FC2ブログ

ポストに届いた嬉しいモノ

このままではA-haが揃えられないのではないか。
5枚目までうまく揃えてきた実店舗でのA-ha探しは途絶えて久しく
この先も当分中古レコード屋にのんびりと出かけることは出来そうにない。
でもそろそろ次のアルバムが聴きたい。
その先に控えているのも聴きたい。
その次もその次も・・。
この気持ちが冷めないうちに、せめて次のアルバムが欲しい。
と、そこまで考えたとき、頭の中に全身黒ずくめのわたしが現れました。

そこまで思うなら買っちゃいな~。
しょうがない、一枚だけ、ネットで注文しちゃえば。

はっ。
気づくと「注文を確定」をポチっ。
しちゃいました。

それから24時間も経たないうちに届いた緩衝材の入った分厚い茶封筒。
その下には薄い茶封筒もありました。
ポストから取り出すときのなんともいえない手触り。
わっ、なんだ、この嬉しい感じ。
ポストに友人からの手紙が届いたときの懐かしい気持ちがふわっとよみがえり
こんなに嬉しいなら次もネットでいいじゃん!
あ~、白いわたしにはもう戻れない予感がしました。




薄い方の茶封筒は息子からでした。



IMG_9472.jpg



ひと月前に夏休みで帰省した息子の暇な日に
ダンナとわたしの休みが偶然重なって急に出かけたドライブで
フィルムカメラに凝っている息子が撮ってくれた写真でした。

帰省した時には、その前に来た時に写した猫たちの写真をくれて、
昔はこんなペースだったよねなんて、思いがけず、かなりの時を経て、
写真を待つ楽しみが甦がえりました。


息子から手紙はなく
お礼のラインにもスタンプがポコンと帰ってくるだけ。
でも、写真を丁寧にビニールで包んで密封までして、
宛先に実家の住所を書き、親の名前を書く
息子がしてくれたそんな当たり前のことまで嬉しく思えて
でもそれは離れて暮らしているからという半分は寂しさもあって
そんな気持ちにあまりにしっくりくるメロディが、このCDからは聴こえてきました。





IMG_9473.jpg






スポンサーサイト

ミキタカさん ご無事ですか?

一瞬先は闇。
そんな言葉が浮かぶ、たったここ数日間の天変地異。

猛暑以上の言葉が生まれた夏の終わりに
これでもかと台風21号のニュースが走り
それも一夜明ければ北海道を襲った巨大地震のニュースにとって変わり
今のところ何も起きていない、ここ東京で 
各地の知人の安否を気にしながら
日本中にお見舞いを申し上げたい心持ちです。

北海道といえば、このブログでお世話になったミキタカさん。
北海道とはいえ、何方にお住まいなのかも存じ上げず
どう心配すれば良いかさえわかりませんが
いつかブログが再開される日をお待ちしています。

わたしはといえば、
ここ二ヶ月は、母の認知症が進んだことと
12歳の猫のmomoに乳腺腫瘍が見つかって手術したこと
そのうえ仕事の繁忙期が重なっていたので
音楽を聴く余裕もなく過ごしていました。

カレンダーが9月になり
ようやくレコードをぼちぼちかけ始めたところで
気を揉む災害の連続。

備えを怠らず、一日一日を意識的に過ごしていかないとね。
他人事ではないね、の後のそんな会話が当たり前になって、
なんの心配もなく過ごしていた日々が
なんて眩しくありがたかったかと、噛み締めています。




関心を寄せたひとりです

昨日、実家の台所で昼ごはんを作っていると、
サッカーW杯から帰国した選手と監督の会見を放送している様子が
居間のテレビから聴こえてきました。
父が補聴器を片側しか使わないせいで、いつも実家のテレビの音は大きいのですが、
かといって台所まで内容ははっきり聞こえず、
また夕方のニュースでもやるだろうと食事を作ることに集中していると
日本代表のここ数日のことは夢だったような、
今はまた少し自分から離れた場所で盛り上がっているような、そんな気もしてきました。


‘96にブラジルを破ったアトランタの奇跡をきっかけにサッカーに興味が湧いたわたしは
徐々にサッカーにハマっていき、息子がサッカー少年団にいた小学校の6年間を含めて
日韓W杯の少し後まで、サッカーが生活の中心にあるような時期がありました。

ハマり初めの頃、日本代表は‘98のフランスW杯への一次予選を戦っていましたが、
まだW杯への道程がどれほどのものなのかも理解していないくせに、
中東から送られてくるザラザラな映像の中で奮闘する選手に声援を送っていました。
ずいぶん遠いところでがんばっているんだなぁと、眠いのを我慢して応援していると、
夢中になれることに出会えた喜びと、いっぱしのサッカーフリークみたいな気分になれてとても楽しかったのを思い出します。
ジョホールバルでの、「岡野!岡野~っ!!」の歓喜の瞬間までは
一点の曇りもなく日本代表を応援していた、後になってみれば短い期間でした。

いざW杯が始まってみると、夜更けに起きて必死で応援しているはずの日本の試合なのに、
いつの間にか後ろの壁に寄りかかってしまい、負けても「あ~あ」とがっかりするだけでしたが、
それとは反対に、韓国の試合では気が付くと前のめりになっている自分がいます。
アジア予選の途中まではあんなに憎らしいと思っていた韓国が
先にフランス行きを決めたあとの韓日戦で、「一緒に行こう」と横断幕を掲げてくれて感動したのと
Jリーグのベルマーレでプレーしていた韓国代表キャプテンのミョンボ選手のプレーに魅せられ
W杯は韓国も応援することにしたのですが、
特にベルギー戦での闘志は凄まじいものがあり、どんどんテレビの前に吸い寄せられ
見終わった時にはテレビの真ん前で泪が止まらないほど悔しかった、
今でも一番感動した試合と記憶しています。

巷では韓流ドラマが流行っていた時代で、ヨン様ヨン様と騒いでいましたが、
わたしにとっての韓流といえばサッカー。
ホン・ミョンボは別格でしたが、似たような名前が多い中、選手をすぐに覚えられるほど高かったモチベーション。
Jリーグにもたくさんの韓国代表選手が移籍してきて、どの選手のプレーを見るのも楽しく
本当にサッカーが楽しみの源でした。

やがてミョンボ選手がJリーグを離れ、数年後に現役を引退し、
中学生になった息子がハンドボール部に入部すると、サッカーは徐々に遠のいていき、
4年に一度のW杯も、スーパープレーに心躍らせるために見るだけで
日本代表には関心も薄くなって、今回も前監督と選手の半分くらいの名前がやっとわかる程度でした。

ですからW杯直前になって監督が交代するニュースは、一般的には不安要素しかなさそうな報じられ方でしたが
離れていたわたしには、‘96を思い出させる、なんだか新鮮でわくわくするニュースであり
日本代表を応援しようと決めるきっかけになりました。
ところが西野監督が選考した選手を発表すると、世間でも、
わたしの周囲のずっとサッカーを見てきた人たちも、さんざんな言いようでした。

32チームしか出られないW杯に、世界ランキング61位の日本が出られるだけでもラッキーじゃんと思いましたし
そこまでどん底の状態なら、あとは這い上がるだけ。
楽しみにしてあげればよいのに、と周りの評判には蓋をしてW杯を待ちました。


強化試合では火に油を注いぐ結果でしたが、大会が開幕し予選リーグが始まってからは
「ごめんなさ~い」と西野監督と選手に謝罪のツイッターが溢れたとニュースになるほどの結果を出した日本代表。
タイミング悪く10年ぶりに熱を出し、他国の試合をあまり見られない中、
日本の試合だけは3試合ともしっかり見届け、応援しました。
今や海外に出てプレーする選手がほとんどで、当たり負けしなくなった姿に、
攻守に躍動する姿に、かつて壁に寄りかかっていたわたしの背筋も今回は伸びっぱなしでした。


「無関心が一番怖い。このW杯で関心を集められたと思う」
長谷部選手が代表引退を表明した清々しい笑顔で語っていた通り。
東京の片隅のおばさんもそのひとりです。
心底応援できる楽しい時間をくれた今回の日本代表チームに感謝して、
今夜からはまた4年に一度のミーハーなサッカー・ファンに戻って
知ったかぶりで決勝まで楽しませてもらおうと思います。


そのためにもう寝なければ。





母のズボンとa-ha漬けの一日

ああ、また広告が出てしまった。
ブログの更新が途絶えると出てくるあの広告。
ひとつひとつはまったく簡単な用事ばかりなのに
こなしている間に夜が来て、瞼が重くなり寝てしまう。
そんな日々を繰り返し
あっという間にひと月が過ぎていった。

そして広告・・・゚泪


今日は予定のない水曜だから
映画 『I am the blues』 を観に新宿に出て
ついでに上野まで足を伸ばして、
型染めの職人さんの仕事を見てこようとこっそり計画してたのに・・・
雨かぁ。
途端に出かけるのが億劫になり
朝からa-haを聴きながら、小さい用事をひとつづつ片付けていると
スマホにニュースが流れた。
関東甲信まで梅雨に入ったと。


先日の晴れた日に、やっとこ歩く母の手を引き、
近所のホームセンターへ母のスボンを買いに行った。
母はブティックにでもいるように嬉しそうな顔をして、
棚につかまりながら一生懸命選んでいた。
縮こまった母には長すぎるズボンに決めて、
帰ろうとしても、時々何かをじっと見ては立ち止まって動かない。
すっかり幼子のようになってしまった。


雨の音とa-haを聴きながら裾上げをしていると
手先が器用で、なんでも上手に仕上げていた母が思い出された。
もうあの人はいるようでいないんだな。
大好きだった祖母の時もそう思ったっけ。

それにしても、a-haの音楽の湿度感がこんなにも日本に似合うなんて。
今のところ5枚目まで揃ったアルバムを、
今日は5枚目の『メモリアル・ビーチ』から遡って聴いている。



裾の折り返しにアイロンをあてて、丁寧に縫ったつもりだけど、
これではとても母は納得してくれそうにない仕上がりだ。
なんとも不器用な針の跡。
情けない裾上げが終わった。




あれからほぼ順序よく揃ってきたa-haのアルバム

デビュー・アルバム hunting high and low
IMG_7969.jpg

2、3枚目を買った後に、渋谷のレコ・ファンで見つけた中古レコードには
当時のタワーレコードの1890円の値札が付いていた。
ジャケットに見覚えがあったので買ったと思ったのは勘違い。
このレコードを買った人は、もうa-ha聴いてないのかな。




4枚目 east of the sun west of the moon
IMG_7970.jpg


同じ日、20分程早くこちらをディスクユニオンで買った。
デラックス・エディション? よく意味が分からないまま購入して
後で調べたら未発表音源CDとサウス・アメリカツアーのDVDも付いてて幸運。




5枚目 memorial beach
IMG_7972.jpg


ちゃんと順番に現れてくれる奇跡。
新宿のディスクユニオンで見つけた5枚めのアルバムは350円だったけど
見つける喜びはプライスレス(CMか?)。




いつか実家は空っぽになる。
今が戻りたくて仕方のない、かけがえのない時であることを頭ではわかっているのに、
気持ちがついていかないまま過ごしているから、いつも後ろめたさが離れない。


いつか思い出すときには、a-haが聴こえてきそうなくらい、
a-haを聴けば今が蘇りそうなくらい、
細切れの時間の隙間に、いつもa-haを聴いている。















さすらいのレコード・コレクター 10セントの宝物

レコードの魅力が見直されていると言われて久しいが
それゆえ発掘されたのか、こんなタイトルを聞かされては、
観に行かずにはいられない。











52分と短い映画だけど
ご機嫌な52分だった。


コレクター氏はロックが大嫌いだと言うけれど
言い切る信念が潔くてかっこいい。
コレクター氏の好きな音楽も、古い映像も
もっと聴きたい、観たいと思わされるが
ノリノリ元気なコレクター氏にはかなわない。


我が家ではロックが大好きで、
レコードが過去のものになったことは一度もない。
流行り廃りも、乗ったり交わしたりしながら
ずっと聴き続けてきた。
またレコードが流行りだしてくれたおかげで
中古レコード屋が元気を取り戻したことは素直に喜んでいたが
まさかこんな映画まで発掘され、見せてもらえるなんて
いろいろ移り変わってきたけど、また面白い時代になってきたみたいだ。


次は予告で観た『I AM THE BLUES』を観に行きたい。
その時は時間に余裕を持って、中古レコードを漁ってくるつもり。





NEXT≫
プロフィール

櫟コナラ

Author:櫟コナラ
里山と多摩川のある街で暮らしています。
家にいる時は、音楽かラジオをかけて、パンを作ったり、ネコと戯れたり。
うまく子離れしている・・つもりなんですが・・・。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
南ちゃんの活動 里山の出来事 (93)
パン作り (7)
momoとそらの話 (4)
遠出やらなにやら (30)
未分類 (6)
そら豆の機嫌 (1)
下北沢 (3)
映画 (7)
富士山 (8)
音楽と一緒 (198)
ブルース・コバーン (2)
チェット・ベイカー (1)
ニッキー・ホプキンス (1)
パティ・スミス (2)
ジェームス・イハ (2)
10cc (1)
ムーディ・ブルース (1)
ベイ・シティ・ローラーズ (1)
アル・スチュアート (2)
ローリング・ストーンズ (8)
U2 (4)
カーズ (1)
ジョージ・ハリソン (5)
イングランド・ダン&ジョン・フォード・コーリー (1)
NSP (1)
ボビー・コールドウェル (1)
ニコレット・ラーソン (1)
グレッグ・オールマン (1)
フリートウッド・マック (3)
ブラザーズ・ジョンソン (1)
クライマックス・ブルース・バンド (1)
アメリカ (3)
ダン・フォーゲルバーグ (1)
アフロディティス・チャイルド (1)
バック・ストリート・クローラー (1)
スイング・アウト・シスター (2)
スーパー・トランプ (1)
ドゥービー・ブラザーズ (2)
エリック・クラプトン (2)
ポンキッキーズ (1)
バッド・カンパニー (2)
クリストファー・クロス (1)
リッキー・リー・ジョーンズ (1)
ビートルズ (5)
トム・ウェイツ (1)
宇多田ヒカル (1)
ラズベリーズ (1)
シャーデー (2)
コールドプレイ (6)
ジョニ・ミッチェル (4)
トッド・ラングレン (1)
オフコース (3)
ロッド・ステュワート (1)
TENSAW (1)
ポール・マッカートニー (3)
リンゴ・スター (1)
POPS IN PICTURE (1)
ジョン・アンダーソン (3)
唱歌 (1)
大瀧詠一 (1)
スティクス (3)
EL&P (1)
グループサウンズ (1)
ザ・バンド (1)
スティーブン・ビショップ (1)
ペンギン・カフェ・オーケストラ (1)
ジョン・メイヤー (3)
社歌・・etc (1)
ピーター・ガブリエル (1)
小室等 (1)
ティンガーラ (1)
アウスゲール (1)
パワー・ステーション (1)
チューリップ (1)
エリオット・スミス (1)
スマッシング・パンプキンズ (1)
クリーム (2)
ホール&オーツ (1)
シン・リジィ (1)
アクロス ザ ビュー (1)
モビー・グレープ (1)
デビッド・カバーデイル (1)
ディープ・パ-プル (3)
ホワイト・○○○○ (1)
バッド・フィンガー (1)
ロブバード (1)
ダーク・ダックス (1)
UK (1)
ソノシート (1)
ふきのとう (1)
シーナ&ロケッツ (1)
ペット・ショップ・ボーイズ (1)
ベイビーズ (1)
フリー (1)
デビッド・ミード (1)
ブルーオイスターカルト (1)
キングス・オブ・レオン (1)
クイーン+ポール・ロジャース (1)
デレク&ザ・ドミノス (1)
BAHO (1)
レッド・ホット・チリ・ペッパーズ (1)
ロン・ウッド (1)
キース・リチャーズ (1)
仲井戸麗市 (1)
カルメン・マキ (1)
ミッドレイク (1)
ストーン・テンプル・パイロッツ (1)
イエロー・モンキー (2)
デビッド・ボウイ (2)
ミック・ロンソン (1)
トム・ペティ&ザ ハートブレイカーズ (1)
カルチャード・パールズ (1)
生沢佑一 (1)
ザ・キンクス (1)
キング (1)
ポコ (1)
レッド・ツェッペリン (1)
TOTO (3)
ジェシ・デイヴィス (1)
レーナード・スキナード (1)
スティーブ・ミラー・バンド (1)
レスリー・ケリー&ジョン・フォード・コーリー (2)
リビー・タイタス (1)
ルーマー (1)
グレッグ・レイク (1)
ステイタス・クォー (1)
JDサウザー (1)
アル・ジャロウ (1)
打首獄門同好会 (1)
トム・ロビンソン・バンド (1)
ランディ・クロフォード (1)
ニール・ヤング (1)
レオ・セイヤー (1)
ウィリー・ネルソン (1)
マグネット (1)
ハング・ドラム・プロジェクト(?) (1)
山下達郎 (1)
トンプソン・ツインズ (1)
a-ha (4)
テデスキ・トラックス・バンド (1)
ユーミン (1)
サイモンとガーファンクル (1)
マウス オン ザ キーズ (0)
最新トラックバック
月別アーカイブ
ブログに書いたアルバム 2
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
関連本
ブログに書いたアルバム

High Winds White Sky

チェット・ベイカー・フォー・カフェ・アプレミディ

夢見る人

ウェイヴ

LOOK TO THE SKY

The Original Soundtrack

THE Very Best of THE Moody Blues

Rollin

スティール・ホイールズ

ハウ・トゥ・ディスマントル・アン・アトミック・ボム (DVD付 初回限定盤)

錯乱のドライヴ/カーズ登場(紙ジャケット/SHM-CD)

Carry on

Sleep Baby Sleep

Laid Back

ファームハウス

Tango in the Night

牙(タスク)

ベスト・オブ・ザ・ブラザーズ・ジョンソン

Mirage

Rumours

Fleetwood Mac

Cloud Nine

アイ・アム・サム

Plays On ~ Remastered & Expanded Edition [from UK]

Lucky for Some

ザ・トルバドールズ

America Original Album Series

flip flop

Welcome to the Real World

ホーム・フリー(紙ジャケット仕様)

666

シェイプス&パターンズ

Dream of Life

Burn

PUNCH DRUNKARD

Look to the Sky [Analog]

ブレックファスト・イン・アメリカ

Doobie Brothers ドゥービーブラザーズ / Best Of The Doobies 輸入盤 【CD】

461 Ocean Boulevard

ラン・ウィズ・ザ・パック

Christopher Cross

パイレーツ(紙ジャケット/SHM-CD)

プリーズ・プリーズ・ミー

クロージング・タイム(紙ジャケット仕様)

ベスト~フィーチャリング・エリック・カルメン

プロミス

ラント:ザ・バラッド・オブ・トッド・ラングレン(K2HD/紙ジャケット仕様)

ワインの匂い(紙ジャケット仕様)

Smiler

Captain & Me

ポール・マッカートニー

イン・ザ・シティ・オブ・エンジェルス

イッツ・オンリー・ロックン・ロール

All That You Can't Leave Behind

A LONG VACATION 30th Edition

グランド・イリュージョン~大いなる幻影(紙ジャケット仕様)

Cornerstone

Crystal Ball

ELP四部作

ラスト・ワルツ 特別編 [DVD]

Wings Over America

Bowling in Paris

【輸入盤】ASGEIR アウスゲイル/IN THE SILENCE(CD)

【送料無料】 Power Station パワーステーション / Power Station 輸入盤 【CD】

TAKE OFF(離陸)

Figure 8

FC2Ad