 アベー、否、アビーロード

IMG_0395.jpg

 紅白歌合戦はPerfumeと、「花子とアン」SPしか見なかったので、
話題になっているサザン・オールスターズをyoutubeで見てみました。

 これくらいで、「もうサザンは一切聴かない」なんて言う人がいることが不思議です。

 それよりも、数日前に友人が教えてくれたこちらの方が、いろんな意味ですごい。
もうずいぶん前にアップされてるので、今更?と思われるかもしれませんが。










 始めは歌詞を見ながら聴いていたのですが、
見ないで聴いたらつい、本家と聴き比べてみたくなりました。

ジョン、座布団何枚ですか?笑

桑田さん、いい命の使い方してるな~。





ビートルズもストーンズも

 ポールの大好きな高校の同級生A子から、六本木のアビーロードにいかない?と誘われたのは、
芋煮会の翌日だった。
 芋煮会に来てくれたもうひとりの同級生Aちゃんは、ダンナさんも同じ高校の同級生で、
文化祭でビートルズのコピーバンドをやっていたくらいビートルズ好き。
Hくん(そのダンナさん)は、現在大阪に単身赴任中なのだけど、
ちょうど1週間前から帰京していて、話をすると
「よく行く店だから」とさっそく予約を入れてくれて、4人で行くことになった。

 かくして、12月の金曜の夜に、六本木交差点で待ち合わせをした。
かの場所での待ち合わせは、わたくし史上初めてのこと。
もうそんなことがあるとかないとか、考えもしなかったけれど、芋煮会からの急展開。
人生、まだ何が起こるかわからないということか。


IMG_3228 - コピー


 男性客が圧倒的に多そうな店内で、年齢的にはわたしたちは若干若手? 気のせい?


「終電大丈夫?」と始まる前からHくんに聞かれて、
そんなに遅くなるの?と、そこからこの店のシステムを確認すると、
今日はパロッツというメインのバンドが5ステージやるのだ、
全部見ると、店を出るのが夜中の12時になるのだ、と判明。
帰れないわ、とても無理。
じゃ、今日は思い切って娘に泊めてもらおうとメールをするも、初めは冷たい返事。
まぁ、なんとかなるか。と思ってるうちに1回目のステージが始まる。



 たのし~。
本当に単純に楽しい。
なんてったって、全曲わかるし、歌えるし♪

 見回すとスーツの中年男性が中学生に帰って、ドラムを叩く真似したり、
エアギターかき鳴らしたり・・。
みなさん脇目も振らずに楽しんでいる(^^)
あっという間に、一回30分くらい(?)のステージが終わっていく。


「二人もリクエストすれば?」と言われて
「なんでも楽しいからいいよ~!」なんて答えていたのが
「ついでに〇〇って書いて」と頼むようになり、
その曲をやってくれると、さらに楽しくなる。
わたしがリクエストした「I`ll be back」もやってくれました~。
ビートルズのライブ映像さえない、中期以降の曲もライブで聴けちゃうってところが、また嬉しくなる。
酔ってるね、って言いながら、サムシングでは友人と二人涙が・・・。


 ストーンズもいいよぉ!行かないの?と話題を振っても
「う~ん」と盛り上がらない状況のなか、メール着信。
「チケ高いけど、最後かも知れないので予約した」っと
Tちゃんから助太刀が入った。

 「控えおろう! これが目に入らぬか!!」
あ~、酔ってますね。
でももう気分は高校生になっちゃってるので、大丈夫。
「8万円は高いよ~」
「ポール一人で16500円でしょ。ストーンズはミック・テイラーもいれて5人で80000円だよ」
もうわけわからないことになってますね。
 わたしはどっちも好きなんだ。
でも、本物を観られるのはストーンズだけ。
同じ時代を引っ張ったストーンズを観ていると、
ビートルズの映画の中で絶叫している少女たちを羨ましかった気持ちを少しだけ埋められる
初来日のコンサート中に、ふとそんな気がしたのを覚えているんだ。
誰のコンサートに行っても、もう誰の名前も呼ばないよ、ストーンズ以外は。


 4ステージ目が終わると、さすがに帰る人もいて少し店内が空くと、
気持ちもひと段落というか、5ステージ目はクールダウンして見ていた気がする。
 わたしにとっては、最初で最後かもしれない時間だけど、
この人たちは週に何回も、一夜に数回も、ビートルズの曲を完璧にこなしてきているし、
これからも続けていくんだな。
職人さんだな~。いい職業だな~。

 
 誕生月にまた来ようと盛り上がったけれど、
ストーンズに24万円かかるから(当たる気満々です、当然!)無理かな~とお茶を濁す。


 店の前でAちゃん夫妻と分かれ、青山一丁目でA子と分かれ、一人になって半蔵門線に向かう。
階段を上った(ん、降りた? 記憶が怪しいぞ)途端、ドアが閉まり、発車する地下鉄。


 まだまだあるでしょ~、都会の真ん中だし~の余裕も、
「次の電車が鷺沼行きの最終です」の放送にドキっ。
結局、遅れが出たJRに合わせて調整運転してくれるという、なんとも優しい鉄道網に救われ
タクシーを使わずに、無事に娘のアパートに転がり込むことに成功(^^ゞ


 IMG_3232.jpg

 娘が手に入れていた号外で、しばしストーンズ談義して、その夜の寝具、寝袋に潜り込んだ。




IMG_3262.jpg


 今日、山を歩いていたら、都心がよく見えた。

一昨日はあの辺に行ったんだな~、と思ったときに
今日がジョンの命日だと急に思い出した。
そのニュースを知ったのは、あの辺かな。
帰ったら、ジョンを聴こう。そう思いながら山を降りてきた。


 みんなも聴いてるかな。聴いてるよね。
ジョンよりずいぶん年上になってしまったね。

















ビートルズの一枚目は・・・?  (DJ高崎一郎さん追悼)

 午前中は暑くて、どこにも出かけられそうにないので、
少し暑苦しいけど(笑)、ジョン・カビラさんの放送を聴きながら、
友だちのfacebookや、ブログを読んだりしていた。


 このブログに初めてコメントをくださった方も、お持ちのレコードを聴き直しながら
ブログに書き綴られているのだけど、ちょうど今、ビートルズのアナログ盤と
デジタルリマスターのCDの聴き比べをしているので、ビートルズ好きの一人として、
たまにお邪魔しては、少しお兄さんといった年代の方々の(コメント含め)お話を読ませていただいている。


 今日、読ませていただいたら、前回分でちょうど600枚目だとのこと。
リンクに貼っている、‘ふみさん‘(少しお姐さま)のブログも、
もう8年くらい続いているとのことなので、
ブログ初心者であり、飽きっぽい性格のわたしにとって、
お二人は、とてもいい目標にさせていただける。

 
 その600枚目は、『Please Please Me』について書かれていたのだけど、
そのアルバムが、イギリスでの公式一枚目のアルバムである、
ということに、わたしの脳みそはすんなりと適応出来なかった。


 わたしにとっての1枚目は、やはり「Meet the Beatles」だから。


IMG_1096.jpg


 
 「ラジオでかかるから、自分で持っていなくてもいいや」とビートルズは買わないつもりだったのだけど、
あるきっかけから手元に置きたくなって、まず『青盤』を買った。高校1年のときだった。


 何かを好きになると、それを通じて友だちが出来る。
2年になって新しいクラスで、ジョージの大好きなわたしに、ジョンの大好きな友だちが出来た。
彼女から教えてもらったビートルズ・シネクラブにすぐに入会して、映画祭に行くうち、ますますビートルズが好きになった。

 ちょうど、4人がソロで活躍していた時期と重なったせいか、 
別な学校に通っていた幼馴染も、いつの間にかポールが大好きになっていて、
二人で新宿に行った時、地下道でヒッピーじみたお兄さんが売っていた(違法だろう、アレは!)、
ビートルズの大きなパネルを買った。
よくあれを持って電車で帰ってきたなぁと、思うほどだ。

 ジョージの顔写真のブローチ(これも絶対に違法モノだわ)を制服の内側につけて、
ジョンとジョージをチラっと見せ合ったり
飯田橋ギンレイホールにイエローサブマリンを観に行ったときは、
エッチな映画を上映する映画館だったらしく、えっちそうなおじさんに興味深々で見られたり。

 
 ビートルズの全曲を制覇しようと決めるまでは、南山の入口よりも急な上り坂、
一気に熱が上がったのも、16、7歳という若さゆえだったのでしょうけど、
映画の帰りに「A hard days night」を買った後は、
日本盤(東芝EMI)のディスコグラフィーに沿って、バイトをしては一枚ずつ買って
一応全部揃ったのだから、一時の熱に浮かされたわけではなかったようです。
 まぁそれは、ビートルズの偉大さゆえで、
その前には、わたしの飽きっぽい性格もひれ伏すしかなかったということなのでしょう。



 そのブログを読んで、日本盤の一枚目「Meet the Beatles」を持ってきてみると、
さすがに一枚目だけあって、ジャケットの裏側には、ビートルズについての紹介文が書かれ、
最後にはこんなことも。


IMG_1098.jpg



「最近アメリカでは、‘ビートルズかつら‘が市販されていて、‘ビートルズ・シャツ‘とともに製造が間に合わないほど売れているとのこと」
ですって。


 そのすぐ下には、(解説 DJ高崎一郎)。

 それを目にしたとたん、ちょっとだけ驚いたけど、
なんだか笑いがこみ上げてきた。

 またしても、こんな偶然が。と。
高崎一郎さんの訃報を目にしてから、まだ2時間も経っていなかったのだから。

 



  
 DJ(ディージェイ)ではなく、「ディスクジョッキー」ですよね。
ずっと忘れていた声と、最近聞かなくなったその言葉を思いだした。


 レコードを聴きながら、ご冥福をお祈りしたいと思います。
 合掌。

 
プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (30)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (8)
音楽と一緒 (182)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (3)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad