‘70への思いは募る

IMG_2232.jpg

 今日は、吉祥寺に行かなければならない用があった。
用は楽しくもないことだったので、
また、あのレコード屋に寄ってこようと、
せっかくだから、楽しみを作っておいた。


 この夏に、久しぶりにドゥービーにハマってわかったのが、
このレコードが、家にないということだった。


 ダンナも「あれ、これなかったっけ?」と首を傾げるので、
心の中では、Minute By MinuteとOne Step Closerもないけど、
一緒に売ってしまったんとちゃう?と
なんでも手放す派の仕業を疑ってみたりもしたのだけど、
いくらなんでも、これは売らないだろうから、
やっぱりあるようで、なかったのだ。

 なので今日は、このレコードあったらいいな~と
一番に探すことにしていた。

 レコード屋さんは「気をつけてお入りください」と貼り紙が出されていて、
棚卸かなにかで、店内がごった返していた。
 その上、どちらかの営業の人が、店の人にテザリングを説明しているところで、
意外なことに、店員さんが知らないような返事をしているのが聞こえてくると、
「おばちゃん、昔のレコード探しとるけど、それ、知っとるよ」と
振り返って自慢したいような、
明らかにレコード・ハイになっていることを自覚しながら、
D・・・Doobie・・と持ち上げた1枚目が、
なんと、The Captain and Me!!


 こんなビンゴあるんだ~と、緩んだ顔でレジへ。


IMG_2234.jpg


 しかも帯まで付いてる。
来日記念盤だって。(いつの?)
「★全米ロック・シーンに広がった最もナウな音」!!
買いました、なう。
40年遅れですが(涙)。


 口内炎が痛くて、井の頭公園にも寄らずに吉祥寺を後にしたものの、
西国分寺乗り換えで、空腹に耐えられず、PLATFORM CAFEに寄ることにした。
 Doobieの似合いそうな雰囲気の、前に一目惚れしたカフェ。
地味な西国分寺駅にあるところが、またいい感じがする。


ぷらっと




 寄り道してても、レコードを買った日は気分がいいものだ。

 
 帰って早速プレーヤーにのせると、
Long Train Runnin' の後に China Groveがくる違和感と、
B面の1曲目なのに、Without You が聴こえてくると、
もう最後の曲?と、反応している自分に苦笑い。
ベスト盤の曲順が、しっかり頭にこびりついている。

 しかも、最後の曲になると、次に何をかけるか考え始めてしまう、
「音楽を途切れさせてはいけない」という
店をやっていた時の習性まで、
ま~だ体に染み付いている・・・と苦笑い。


 最近、アメリカ(グループの)にも、更に心奪われていた日々だったし、
DoobieがDoobieらしかった時代の音に酔いしれていると、
70年代にタイムスリップしたいという夢想に
さらにのめり込んでしまいそうな気がする。






スポンサーサイト

ウェスト コーストの風が吹く

IMG_0807.jpg  
レコード棚の前で、たった3枚しかなくなっていることに顎が外れそうになったけど、それはまた別モンダイで


 アメリカ旅行で買ってきた筈のSUPERTRAMPの謎が解けないので、
何を買ってきたのか思い出してみようと、うす~い記憶を辿ることにした。

 
 まずは、THE DOOBIE BROTHERS。
わたしが「BEST OF THE DOOBIES」を、まだ結婚してなかったけど、
一緒に行った現ダンナが「LIVING ON THE FAULT LINE」を買った。ハズ。
ハズ、から抜けられないのが情けない。


 今日の午前中は、気温は上がっていたけど、風がよく通ったのでエアコンは入れず、
少し大きめの音量で「BEST OF THE DOOBIES」から聴き始めた。
これは1971年から1976年までの、6枚のアルバムからまとめられたものだ。

 1曲目の「CHINA GROVE」で、ムシムシした日本の湿気は景気よく飛ばされて
TOM JOHNSTONの声で、気分はカラッと西海岸。
「LONG TRAIN RUNNIN`」に押されるように雑巾がけがはかどって、家も心もこざっぱりした。

 
 ドゥービーを初めて知ったのは、ずいぶん前に書いたのと同じ、高校生の頃に観たMTVのような番組でだった。
かっこいい!とは思ったものの、学校でも昼の放送でよく流れるようになったし、
ラジオのチャート番組でもしょっちゅう聴けるので、自分でレコードを買うところまではいかなかった。
同じようにEAGLESの「HOTEL CALIFORNIA」も、あまりにドンぴしゃ、リアルタイム過ぎて耳タコになり、
買う前に欲しい気持ちが薄れてしまったアルバムだった。


 けれども、それから数年たって、ドゥービーの存在が突然大きくなった。
漠然と聴いていたのがもったいなく思うほど、昔(当時の昔ってせいぜい3~4年?)の曲もググッとくるようになったのだ。
あんまり自分とは関係ないと思っていたバンドが、ある日突然それまでとは全く違ったように聴こえてくるこの感覚は、
その後も出現するようになるのだけど、ドゥービーもまさしくそうだった。


 「TAKIN` IT TO THE STREETS」を聴いていると、アメリカの風景が次々と浮かんできた。
それまでも聴いていたドゥービーの音楽が、心底響いてくるようになったのは、
もしかしたら旅行が決まってからのことだったのかも知れないと思った。
それまで‘西海岸‘は、自分ではない、流行の好きな誰かが好きになる場所、
そんなふうに決めつけているようなところが、偏屈な自分にはあったから。


 TOM JOHNSTONが脱退したことも、それ以降MICHAEL McDONALD の存在が大きくなったことも、
その流れでドゥービーサウンドが変わっていったことも、その当時は特になんとも思っていなかった。
「TAKIN` IT TO THE STREETS」と「LIVING ON THE FAULT LINE」の違いを、
今日ほど感じることがわたしには出来ていなかったのだ。(何十年遅いんだか)


 ただ、アメリカ旅行に連れていってくれた飲み屋の店員だったTOM JOHNSTONそっくりなしんちゃんが、
アメリカ旅行の時にはいなかったことと、ドゥービーからTOM JOHNSTONが脱退したことが、
似たような淋しさだったなということも、今日思い出した。
 自分より年上で、大成功を収めた雲の上の存在のようなミュージシャンでも、
「いろいろあったのね」と、一人の人間として思うようになるなんて、
それだけ年月が経った(=自分も年をとった)ということなんでしょうけど、なんだか妙な気分。



 あの頃、MICHAEL McDONALDにミーハーな感じでハマっていたことを思い出すと、
何故、リアルタイムで大ヒットしていた「MINUTE BY MINUTE」を買ってこなかったんだろうという、
新たな謎が、また増えてしまったのが悩ましい。



 数年後、自分たちで店を始めた後は、
TOM JOHNSTONのソロアルバムもMICHAEL McDONALDのソロアルバムもよくかけていたし、
新宿厚生年金会館に、JEFF BAXTER率いる(?)SNEAKERのコンサートにも行った。


 でも、今聴くならドゥービーじゃなきゃだめ、なんだな~。


 

 夏バテ防止に作ったジンジャードリンクでも飲みながら、
PATRICKの声に癒されることにしましょかね。



 

 
  

 


プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (28)
未分類 (3)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (6)
音楽と一緒 (180)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (1)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (2)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad