関心を寄せたひとりです

昨日、実家の台所で昼ごはんを作っていると、
サッカーW杯から帰国した選手と監督の会見を放送している様子が
居間のテレビから聴こえてきました。
父が補聴器を片側しか使わないせいで、いつも実家のテレビの音は大きいのですが、
かといって台所まで内容ははっきり聞こえず、
また夕方のニュースでもやるだろうと食事を作ることに集中していると
日本代表のここ数日のことは夢だったような、
今はまた少し自分から離れた場所で盛り上がっているような、そんな気もしてきました。


‘96にブラジルを破ったアトランタの奇跡をきっかけにサッカーに興味が湧いたわたしは
徐々にサッカーにハマっていき、息子がサッカー少年団にいた小学校の6年間を含めて
日韓W杯の少し後まで、サッカーが生活の中心にあるような時期がありました。

ハマり初めの頃、日本代表は‘98のフランスW杯への一次予選を戦っていましたが、
まだW杯への道程がどれほどのものなのかも理解していないくせに、
中東から送られてくるザラザラな映像の中で奮闘する選手に声援を送っていました。
ずいぶん遠いところでがんばっているんだなぁと、眠いのを我慢して応援していると、
夢中になれることに出会えた喜びと、いっぱしのサッカーフリークみたいな気分になれてとても楽しかったのを思い出します。
ジョホールバルでの、「岡野!岡野~っ!!」の歓喜の瞬間までは
一点の曇りもなく日本代表を応援していた、後になってみれば短い期間でした。

いざW杯が始まってみると、夜更けに起きて必死で応援しているはずの日本の試合なのに、
いつの間にか後ろの壁に寄りかかってしまい、負けても「あ~あ」とがっかりするだけでしたが、
それとは反対に、韓国の試合では気が付くと前のめりになっている自分がいます。
アジア予選の途中まではあんなに憎らしいと思っていた韓国が
先にフランス行きを決めたあとの韓日戦で、「一緒に行こう」と横断幕を掲げてくれて感動したのと
Jリーグのベルマーレでプレーしていた韓国代表キャプテンのミョンボ選手のプレーに魅せられ
W杯は韓国も応援することにしたのですが、
特にベルギー戦での闘志は凄まじいものがあり、どんどんテレビの前に吸い寄せられ
見終わった時にはテレビの真ん前で泪が止まらないほど悔しかった、
今でも一番感動した試合と記憶しています。

巷では韓流ドラマが流行っていた時代で、ヨン様ヨン様と騒いでいましたが、
わたしにとっての韓流といえばサッカー。
ホン・ミョンボは別格でしたが、似たような名前が多い中、選手をすぐに覚えられるほど高かったモチベーション。
Jリーグにもたくさんの韓国代表選手が移籍してきて、どの選手のプレーを見るのも楽しく
本当にサッカーが楽しみの源でした。

やがてミョンボ選手がJリーグを離れ、数年後に現役を引退し、
中学生になった息子がハンドボール部に入部すると、サッカーは徐々に遠のいていき、
4年に一度のW杯も、スーパープレーに心躍らせるために見るだけで
日本代表には関心も薄くなって、今回も前監督と選手の半分くらいの名前がやっとわかる程度でした。

ですからW杯直前になって監督が交代するニュースは、一般的には不安要素しかなさそうな報じられ方でしたが
離れていたわたしには、‘96を思い出させる、なんだか新鮮でわくわくするニュースであり
日本代表を応援しようと決めるきっかけになりました。
ところが西野監督が選考した選手を発表すると、世間でも、
わたしの周囲のずっとサッカーを見てきた人たちも、さんざんな言いようでした。

32チームしか出られないW杯に、世界ランキング61位の日本が出られるだけでもラッキーじゃんと思いましたし
そこまでどん底の状態なら、あとは這い上がるだけ。
楽しみにしてあげればよいのに、と周りの評判には蓋をしてW杯を待ちました。


強化試合では火に油を注いぐ結果でしたが、大会が開幕し予選リーグが始まってからは
「ごめんなさ~い」と西野監督と選手に謝罪のツイッターが溢れたとニュースになるほどの結果を出した日本代表。
タイミング悪く10年ぶりに熱を出し、他国の試合をあまり見られない中、
日本の試合だけは3試合ともしっかり見届け、応援しました。
今や海外に出てプレーする選手がほとんどで、当たり負けしなくなった姿に、
攻守に躍動する姿に、かつて壁に寄りかかっていたわたしの背筋も今回は伸びっぱなしでした。


「無関心が一番怖い。このW杯で関心を集められたと思う」
長谷部選手が代表引退を表明した清々しい笑顔で語っていた通り。
東京の片隅のおばさんもそのひとりです。
心底応援できる楽しい時間をくれた今回の日本代表チームに感謝して、
今夜からはまた4年に一度のミーハーなサッカー・ファンに戻って
知ったかぶりで決勝まで楽しませてもらおうと思います。


そのためにもう寝なければ。





スポンサーサイト

本を衝動買い

IMG_9062.jpg



本は滅多に買わないのですが
今日は欲しい本があり、隣町の本屋まで行ってきました。
なにしろ駅前や商店街にあった本屋さんが姿を消してしまい
この町ではフラリと立ち読みをすることさえ出来ないのです。

けっきょく目的の本は置いていなかったのですが
本屋さんにいること自体があまりに久しぶりで
棚を眺めては気になる本を取ってみることが新鮮で
あまり近寄ったことがないジャンルにまで目がいった瞬間
こちらを向いていた本に、ズキリとしました。

「50代から実る人、枯れる人」

枯れる人?

『あなたの中に「再起する力」はありますか?』
さらに追い打ちをかける帯の言葉に
グサグサっとやられました。


自分では、今はかなり水の底の方にいて、
もしかするとまだ底は深いかもしれないけれど
膝を折って腰も落としてエネルギーを蓄えて、
足が底に着いたらゆっくり蹴って上がっていこう。
そんなことを漠然と思っていたのですが。

もう浮上するのは無理なのかな。
枯れるのかなこのまま。


そんな思いが本を買わせること自体珍しかったのですが、
今日は家族が誰もいないのをいいことに、手抜きの夕飯を食べながら、一気に読みました。

「実る人」になるための秘訣が55項目簡潔に綴られているのを読みながら
わたしがここ数年囚われているマイナーな感情は、ごく個人的な原因と思い込んでいたのに
実は50代というライフステージだからなのか、と客観的に捉えることが出来ました。

読んでいてストン、ストンと腑に落ちてくるのは、この年齢だからに違いないのですが
少し離れたところで、こんな本を読むようになっちゃって、と苦笑している自分もいました。

本屋で受けた衝撃は大きかったですが、少しずつ薄れて、
水切りをすれば、まだなんとかなるかしら、
読み終わってみると、そんな風に落ち着きました。


自分の中の正体不明のモヤモヤを
すっきりまとめて示してくれたおかげで、
重く垂れこめていた霧に少し晴れ間が差した。
そんな感じです。


2回目、3回目と読んでいくうちに
自主的な「秘訣」が見つけられるのではないかと思いますが、
新年ですから、「今年はライブに行くぞ~!」 とひとつ宣言して
「実る人」に向かって一歩目を踏み出しておくことにします。

盆踊りで夏がゆく

IMG_5782.jpg


 先週末で今年の盆踊りシーズンが幕を閉じると、
今年の夏は、盆踊りに明け暮れているうちに過ぎてしまったという実感に包まれました。

昔は一つしかなかった中学校の校庭で盛大に行われていた盆踊り。
今は各地区ごとに行ない、太鼓会も地区ごとにあります。
7月の第三週末に、オリンピック・イヤーにまわってくる当番で、
農協の櫓の上で叩いたのが、わたしの地区の太鼓会、今年の皮切りになりました。

下の段では、各地区の農協女性部の踊り手さんが交代で踊るので
のんびりとした曲間に風が心地よく過ぎていきます。
叩き初めで体力も気力も十分、気持ちよく叩けた夜でした。


 毎年、盆踊りになると顔を合わせていた同級生がいなくなって5回目の夏。
今年は櫓の上から姿を探すことはなくなりました。
その代わり輪に入って踊っていると、一緒に踊ったときのことがやけに楽しく思い出されます。
曲間に二言三言バカなことを言い合って、やっぱり笑っていたのだから、
今も楽しんでるよ、という気持ちでKちゃんの分まで踊らないとね。
いやいやとても踊れないけど。





IMG_5834.jpg



自分の地区の盆踊り当日は、店を出したり、放送を担当したり、目がまわる忙しさ。
それでも、日焼けした小学生の子供たちがぞろぞろつるんでいるのを見ると
息子もあんなふうだったなとほろっと思い出します。





IMG_5838_20160823160214caa.jpg



 地区の役員やら学校の役員で参加するママ友があちこちの店にいて
言葉を交わすのも楽しみの一つでした・・。
などと懐かしんでいたら、久しぶりに復活するママ友の多いこと。
もうみんな孫を連れているんですよね。
顔も、お財布のヒモも緩みっぱなしになっているのを羨ましく眺めるわたしに、
「まだいたのね~、ありがとう」ってお礼言わないでよ。でも嬉しい再会。

 驚いたことに息子まで現れ、「焼きそば買いに来たの?」と半ば本気で訊くと
そんなバカな、の呆れ顔で写真を撮りにきたんだと言う。
ここ数年カメラに凝っているので、試しに撮ってみたかった、と。
ま、理由はなんでもいいや。ここでまた会えて、嬉しかったょ。





IMG_5909.jpg



毎年同じ日程で、一度も行けなかった里山に一番近い地区にも行けた今年。
昼間をよ~く見知った公園からガヤガヤと賑やかに溢れてくる灯りが近づく時、
中学の頃友人と初めて盆踊りに行った夜のワクワクを思い出した。




IMG_5910.jpg



  狭いのは知ってるけれど、この熱気は狭さだけじゃあない!
太鼓もここのはちょっと違う。とんとことんと軽やかに刻まれ、踊りたい気持ちがはやるけど
まずはご挨拶に一杯、ビールをゴチにならねば。
助かった、ビールは3人待ち。
焼き鳥その他諸々は1時間待ちの長い行列。




IMG_5915.jpg



 議員さんや市長さんの挨拶が続き、やっと出来た輪に入れていただく。
Kちゃん、初めて来たよ。言ってた通り、めちゃ混みだ~。

彼女は行けるだけ全部行く、と毎年張り切っていた。
会社のカレンダーには、市内と周辺の盆踊りの日程がびっしり書き込まれていたと
パート先が一緒だった友人が涙を光らせたのは4年前。







IMG_5957_201608231602101f7.jpg



その彼女も、今年はお母さんのお世話で来られない。
みんないろいろある年頃になったってこと。
他人事ではない。
来られることに感謝しなきゃ。






IMG_5963_20160823160211c92.jpg


 
Kちゃんが話してた、「いつの間にか隣で踊ってる赤いTシャツのおばちゃん」
今日、わたしも遭遇したって教えられなかったのはちょっと残念だけど。







IMG_6124.jpg



 ここの盆踊りが終わると夏が終わる。そんな気持ちになる。

何年前だったか、ここで踊りの輪に入っていたとき、隣で踊る方にとても気が引かれました。
たまにスーパーで見かけていた、腰が曲がって歩くのも難儀そうにしているあの方だ、と気がついたからでした。
けれど、踊りの輪から遅れることもなく、それどころか真剣な眼差しで一心に踊る姿からは、
誰かを想っていることがひしひしと伝わってきて、その時初めて気づかされました。
わたしはただ楽しくて踊っているだけで、盆踊りの意味を忘れていたことを。

それ以来、ここで踊り納めをするのが自分の中で決まりごとになっていたのですが・・・


ガーン! 
櫓がない!





IMG_6123.jpg

 

昼まで大雨が降ったこの日、泥濘んだ庭に櫓が立てられず、
会館の二階の座敷で行われることになっていたのでした。
こんな状況でもやると決断した主催者側も、集まってくる地区の人たちも
逆にすごいわ!と、なにやら胸が熱くなり始めました。






IMG_6128.jpg



 果たして・・・。

こんなに楽しい盆踊りは初めて! 
と、参加した誰もが素直に口にするほど和気あいあいの場になったのです。

うまくいかない時ほど人は楽しめるものなんだ。
みんなが楽しもうとする気持ちに勝るものはないんだ。
Kちゃん、こんな盆踊り経験ないでしょ?

マイムマイムやジェンカまで踊って、まるでキャンプファイアーのような盆踊りだったけど、
そんなふうにKちゃんを偲んで、今年最後の盆踊りは幕を下ろしました。


後日、膝が痛くなったのは言うまでもありません。
マイムマイムはもうやめておこう。








やっぱり・・・

今日一日考えていたことはブログの名前(?)。

どうせまだ誰の目にも触れていないだろうから、今のうちによりしっくりくる名前に変えようかな。

って。


もう3つ目だけど、これで落ち着くかどうかは今夜の寝付きにかかっているかも。


レコード(たまにはCDも)聴きながら書くって決めようかな。

とかね。


自分をわかってもらうなんて無理よ。
でも努力はしよう。


昨日の面接だって必死だったんだから、わたし。
心の中で笑われていたとしても、ね。




はじめまして

 
             P1060774.jpg


どうしてだか、今になってブログを始めようと急に思い立った。
数年間mixiでのやり取りを楽しんできたのだけれど、ちょっと行き詰まった?息詰まった?ような気がして、知らない場所へふらりと出て行きたくなったのかもしれない。
 
 若い頃、人混みを一人で歩いてわざと淋しさを膨らませていたような気持ちに似ている。
寒い日に冬枯れの雑木林を歩くと気持ちがいいのにも似ている。

 何を書いていこうか。


     momo


               そら


多分飼っているねこの話や、趣味で作っているパンの話、大好きな里山での話が中心になると思う。
今まで聴いてきた音楽(ほぼロックだけど)の話も書ければいいな。


 何かを新しく始める。
その気持ちになっただけで、今は十分。

 うん、十分だ。

今日のわたし、よく出来ました。






プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (30)
未分類 (5)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (7)
富士山 (8)
音楽と一緒 (197)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (5)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (3)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (3)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
トンプソン・ツインズ (1)
a-ha (3)
テデスキ・トラックス・バンド (1)
ユーミン (1)
サイモンとガーファンクル (1)
マウス オン ザ キーズ (0)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad