サウンドファインダーのおかげで

横浜市青葉区の中古レコード屋さん、タチバナへ行ってきました。
きっかけは、レコード通販のサウンドファインダーが送ってくるメルマガ。
サウンドファインダーは、全国の音楽関連ショップが集まる通販ショッピングモールで
ショップの在庫を一括で検索出来る機能があるので
このレコードを見つけられたのも、ここのお陰でした

その時からメルマガが送られてくるようになったのですが
今までで一番興味を引かれた記事が、いくつか前のメルマガで取り上げられていたこのレコード屋さんの話。
昭和36年の創業以来のお店の変遷や、店主のお母さん、店主である息子さんのレコードに対する思いなどが
事細かに書かれていて、一度行ってみたいと思ったのです。


ここのところ出かけた先で偶然に中古CD&レコードショップがあることが続いて
ジョン・メイヤー、ジェフ・ポーカロのトリビュート、ブルース・コバーン、
他にもいろいろ、しかもかなりの安価で買いあさっていたのですが
どうしても見つからなかったのがa-haでした。
当時あれだけ売れたのにこんなに無いということは
彼らの音楽性を知った身ではとても納得のいくことですし
ずっと大切に聴き続けているファンからすれば
今頃になってやっと良さに気づくような輩に回すレコードは無し!
ということなのかなぁ・・・などとつらつら思ってみたりして
いよいよ逃した魚の美味しさに地団駄でも踏みたくなろうとしていたところ








securedownload (1)



securedownload.jpg





なんと、2枚も
待っていてくれました。
(正確には3枚でしたが、4曲入りのミニアルバムは買うのを辞めておきました)



このお店のこだわりは、美品であること。
とメルマガで読んだ通り、
大切に扱われてきたと感じさせる傷みのないジャケット。
磨かれた盤の美しさ。
それを一枚ずつ丁寧に確認させてくれる誠実な商売。
とても気持ちよく買い物が出来るお店でした。



お店のHPはこちら



もう一度読もうと思っていたメルマガは
間違って削除してしまったらしく見当たらず残念ですが
ちょっと時間が出来たら出かけられる距離にあることがわかったので
これからしばしば通ってしまいそうなタチバナさん。
またまたサウンドファインダーのおかげで
欲しいレコードにたどり着くことが出来ました。












スポンサーサイト

寝続けられるのも

 1月中に皮膚科へ行って、花粉症の薬を処方してもらうようになったのは4,5年前。
症状が出てから飲むよりもずっと効き目があったので、その後も続けていたのだが
去年は情けないことに十数年ぶりに腎臓の薬を服用しなくてはならなくなり、
これ以上の薬を体に入れるのはゴメンだという気持ちから、花粉症の薬は飲まなかった。
いよいよ2月になり、今年は遅いのかな?とやり過ごし
3月になっても花粉症らしき症状が現れなかったので
「この薬は花粉症にも効くんですか?」と主治医に尋ねてみると
一瞬キョトンとした顔になり「それはないと思うよ~」と笑われた。

そうか、わたしは花粉症を卒業したのだ、きっとそうだ。
自信満々に決めつけたので、今年も先月チラリと頭を掠めたものの
皮膚科には行かずに2月になった。

現在働いているのは、インフルエンザの猛威が身近にわかる職場なので気をつけていたのだが、
先週、ふいに喉がガサっとした。
この久しぶりのガサっにヒヤッとした。
ずっと以前は風邪ではなく咽頭炎にばかり罹っていたのだが
わたしの持病の慢性腎炎は咽頭炎で一気に悪化することがあると本で読んでからは
それだけは気をつけるようにしていた。それなのに。

それからは毎日なんども緑茶でカテキンうがいをして
はちみちを普段より大盛りで舐め
料理には生姜を、飲み物にも生姜を、と
なんとかガサさんに退散願おうと努めていたところ
ある朝出てしまった。
ぶえくしょん!と派手なオヤジくしゃみが。
と、同時に、かんでもかんでも止まらない鼻水。

卒業していなかったのか~。

しばらくご無沙汰だったせいか、今回の花粉症、初めてかかった時のような辛さ。
精神的にやられたせいか。
ヒトとして半分も機能していないし、なにも捗らない。

こんなに辛いのは久しぶりだ~。
だからこんな日は昼まで寝ていよう。
山の作業も残雪で中止になってしまったし、
そーだそーだ、昼まで寝るぞ。
朝、6時に目が覚めてそう決めたとき、なんていい思いつきだろうと
わくわくしながら再び眠りに落ちたのだが。


ずいぶん寝た~、もう10時くらい?そう思って時計を見ると7時ちょっと過ぎ。
腕枕で寝ていた猫が目を覚ましたので「もう一度寝るよ~」と鼻を撫でてやると
猫は寝るのにわたしは眠れない。
「あれ~なんか背中が痛いし首も張ってるな」
寝床の中で軽~くストレッチしながら
今日は昼まで寝るんだもんね~とがんばっている。

がんばる?
ただ寝るのにがんばらないとならないの?

そのうちウトウトして目がトロ~ンとなっても、腰がいた~い。
無理して目を閉じてみる。でも背中がいた~い。
あ~もういや! になって布団から出たのは、8時少し前。
昼はとてつもなく遠い。


そんな親を尻目に具合でも悪いのかと心配になるほど寝ている娘。
あんなに寝られるなんて、若さゆえかぁ。いいなぁ。

志半ばで挫折しとぼとぼ階段を下りてきたが
起きてしまったからには気持ちよく過ごそうとジョン・メイヤーをかける。





IMG_9241_20180204154036f56.jpg




今までジョン・メイヤーのCDを見かけたことのなかった中古屋で、
いつかいつかと思いながら買えずにいた初期の三作品が、
いっぺんに手に入ってしまった。







IMG_9238.jpg



ファースト・アルバムって、アーティストの個性がギュッと濃く詰まっているようで
いいですね。
売ってくれたヒトに感謝です、ほんと。










爽やかな午前中が過ぎて行く頃やっと起きてきた娘はどこも痛そうでもないし、
さっとマットを敷くと、ジョン・メイヤーをバックにヨガを始めました。
ああ柔軟な体が羨ましい。


このアルバムが出た2001年だったら
わたしも昼まで難なく眠れていたのかしら。
ああでも日曜日は息子のサッカーで忙しかったから
やはり寝てはいられなかったのだろうな~。




懐かしいけど新しい

IMG_9097.jpg




わが街の図書館、本を愛する知人は蔵書が物足らないと不満顔ですが
わたしにとっては、「え、こんなCD置いてあるの!」ということの多い
本屋もレンタルCD屋もない環境にあって、未聴の音楽と出会える貴重な場所になっています。


昨年末にa-haを見つけた時、もう一枚はなににしようかと棚を見回すと
「テデスキ・トラックス・バンド」という名前を見つけました。
いつかどこかで聞いた名前だな~とジャケットを一見して
「これは借りでしょ!」と即決。
市立図書館だから只で借りられるのに、すぐ近所というわけではないので
そこはハズしたくないのが人情。
2枚ともハズレた2週間は、なんだか損した気分になるのです。


その夜はちょっと久しぶりに興奮して夜更しになりました。
a-haの嬉しい予想外のあとに続けて聴いたこちらからは
‘70の熱気がムンムン立ち込めるようなサザンロックが流れてきて
いかにもLPサイズのジャケットだよな~、CDでは狭苦しそう
などと思っていたのでした。










スーザン・テデスキとデレク・トラックスが組んだから「テデスキ・トラックス・バンド」と帯の文を読みながら
日本で言えば「内田・木村・バンド」?
それにしても外国名だと、かっこよくていいな、
なんて心の中でツッコんでいることが、さながら間違いではないブルージーな音色。


以来、a-haと交互に聴き続けていながら
曲も、スライドギターも、ボニー・レイイット並みのハスキーボイスも
こんなにかっこいいのに、なぜ今まで知らなかったんだろう、
これって‘70のバンドだよねぇ?と疑わなかったのですが・・。
返却日前日になって、ようやくライナーノートに目を通してみると、リリースは2011年。
まさかまさか、まさかの事態。


叔父さんがオールマン・ブラザーズ・バンドのオリジナルメンバーだったとか
ご自身も10代でオールマンでプレイした経験があるとか、
その後正式メンバーだったとか、
ジョン・フルシアンテ、ジョン・メイヤーとともに
現代の三大ギタリストのひとりだとか・・・



すみませんでした。
何も知らずに。
でもすごく納得です!
思い込みは捨てて、素直にライナーノートを読むために
そろそろ老眼鏡を用意しなければならないなぁ
なんて思った新しい出会いでした。


















本を衝動買い

IMG_9062.jpg



本は滅多に買わないのですが
今日は欲しい本があり、隣町の本屋まで行ってきました。
なにしろ駅前や商店街にあった本屋さんが姿を消してしまい
この町ではフラリと立ち読みをすることさえ出来ないのです。

けっきょく目的の本は置いていなかったのですが
本屋さんにいること自体があまりに久しぶりで
棚を眺めては気になる本を取ってみることが新鮮で
あまり近寄ったことがないジャンルにまで目がいった瞬間
こちらを向いていた本に、ズキリとしました。

「50代から実る人、枯れる人」

枯れる人?

『あなたの中に「再起する力」はありますか?』
さらに追い打ちをかける帯の言葉に
グサグサっとやられました。


自分では、今はかなり水の底の方にいて、
もしかするとまだ底は深いかもしれないけれど
膝を折って腰も落としてエネルギーを蓄えて、
足が底に着いたらゆっくり蹴って上がっていこう。
そんなことを漠然と思っていたのですが。

もう浮上するのは無理なのかな。
枯れるのかなこのまま。


そんな思いが本を買わせること自体珍しかったのですが、
今日は家族が誰もいないのをいいことに、手抜きの夕飯を食べながら、一気に読みました。

「実る人」になるための秘訣が55項目簡潔に綴られているのを読みながら
わたしがここ数年囚われているマイナーな感情は、ごく個人的な原因と思い込んでいたのに
実は50代というライフステージだからなのか、と客観的に捉えることが出来ました。

読んでいてストン、ストンと腑に落ちてくるのは、この年齢だからに違いないのですが
少し離れたところで、こんな本を読むようになっちゃって、と苦笑している自分もいました。

本屋で受けた衝撃は大きかったですが、少しずつ薄れて、
水切りをすれば、まだなんとかなるかしら、
読み終わってみると、そんな風に落ち着きました。


自分の中の正体不明のモヤモヤを
すっきりまとめて示してくれたおかげで、
重く垂れこめていた霧に少し晴れ間が差した。
そんな感じです。


2回目、3回目と読んでいくうちに
自主的な「秘訣」が見つけられるのではないかと思いますが、
新年ですから、「今年はライブに行くぞ~!」 とひとつ宣言して
「実る人」に向かって一歩目を踏み出しておくことにします。

知らなかった a-ha 

IMG_8921.jpg




トンプソン・ツインズを返しに行った図書館で
じゃあ次はa-haでも借りようかな、と軽い思いつきで棚を見たとたんに
赤い文字が飛び出してくるように目に飛び込んできました。
a-ha シングルズーヴェリー・ベスト・オブ・a-ha」。
当時一枚だけ買ったはずのアルバムでもあればいいなという願いは叶いませんでしたが
a-haでも、という小さな目的が果たせた満足感と、
軽~く家事がはかどるかもね、という期待感で借りてきました。


やはり!の「テイク・オン・ミー」から始まるこのアルバム、
j-waveから聞こえてくることもありますが
自分で選んでかける高揚感はやはり別なようです。
弾むようなドラムのリズムに乗って、野菜を刻むのも軽やか、軽やか。

曲名すら知らなかった2曲目の「シャイン・オン・TV」では、
深みのある音が聴こえるたびに「ちゃんと聴いてなかったのだなぁ」と早くも反省を促され
3曲目の「ストレンジャー・トレイン」にいたっては、「‘80の曲」としか認識できていなかったのですから困ったものです。
そして一番衝撃だったのが4曲目。
イントロで「え、EL&P?」。
包丁を置き手を拭くと、ライナーノートを手に取りました。
a-haの特徴というかイメージは、よく伸びる高音と思っていたわたしにとって
グレッグ・レイクかジョン・ウェットンかというくらい重厚なボーカルが
台所のスピーカーから降ってきて鳥肌がたちました。


キラキラした夏のイメージの「テイクオンミー」に隠れていた、違いますね、
わたしが探すこともしていなかった翳りをたたえる曲の連続に
「え~、a-haってこんなバンドだったの?」と
トンプソン・ツインズを聴いた時と同じような感覚になりました。
未知なまま過ぎた何十年が悔やまれれば悔やまれるほど
今になって見つけられたことが嬉しい天邪鬼。
何度も手を止めさせられて夕飯の支度がはかどらないことがうれしい夕方でした。









NEXT≫
プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (30)
未分類 (4)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (6)
富士山 (8)
音楽と一緒 (183)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (4)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (3)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (3)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
トンプソン・ツインズ (1)
a-ha (2)
テデスキ・トラックス・バンド (1)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad